2017年04月24日

脳のミスリード

土Nの山岡かずみです。

今回は、山上先生のコピー論でした。

私は、以前のコピー論で、抹殺したい思い出があります。

初めてのコピー、四本木さんのコピーを毎日たっくさん練習してきたのに、

実際のレッスンでは、2行ほどしか聞いてもらえず、山上先生にぜひ全部聞いてくださいとお願いしてしまったこと。

じゃあ、アフターバーズでみんなに聞いてもらえば?と言われ、

皆さんの前でやったことがあります。

山上先生の感想は、「こんなコピーじゃさ、10%くらい?いやそれ以下だよ。君はコピーを全く理解していない・・・」でした。

その時はとても悔しく、ただただ恥ずかしい思いをしました。

しかし、今思えば、なぜそうおっしゃったのか?自分がどんなに形だけのコピーだったのか。痛いほど分かります。

その思いがあったから、今回は、全て音でまっすぐ捉えようと何度も何度も手本を流し、細かいところはスロー再生し、コピーに取り組みました。

また、しかし、今回も2〜3行で感想を頂くことになりました。

自分流が出過ぎていると。

自分流を度外視して練習に取り組んだはず!緊張もしていたが、なぜだ?

そのあとのレッスンで、その理由がどんどん明らかになりました。

脳が、まだ、ミスリードしていました。

こうであるはず!(先入観)、が邪魔をしていました。

練習するにつれ、売れっ子ナレーターの方の生理は分かってきているつもりでした。

その方の癖を盗んでちょこちょこ入れ込んでいくようなコピーはしていないつもりでした。

つもりはこわい。

いざとなると私のRよりLが邪魔を。

売れっ子ナレーターの方は、もうスクール在籍中から現場へ出られ、強制的に知識が増え、視野が広がり、そのうちに番組に求められている生理を理解し、さらに求められる存在になっていかれた。では、自分は?

山上先生のお言葉、「コピーは自分の課題を見つけ出すものだ」!

私に出来ていることは、ある程度の発声・滑舌、原稿によっての型ができてきていること。

そして、自分が一番自信がなかった山岡の自分流があること(ダサくなりがちですが)。

じゃ、課題は何か。コピーを突き詰めて、プロの現場の技や生理を自分に落とし込んで武器にすること。

とことんやるっきゃない。

山上先生ありがとうございました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック