2017年04月19日

乃木坂つもり禁止令


4月も後半に入り、桜舞い散る中にレッスンの記憶が戻ってくる土曜ネクストの片岡晟です。


11期始まって最初の実技レッスンは、あおい先生の授業でした。


沸騰ワード10のサブ出し原稿をみんなでプレイ。

録音していただいたものをひとりひとり流していきます。


原稿のチェックの仕方やテレビナレーションの生理を、

ひとつひとつ丁寧に教えてくださるあおい先生にダンディズムを感じつつ

「もうちょっとああできたのでは」

「もうすこしこうしたら良かったのでは」

などの考えが頭の中に去来してきます。


プレイ中は思うようにやったつもりでも、

録音したものを聞いてみるとそんなに変化もなく、

結局「つもり」に過ぎなかったのだな、と改めて感じる瞬間でした。


小さな変化は気づかれない。

たとえ間違った方向でも、大きく間違っていればそれを指摘してくれる人も現れる。

小さな間違いは「まあいいか」とスルーされることがほとんどです。

そういう意味でも、"つもり"が積もり積もると怖いな、と思います。




そこであおい先生から発布されたのが、

2017 乃木坂つもり禁止令」。




"つもり"を排して全力でやること」が発令されました。


きっとこの発令は2017年だけでなく、

今後一生に渡って失効することはないものだなと思います。

のちのち現場に出ることになっても、

常に「乃木坂つもり禁止令」というポップなワードを思い出して、

全力でプレイすることを心掛けられる布石をあおい先生は打ってくれたのだと信じてやみません。


アフターバーズであおい先生の10年前のボイスサンプルを聞かせていただき、

当時のあおい先生の全力の情熱を感じられたのも、とっても大きな刺激になりました。



乃木坂つもり禁止令。

"つもり"をなくし、振り幅大きく生きていこうと思います!


あおい先生、ありがとうございました!


image1.JPG

posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449149702

この記事へのトラックバック