2017年03月10日

テンションとは

土曜ネクスト西山果鈴です!

4日土曜日は久しぶりの山上先生のレッスンでした。


スタジオ実習で録った音源を山上先生に聞いてもらうレッスン。


金切り声は全てを壊す
金切り声は映像と乖離する



自分で聞いても、確かに「うわ、金切りだな」と久々に録音を聞いて思いました。

「全体的には悪くない、でもうーんって感じ」とは言われましたけど、
悪くないって言われた!!と思って、
ほんと空耳かと思いましたけど、
録音聞き返しても言ってたから、
ちょっとテンション上がりました…!



まずは出来ることをやること。
出来る声で楽しさを表現する、
楽しさを表現するのに金切り声は要らない。


出来ることで表現する というのは、
ちょうどクラスメートで出来てる方の読みが、
大変参考になりました。



そして、テンションについて。

テンションは、高揚感ではなく集中力

というのは何度も何度も聞いてて、
分かってるよと思ってたのですが、
捉え方間違えてたなーと思いました。


辞書的な意味で「1つのことに意識を向ける」のが集中だと思っていたので、
そりゃ読んでる時は集中してますと思ってたのですが、

山上先生の言うテンション=集中力とは、

・表現を大きく
・自分を120%だす
・ふざける前は丁寧に
・ボケる前にはフリがある

とのこと。

自分の思う表現をだすための集中、
やっと意味がわかった…

その意味では、テンション高く保てたことはほとんどなかったなと思いました。



私は、表現を大きくって言われてるのに、
ただ声を大きくしてたり、
テンション上げたから、こーいうプレイになりましたとか言ったり、
すごいズレてたなーと…。




表現を変えろと言われたときに、
気持ちを変えて変わらなければ、頭を使う。
頭を使って変わらないなら、体を使う。




前期のレッスンで、なぜ幼く聞こえるかについても丁寧に説明していただきましたし、
今回のレッスンを踏まえて、今までのレッスン振り返ってみよう!と思いました。


今回のレッスンで山上先生が言ってたことが図星なことが多くて、
グサグサ突き刺さり、レッスンの最後のほうははめっちゃ肺が痛かった…。



山上先生ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447785813

この記事へのトラックバック