2015年11月19日

あおい先生/旬の実技

秋9期ネクストの谷合です。
先日は、あおい洋一郎先生の
『旬の実技』の授業でした。

映像を見ながら、
尺に合わせて読んだのですが、
タイムにとらわれてしまい
表現まで至りませんでした。

そんな中あおい先生がおっしゃった、
「足し算の表現ではなく、たてるところだけたてて、後はいかに自然に流すか」
という言葉は、
まさしく自分の課題だと思いました。

やろうやろうとしすぎて、
詰め込んで訳がわからなくなるタイプなので、
『ここは立たせたい。そのためにはむしろ他は立たせない。ただ、聞きやすいように粒立てて読む』
この方針で練習を重ねようと思います。

頑張っちゃうと
頑張ってるなぁって音しか出ないから、
頑張らないで
頑張ります。

ありがとうございました!

谷合 律子♪
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429917305

この記事へのトラックバック