2017年05月30日

在り方

久しぶりの投稿!
アドバンス森です。

先日、山上先生の現場にお邪魔して来ました。

行く前にテーマを決めていました。
山上先生は現場でどの様な対応をして、何をどんなふうに話しているのか。
スタッフの皆さんは、収録中にどういったことを話しながら(相談しながら)収録を進めているのか。

このような事に注目しようと決めて行っていました。


テレビの現場というのは初めてでした。
VPなどの現場には行ったことがありますが、「少々お待ちくださーい」とか言われると変にドキドキビクビクしていました。
ですが今回、スタッフの皆さんは何をしていて何を話しているのかというのに注目してみて、私は自分勝手にドキドキビクビクしていたな・・・と思いました。

山上先生の在り方・振る舞い(対応)、スタッフの皆さんのやっていること、両方を見て、自分の在り方について考えてみようと思いました。
ナレーターによって在り方は違うと思いますが、自分だったらどうするか…。

とても良い機会を頂けて嬉しかったです。
ありがとうございました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

2017/05/27山上先生アドバンス

今回は簡単なミックスの講座と実演でした。

EQってナニ?
Compってどう使うの?
このツマミは一体?!

などなど、知らない人も多い内容だけに皆の口から漏れる「へぇ〜〜」「ほぉ〜〜」という声。Hey!!Ho!!

基礎知識から始まりリバーブってどういう仕組みやねん?実際ミキサーって何やっとるん?
それを1つ1つ丁寧に山上先生が解説。

そして最後に、
2名ほど実際に録ってからの実演に全員驚愕!

(こ、これはスタジオバーズでサンプル録るしかない)

誰もがそう思ったことでしょう。

その過程を見ていて思ったんですが、
以前松田先生のヴォイトレを受けた時にアドバイスして下さった事が改めて繋がりました。

「コピーする時は元の声がどんな声だったかを想像しながらコピーしないといけない。それが経験なくて想像しにくいなら、やっぱりユニゾンでなぞるのが良いんじゃないかな」

それを自分の声ではなく、他の人の声が調整されて変わっていく様を見てようやく体感しました。

こんなに変わるんだから、そりゃオンエアの声を端から出そうとしてたら余計にファーになるよなぁ。声真似じゃないんだから。

その事に気付く機会を頂けた今回の山上先生のレッスン、今後のコピーに活かしていきたいです。いやほんとマジで。

そして何より!

サンプル録るなら〜?

スタジオバーズ!

ありがとうございました。
(匿名希望20代)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

”ナレーションコーチ”松田佑貴の「滑舌診断」

IMG_6234 (1).jpg本日のベーシックコースは、理論的で適切なアドバイスから”ナレーションコーチ”の異名をとる松田佑貴による「滑舌」です。
レッスンは一人づつ、滑舌の傾向診断と、具体的な修正方法の伝授で進んでおります。指摘とアドバイスが、鋭い^^;

posted by 投稿!@スクールバーズ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

山上先生のコピー論。初投稿!

バーズブログ初投稿。
土曜1430の涌波愛里です。
(わくなみあいりと読みます)

山上先生の授業、初めてでした。

結論から言いますと、
私が毎日モタモタしてる間に!
番組の数だけ私は負けている!

ガビーーーーーーーーーン!!!
なんということでしょう。
そうだ、ボイスサンプル作ろう!!
と、このような心境になりました。
ボイスサンプルがなければ、
スタートラインにも立てないのです!


授業の内容は、コピー論。
熱い授業でした。
コピーとはなんたるものか、
教えて頂きました。

初、コピー披露!(コピーとも言えないコピーでしたが、、、)
必死すぎ、緊張しすぎ、
心臓の音がうるさすぎ、の三拍子。
耳が4つくらい欲しかったです。


授業中は、山上先生のテニスのラリーのようなアドバイスに、反射で食らいついていくのがやっとなのですが、後から録音を聞き返すと、自分の声を客観的に聞くことができました。

私は勢いが全てになっていて、荒削りでした。中途半端コピー。『雑だから〜〜』と言われた意味がよく分かります。
右脳Rモードで先入観と戦いながら、練習を重ねようと思います。
打倒!Lモーーーーーード!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

『木を見て、森を見ろ』

ーーーーーーーーーーーーーーーー
この言葉、大事にしようと思います。
まだ私には、木しか見えておらず、森が見えてません。
まずは森を知ることから、始めます。
そして、VISIONを更に明確にしたい。
猛スピードで!!

いつまでも、初心者は理由になりません!!
これからも、よろしくお願いします!

(私、文章も荒削りかもしれません。今後、ブログにて文章の構成力も要御期待デス!)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

藤本先生コピーオプション

土曜アドバンス 池永千佳です。

10期秋の打ち上げで獲得しました藤本先生のコピーチェック権!
先日、GW中の貴重なお時間を頂き、レッスンをして頂きました。

内容ですが、コピー対象の原稿と動画(約3分)を予め先生にお渡しし、2週間ほど練習。
そしてレッスン当日、“1行ずつ”動画を見てプレイし、都度、先生からアドバイスを頂く
というもの。
懇切丁寧に1人約45分の時間を割いて下さり、大変贅沢なレッスンとなりました。

今回、私のナレーションの中で特にご指摘を頂いたのは、「低音の響き」について。
音は追えているけれど、
地声ではなく、のどの辺りで声を作って低くしてしまっているようで、
くぐもって聞こえたり、重くなったり、苦しそうに聞こえてしまう箇所があったようです。

コピーをすることで、
普段の自分の読みにはない音を出そうと出そうとして余韻がなくなる、
音を追ってしまうので迷いが出て音が定まらない上、勢いもなくなってしまう。

ナレーションに華の咲くような軽やかさがあったり、おしゃれに聞こえたり、
はたまた、なまめかしく色っぽく聞こえたり、できる女感のあふれた表現を、
自分の声質を活かしながらどう読んでいくか。

その様々な表現・「〜感」を分析し、分かりやすく解説してくださいました。
コピーは難しいと感じますが、自分のものにしていく楽しみを改めて覚えました。

ベーシック以来だった藤本先生のレッスン。
「以前に比べて声がすごく出るようになった、ぼんやり型もつかめてきている」
と言って頂けたのは自信になりました。

藤本先生、打ち上げの幹事をして下さった皆様、本当にありがとうございました!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

コピーオプション

現在休学中、石川恵美子です。


前期の打ち上げで獲得した藤本先生のコピーチェックオプションに行ってまいりました!


レッスンは自分の選んだコピー対象を1行ずつ返しながら細かくみていただくという

なんとも贅沢なものでした。


今回特に指摘いただいたのは

音が弱くて『自信なさげに聞こえる』 ということ

息が全体的に抜けてしまうと一歩間違うとぼんやりしてきてしまう。

そして、ウィスパーになればなるほど読み手の個性が消えていく。


世界で一番イイ女!くらいの心持で読まないと駄目とのご指摘に

うわー!!!となってしまいましたが、

同時に「ああ、そうなんだ」とすっと自分の中に入ってきました。

基礎的な声の弱さもあるけれど、どこか「これでいいのかな?」と

不安な気持ちでいたのが表現にも出てしまっていた気がします。


本当に自信を持って、どうだ!っとやりきらないと全て喋りに出てしまう。

改めて思い知りました。


今回のオプションは2人で90分と、とてつもなく濃厚なレッスンをしていただきました。

本当に最高の景品を当てられました。


藤本先生、打上げ幹事の皆様、本当にありがとうございました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

楽しむ

おはようございます。
みなさんご機嫌いかがですか?
水曜ネクスト福田ちひろです!

いよいよGWですね!
バーズはお休みですが、
(すこし遅くなりましたが)
山上先生のコピー論の
レッスンをふりかえります!

今回のレッスンに向け、
宿題として頂いていた
原稿の練習をしている間、
ベーシックの時の
コピー論のレッスンの記憶が
ずっと頭の中にありました。

山上先生に
「何かが大きく違うとかではない。
けど、魂というものが全く感じられない。」
と言われたこと。
今も覚えています。
がびーん...とショックを受け...。
魂が感じられないとはどういうこと〜?!
と、ヨロヨロと
帰路についた思い出です。

今度こそ!と意気込んで参加した
今回のレッスン。
いよいよわたしのターン!
とにかく、
魂がんばれ...!!
という気持ちで発表に臨みました。
すると...
思いがけず、山上先生から、

いい!

という言葉を頂き、
...!!!と、震えました。
魂が感じられないから一転。
自分の中で何かしらの変化があったということは
純粋に嬉しかったです。

ただ、
一体何が変わったんだろう?
魂が感じられないというのは、
どういうことだったんだろう。
...ということを、
ちゃんとその時
聞いておけば良かった...
と、後から思ったのです。
それがまた成長のポイントや、
新しい課題になったかも
しれないのに。

今回の反省ですが、
とにかく疑問に思ったことは
その日のうちに聞いてみる!!
ということ!
本当に当たり前のことで
お恥ずかしい限りですが、
出来ていませんでした!

恐らく今、
『魂が感じられない事件』
の真相を山上先生に伺っても、
そんな前のことは覚えてないよ!
...と言われてしまいそうです。

レッスン中はもちろんのこと、
アフターバーズで先生方に
直接疑問をぶつけられる環境があるのは
とてもありがたいことです。
限られた時間を
大切に使わなくては、と
改めて思いました。

あと今回、素敵だと思ったのは
山上先生が様々なことに
楽しみながら取り組まれている姿勢でした。
(アフターバーズで、
山上先生のお話を
伺っていて感じたことです)

レッスンにおいても、
仕事においても、
人生においても、
『楽しめる』ということは
最強だなあと感じました。

わたし自身も、
たとえば今後課題に直面した時など、
落ち込んでしまうのではなく
乗り越える過程の楽しさを
感じられる人間でありたいです。


山上先生、多くの気づきを
ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする