2015年07月30日

ブルース・リー

ベーシック9期水曜 伊東です。

先日は、松田先生の「距離感」の講義でした。

CMの原稿を使用して、どのように伝えるか?

という内容でした。

テレビでもラジオでもCMでも、

それぞれ目的があり、そのナレーションにも目的がある。

CMなら、買う気をおこさせる、という目的があり、

そのための表現をどうするか?とのことでしたが、

どこを立てるか、などの論理的、技術的な考えは

それほど重要ではなく、感覚的に買う気をおこさせることが大事だ、

ということでした。

ナレーションの技術も大事ですが、

なんとなくいいな、と思わせる感覚的なものも

大事なのかもしれない、と思う今日この頃。

が、そういうものは狙ってできるものではないので、

今後は自分なりに、というものも考えながらやろうと思います。



posted by 投稿!@スクールバーズ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

ストレートの基本

春9期ベーシックの西山です!

25日土曜日は畠山先生のレッスンでした。
ストレートの基本について教えていただきました。


畠山先生がポイントを丁寧にまとめてくださったので、こちらにも載せたいと思います!


〈声〉
大きさ 強さ 音域 響き 伸び やわらかさ 裏声・地声 息の使い方 滑舌


〈日本語〉
アクセント 鼻濁音 無声化 主述 修飾関係 構成
展開の理解 把握 句読点の長さ


〈立ち位置〉
報道 情報 バラエティ CM ストレート 語り モノローグ ボイスオーバー 自身 客観 キャラクター 台詞的 距離感 時空 空間 対象


〈三要素〉
高低 強弱 緩急


考えることがたくさんで目が回りそうでした…


私は声の幅が狭いので、高低がうまく使えず、
読点のリズムが一緒になってしまっていました。


「句読点に同じ長さのものはない」とおっしゃっており、たしかにそのとおりだと思いました…!


程よいフレッシュさを残しつつ、技術を身につけていきたいと思います!


畠山先生ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

ヨチヨチ歩き

9期ベーシック水曜 伊東です。

先日は、畠山先生の、ストレートの基本に関する講義でした。

主にニュース原稿を使用した講義でしたが、

ニュースにもいろいろあり、その立ち位置を自分で考える、という

講義でした。

立ち位置とは、スクールバーズでときどき聞く言葉ですが、

これがなかなか難しい。

そもそも、ナレーターとして立っているのかもわからない。

原稿に選ばれるのか、原稿を選ぶのか、的な話とは思いましたが、

冷静に考えたら、選ばれることすらないこともあるので、

今、そんなに難しく考えずに、

とりあえず、最後に自分なりに読んだ原稿が、

自分にはしっくりきたな、ということだけ

感覚的に留めておこうと思いました。

posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

身体の感覚

春9期ベーシックの西山です!

18日土曜日はあおい先生のレッスンでした。


あおい先生の「声の高さがテンションに左右されないようにね」という言葉が印象的でした。


人間はテンションが上がれば声は高くなるし、
テンションが低くなれば声は低くなってしまうものだから、それに反するのは難しいんだけど、声が振り回されないように

とのことでした!


狩野さんのアドバイスを受けてから、地声で読めるように意識をしてたのですが
やはりテンションが上げると声も高くなってしまいました。


テンションに振り回されないようにするのはほんとに難しかったです…。


そして私は前回もお腹から声を出すよう言われましたが、今回やっとその感覚がつかめた気がします。


座っているとどーしても上半身にばかり意識がいってたのですが、やっと下半身の感覚がつかめお腹から声を出せました。


まだお腹から声をしっかり出すと抑揚とかうまくつけられないのですが、まずはお腹から声を出して読むことを意識したいと思います!


あおい先生ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

素直

春9期ベーシックの西山です!

11日土曜日はダメ出し。
狩野さんのレッスンでした!

スタジオ実習でとったものを一人ずつ順番に流して、狩野さんにアドバイスをいただきました!


「感動ものはやろうやろうとしない、絵に力があるから素直に読む」
感動させようとして盛ってしまうと視聴者は引いてしまうとのことでした。


私の読みは素直だと言われることが多く、それを感動もので出せばいいのかなと感じることが出来ました。

今回は盛ってしまいましたので、次から感動ものを読むときは素直に読みたいです。


あとは「バラエティのアバンだからって、全部張ることはない」

逆算してこうしようと決めていても、テンション上げるとついつい全部張ってしまう。

テンション上げるのに必死になるあまり、変に声が変わってしまい、キャラっぽく聞こえたと指摘されました。

地声のほうが特徴あっていい
と狩野さんに言っていただいたので、
地声を活かせるよう練習していきたいなと思いました!

あとは早口で口があまり動いてないから滑舌が悪いと指摘されました…。
しっかり口を動かすことを意識します…!


ダメ出し と書いてあったので、何を言われるんだとビクビクしておりましたが、自分の良さと直すべきところがわかりとても良いレッスンでした!


狩野さんにありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

日本テレビ「ヨルナンデス!」@四本木典子

7月15日夜7時放送です。ついにヒルナンデスが5年目にしてゴールデンに進出です!ナレーションで参加させて頂きました。スタジオを飛び出しロケではしゃいだり、とっても懐かしいはっぱ一枚で踊る南原さんのお姿が見られるチャンスです!そして水トアナウンサーは相変わらず天使のような食べっぷりです。ヒルナンデスがパワーアップしたヨルナンデス!どうぞご家族皆様でご覧くださいませ。いつもお世話になっているスタッフの皆様、猪鹿蝶の武信さん、ありがとうございます。image1.JPG
-->
posted by 投稿!@スクールバーズ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「EARTH Lab?次の100年を考える?」現場見学?レポート その2

逸見さんとは入口で待ち合わせ。

すると遠くから颯爽と歩いてくる美人さんが。

ドキドキしながら、緊張の面持ちのまま固まって待っていると優しい笑顔で挨拶をしてくださいました。

少し緊張をほころばせながら、逸見さんの後についていき・・・



ついに、潜入です!(笑)

まずビルに入ったら、玄関ホールにある掲示板(?)にて本日収録するブースを必ず確認!

エレベーターに乗り込んだ所で、プロデューサーさんと鉢合わせしてしまいました。

逸見さんとの待ち合わせでほぐれたハズの緊張が戻ってきました。

そしてエレベーターを降りたところで、後ろからチーフディレクターさんが音もなく登場し、もう何をどうしていいやら。

逸見さんのフォローのおかげで、お二人ともに軽く自己紹介ができ、安堵を覚えました。

逸見さんがいらっしゃらなかったら、「失礼しました!」と踵を返してしまいそうでした。(笑)

そうこうしているうち、無事に収録ブースに到着し、改めてご挨拶。

そしてお土産をお渡しました。

女性スタッフさんを中心に喜んでいただき、一安心でした。



さて、ご挨拶とお土産のお渡しまで終わったら、ここからが本番です。

逸見さんはというと、ソファーに座るなり、すぐさま原稿チェックに入ってらっしゃいました。

隣から拝見していて、「どういう基準で区切りを入れているのか」「どういう箇所を確認しているのか」をじっと観察。

質問してみると、ブレスの区切りを主に入れているという事でした。

これは色んな原稿を読み、経験を積まないと自分の読みのリズムと映像の区切りとが合わなくなってきてしまうんだろうなと思いました。

5分番組という事もあり、原稿自体はA4ヨコ一枚で1回分という量でした。



一通りチェックを終え、スタッフさんからのその場での原稿直し箇所を確認すると、すぐにブースへ。

すると、逸見さんとスタッフさんのご厚意で1本目だけ一緒にブースに入ってOK
との事で、恐縮しながら、ペンを握りしめ逸見さんの後ろにちょこんと座り、間近で拝見させていただきました!!

収録は、テスト→本番の流れで録り、それぞれの録音後に「少々お待ちくださーい」とスタッフさんから指示があります。

この「お待ちください」。

ブース内にいるとの何してるんだろう…?とドキドキしました。

逸見さんは「あとで外に出た時に分かるから」とかわいらしく仰っていましたが…(ドキドキ)

その後、録り直しもなく、あっという間に1本目終了。



2本目以降、ブースの外で再びテスト→本番の流れでスタッフさんと逸見さんのやり取りを観察すると、

部分部分で、スタッフさんが気になった所を再度確認し、OKかどうかを判断。

プロデューサーさん、チーフディレクターさんのOKが出れば、その旨を逸見さんへフィードバック。逸見さんもOKなら1本分収録完了という感じでした。

同様に3本目、4本目と進めていき、1日で4週分を収録していました。

到着から約1時間ほどでした。早い!!!

逸見さんに聞いてみたところ、番組自体が短めのものでもあるので、いつもそのくらいで終わるとのことでした。

初めての現場見学という事もあり、どれを見ても、どのことを聞いても新鮮で「へぇー!」「ほうほう!」とうなずく事ばかりでした。

やはり「百聞は一見に如かず」ですっっ!!!

みなさんも(特に現場見学したことのない新バーズ生のみなさん!!)
アフターで色んな方から色んな話を聞くのも大事ですが、現場見学の権利を是非ともゲットしてください!!

そのための準備は簡単です!

――それは「じゃんけんで勝ち抜く事」

少し冗談っぽいですが、実はこれこそが一番難しい事なんじゃないかなと思います。(笑)



今回の現場見学に当たり貴重なチャンスを下さった逸見さん、「EARTH Lab」のスタッフのみなさん、学長、原さん、本当にありがとうございました。



ちなみに、今回見学させていただいた
「EARTH Lab〜次の100年を考える〜」はTBSにて毎週土曜日よる11:24から放送中です!!!
ナレーターはもちろん、逸見友恵さんです!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「EARTH Lab?次の100年を考える?」現場見学レポート その1

土曜ネクスト・しおぢです。

8期末の打ち上げにて勝ち取った(?)現場見学!
決まった時からすでに喜びと緊張と不安と・・・という複雑な心境でしたが、

6月某日、ついにその当日を迎えてしまいました。



ここからは後々の方々が見学に行かれる際の参考に少しでもなればという事で、私自身悩んだ点を一つずつ書いていきたと思います。



まず、一つ目のハードルは当日の服装でした!

これは他の見学レポートでもありましたが、かなりの悩みどころです。

というのも、これはバースの17か条では「在り方」の項にある、「姿:容姿やファッションセンス、立ち居振る舞い」に当たります。

一番手っ取り早く実践でき、かつ今後のナレーターとしても必要不可欠な項目です。

また以前 学長が「ナレーターは最後の最後で番組に色を付けるのが役割だ。」と仰っていた事がありました。

なので、白や黒など地味なものは論外。「原色、奇抜、フレッシュ(大江戸先生談)」を考慮に入れると頭から湯気が出てしまいました。(笑)

季節感や天候も考え、当日の朝まで悩み、爽やかな感じをチョイスしました。(奇抜感はなくなりましたがw)



さて、服装が解決したら次は手土産ハードルです。

これはナレーターというお仕事に関わらず、どんな場面でも「社会人として何を持っていくか」というセンスが問われます。

基本的には【個包装ではなく、その場で食べて頂けるものを。】というのが暗黙のルール(?)のようです。

選んだ基準は、@まずは出来るだけお金をかけない A適量 Bあとはセンスあるもの!! でした。

当初の予定では「スカイツリー限定の東京ばな奈」を考えていましたが、あまりにもパンチがない(個人的には好きなんですが!!)
ので当日スカイツリーで他の物に変更。

しかし、人数を勘案して選んでみたものの、不安が拭えず、途中駅でよく父が購入してくる洋菓子屋さんでリング状のアップルパイを追加購入しました。

さて、ここまで準備が出来たらあとは現場に向かう段階です!

乗り間違えしないように、駅からの道は迷わないように、事前にGoogleマップで確認して、スクショ撮って!!(笑)
と迷いやすい事を自覚して準備をしておきます。

あとは待ち合わせ時間まで近くのカフェ等で一息つきながら緊張をほぐしました。
(→その2ヘ続く)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

アドバンスゲスト講師@村上和彦氏

IMG_0558.JPG
「ヒルナンデス」「ブラックバラエティ」「チャージ730」などを産み出した元NTVの村上和彦プロヂューサーが登壇!
エッジの立った数々のヒット番組を産み出した、ヒットメーカーにナレーターについて語っていただきました。
*番組ごとのナレーター起用のポイント。
*好きなナレーターについて。
*そしてテレビ創りの裏側まで。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

再考

9期ベーシック水曜 伊東です。

今日は、狩野先生(便宜上この肩書きですいません)

による、先週録音したナレーションのダメ出しでした。

今日の肝は、ナレーターとしてかっこいい、うまく読めたら気持ちいい、ではなく、

聴く人のことを考えたナレーションを、ということだとは思いましたが、

私個人的に、大変ショックの大きい回となりました。

普段の講義の録音は、正直、自分のところしか聴いていなかったのですが、

今日、他の人の声と聴き比べて、はっきり気づきました。

私は、他の人の半分くらいしか声が出ていなかったのです。

これが一番ショックでした。

発声ができていないと言われても、高を括っておりました。

ナレーターの技術とか生理とかのはるか以前の問題でした。

今までの講師のみなさま、すいません。

私はだいぶ勘違いをしておりました。

ちょっと改めて考えようと思いました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

スタジオ実習

春9期ベーシックの西山です!


4日土曜日のレッスンは武信さんのスタジオ実習でした!


まずは原稿が配られ、目を通す。
内容はバラエティ。


山上先生のレッスンを思い出し、ここは切ろう、じゃあここはのばして〜と自分なりに色々書き込みました。


映像を流してもらい合わせてみる。

原稿には書いてないONの部分があり、思ったより自分の喋る部分が短く、合わせられるのか不安に…。


ついに自分の順番がきました…!

順番が後ろのほうだったので、何度も映像を見てたはずなのにいっぱいいっぱいでした。


自分なりにここはこう読もうと決めていたものも全然表現できず、タイムコードを見るのに必死になりすぎて噛んでしまいました。


次に読んだのは、バラエティ番組の中にドキュメント要素のあるもの。

テンションをどのくらいにすればいいのか分からず、いまいち掴みきれないまま終わってしまいました。


武信さんの話を聞いて、もっと映像や音のことを考えないとダメだなと実感しました。


自分がこう読みたいからではなく、映像や音と自分のプレイが合わさった時に番組がどうなるのかが大事なんだと改めて思いました。


今回のスタジオ実習で山上先生のバラエティの型で聞いていたことが、もっとわかったような気がしました!


武信さんありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

ネクストコース本日は情報バラエティ!

FullSizeRender.jpg
ネクストコース、本日は『ヒルナンデス』の藤本隆行による、情報バラエティでのレッスン。
声優でもない、アナウンサーでもない、『ナレーターの生理』について解き明かされていきます。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

悪夢

ベーシック9期 水曜の伊東です。昨日は、武信マネージャーの、映像に合わせたナレーションの講義でした。

ナレーションは逆算だ、ナレーションは映像とのコラボレーションだ、意思のないナレーションに意味はない、等々、今ひとつピンと来ていなかったものが、できるできないは別にして、体感することができました貴重な体験でした。とりあえずやってみる、というのが本当に重要なんだと思いました。

時間に合わせるのに集中して、映像に合わせることにまで気がまわりませんでしたが、時間だけでなく、いろんな意味で映像に合わせて原稿を読めたら、ナレーターとしてかっこいいだろうなと思いました。

とりあえず、今回は読むだけで、ダメだしは次回とのこと。
今日の講義の風景、どこかで見たことあるな?と思いましたが、それは多分、原稿読みのあと、
「どうしてそういう表現になったの?自分としてはどう考えたの?なんでなの?」等々かなり追求される、という今日のような風景の夢を見たからだと思い至りました。
意味不明に追い詰められています。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする