2015年03月31日

バーズとの1年

バーズに出逢って1年が経ちました。
今、1年前を振り返るとナレーションのことを何にもわかっていなかった、何にも知らなかったんだとあらためて思います。この1年はあっという間でした。学ぶという環境がこんなに刺激的で楽しいと感じる時間は、ここ近年なかったのではないでしょうか。

スクールバーズに通うきっかけはスタジオバーズでボイスサンプルを録らせていただいたことからでした。ボイスサンプルを録りたいという思いだけで、きちんと準備もせず録ってしまいました。
その時、初めてお会いした山上さんに指摘されたことが、目からうろこのことばかり。頭の中はぐるぐると理解もできずショックで、全然できなかった自分にひどく落ち込み、悔しくて悔しくて。家に帰って収録したものを聴くと、本当だ、ひどいできだ…。山上さんのおっしゃる通りだ。。。と思ったのです。
「もし、興味があるなら説明会に来たらいいよ。学長の17カ条を聞くだけでも価値があるから」と。
自分の読みをはっきりと指摘してくださる方はいままでいませんでした。私は読めなかった今の自分を知ることができ、そのことを有り難く思いました。そして、その時に思ったのです。本気でナレーションをやりたい!と。
そして、学長の17カ条を聞き入学を決めたのでした。

1期目はベーシックとネクストのW受講。教えていただいたことに頭と体と心が追い付かない毎日。処理ができていない中で週2日のレッスンを受けました。しかし、そういう環境に自分を置いたことで、ナレーションに挑むときの恥ずかしさや怖さなどが徐々に消えていきました。当たって砕けることが楽しくなりました。

2期目のアドバンスではナレーションだけでなく、もっと大きなことを学びました。人生とは、人とは。そして前へ進む力を。アドバンスは絶対に受けたほうがいいクラスです。

アドラーの「嫌われる勇気」に出逢ったことも大きいです。人生観が変わりました。それにより、大きなストレスもなくなったようで肩こりが治りました。これ、本当です!貢献すること。原因論でなく目的論にシフトすること。
1年前の私ではダメ出しをされたら考え込んでいましたが、今は落ち込んでいる暇があるなら、前へ!感謝をして前へ!と。ちょっとやそっとじゃ落ち込まない。精神的にも前より強くなりました。

ベーシックとネクストで学んだコピーについては、アドバンスを受けてからやっと少しわかってきたように思います。いかに重要かということが。
バーズで出逢った仲間は同じ目的があり、コミュニケーション下手な自分にとってもアフターでの会話は刺激的でした。そして勇気づけられました。

最近久しぶりに役者として舞台に立ちましたが、声が前と変わったと嬉しい言葉をもらいました。
そして、ナレーションへの魅力も益々増しました。いつか必ず伝えたい。

ナレーションについて何にも知らなかった1年前。今はまだまだスタートラインにも立てていないということがわかった私ですが、この準備期間の1年をもう一度1から振り返って必ずスタートラインにつきたいと思います。
学長、先生方をはじめ、バーズで出逢ったすべての方々と事柄に感謝!!!ありがとうございます!
ゆめのりこ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

春9期の入試結果を全員にメールしました

春9期生の受験をされた皆さんへ
本日3/29(日)21時過ぎ、入試結果を全員にメールしました。
届いていないかたは「迷惑メール」を確認のうえ、info@schoolbirds.jpまでご連絡ください。
スクールバーズ
iStock_000000830643Medium.jpg
posted by 投稿!@スクールバーズ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

「春9期生の入試」真っ最中です@スクールバーズ

ただいま「春9期生の入試」真っ最中です。
続々とやってくる新しい才能たちとの出会い。やがてTVナレーション界に衝撃を与える存在になってほしいです^^
P3282196.JPG
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

カンブリア宮殿スタッフの方々と写真を撮らせて頂きました!

カンブリア宮殿のスタッフ一同さま
大切なお時間をありがとうございました!
細谷みこ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見学☆カンブリア宮殿!

滑舌、発声、ナレーションの基礎、まだまだ、まだまだするべきことはたくさんあって、
技術の向上に終わりはないけれど、それと共に、ナレーションをする上で、私が大事にしたい「ナレーション」。伝えること。原稿と映像から感じることがナレーションに現れること。
その思いはあるのに、何かと不安を抱かずには居られず、現場に入ったときの覚悟や踏ん切りのつけ方を探していた矢先。
なんとなんと、とってもラッキーなことに、バーズの打ち上げで「スタジオ見学権」という、最高のプレゼントを頂くことができた。
迷わずスタジオ見学をお願いしたのは、高川裕也さんがナレーションされている「カンブリア宮殿」。
今まで、一視聴者として、カンブリア宮殿で取り上げられた人々から、たくさんの感動と勇気を頂いて来た。
その感動をナレーションに乗せる高川さんと、制作されるスタッフの方々の現場を拝見させて頂きたかった。

スタジオは、お忙しい中でも和気あいあいとされていて、快く迎えて下さり、見学させて頂きました。
実際収録が始まると、マイクに向かっている高川さんの姿は見えなかったけれど、原稿と映像に向き合い、吹き込まれる高川さんのナレーションは緊張感があり、一機に映像に臨場感が生まれ、まるで生の舞台を観ているようだった。
一瞬、収録現場であることを忘れて、思わず番組に集中。
映像と音楽と共に、空気感を出すのは、ナレーターであり、ナレーションの醍醐味なのだと感じさせる高川さんのナレーション。
そう表現できるようになりたい。

「カンブリア宮殿」に於いて、高川さんのナレーションは視聴者をリードし、引っ張っているように感じた。
そのナレーションと共に映像を見ながら、原稿の一字一字を確認されるスタッフの方々には、高川さんのナレーションのリズムやイメージがはっきりとあり、「カンブリア宮殿」に沿ったナレーションか、視聴者に届くか、常に照らし合わしながら収録を進めて行く。
収録現場に居合わせて頂きながら、外側から現場を拝見することで、
ナレーションに求められるていることをいかに把握し、表現できるか、それはナレーターの責任なのだと、改めて教えて頂いた。

一つの番組を作るのに、こんなにもたくさんの方が関わり、制作され、
そして、ナレーターは映像の最後の最後に命を吹き込むような、そんな役目にも思えた。

「現場には、そのプロが居る。自分が集中することはどこなの?」
「その時に取り上げられた人の情報を聞き出したり、感じることがある。」
高川さんが言って下さったこと。

ナレーションで大切にしたい核となるものがはっきりした。見失わない大切なポリシーみたいな、そんなもの。
そんな格好良く言っては恥ずかしいけれど。

ともあれ、
30秒、15秒、10秒のとにかくスピード感ある番組CMに、ヴァっと応える高川さんのようなナレーターになるには、磨くべきことはたっぷりだ。

今回素晴らしい機会を下さったバーズの皆さま、収録現場を見せて下さったスタッフの方々、そして、たくさんの発見と学びを与えて下さった高川さん、本当に本当にありがとうございました。

細谷みこ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山上さんの座学を受けて、私のTVナレーションの練習は始まりました。

2月から始まったコピーセミナー、全5回終わりました!あっという間!そして、やりきったーーーーーーー!なんて、達成感はありません。
残念ながら、完コピできなかったし、っていうか、ほど遠いし、まだまだ自分にはTV番組の道理が体にはいってない。聞こえていない音がある。気付けていないことがある。そんな残念な自分です。

ただ、この、終わった感の無さは何なんだろう?と考えていて…。やっと分かりました。
終わってないんです。
始まったんです。
山上さんの座学を受けて、私のTVナレーションの練習は始まりました。

出来ない事は多いけど、学ぶのは楽しい。練習も、楽しい。そう思えるようになりました。
ありがとうございました!!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:59| Comment(1) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

番組もナレーターさんの名前も知らなかった私がナレーターになった!?

もうすぐバーズの説明会ですね。
私のナレーターへの道も、このバーズの説明会からでした。

私がバーズで学んだのは8年前。
なるべく現場に近いスクールを探していた私が、
たまたまネットで見つけたのが、
『バーズ1期生募集の説明会』の案内でした。
「ここならリアルを学べるかも!!」直感でした。
日付を見ると説明会は翌日。すぐに申し込みをして、
それが受理されたのかどうかもわからないまま、翌日東京へ!
説明会に参加しました。

そしてベーシック、アドバンス、ネクストと受講。
受講を決めた時は自宅にテレビを置いておらず、
ナレーターさんのことも知らずにバーズに飛び込んだので、
正直、授業で出てくる番組名や
ナレーターさんの話しが全くわかりませんでした(笑)
(今思えば、そんな私をよく入学させてくれたものです)

とにかく何も知らない私だったので、
レッスンも、試しに録ったボイスサンプルも散々なもの。
それでも、リアルな現場、タイムリーな表現、
本物に触れた、という実感だけはありました。

実はその後すぐにナレーターとして活動することはなかったのですが、
3年前に「映像Pro」「CM」セミナーを受講、「アドバンス」を再聴講し
2年前からフリーのナレーターとして活動をスタート。
順調にお仕事をさせて頂いています。
それもバーズで学んだことを1つ1つ実行してきたからこそ。
最初に出会ったのがバーズで本当に良かったです。

説明会での学長による講義『売れるための17カ条』は必聴ですよ。
私なんかこれを聴くために説明会に参加したことも(笑)
(確か1期の時は有料の講義だったような...)
説明会がナレーターへの第1歩。
皆さんの素敵な出会いをお祈りしています。
春1期サトミキでした。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

no-title

和風総本家スタジオ見学に伺いました。
見学のテーマは「請われて喋るということ」。
何故同性や自分に近い方の見学にしなかったの?と周りにも聞かれつつ、アドバンスを経て、今どうしても見たいものがあった。

”今までこんなに短い見学は初めてだよ”とあおいさんは笑います。それもそのはず、テストと本番一発OK、2本録りでも所要時間5分くらいだろうか。
折角なら沢山喋るところを…。まだ気心知れた仲ではない現場で関係を築いていくところを…。当初はそんな見学を望んでいました。
ですがアドバンスのゲスト講師に和風総本家の庄田さんが。予想外に人と人として真摯に話して下さるプロデューサーさんの姿に目が丸くなりました。
私たちは営業に、オーディションに勝ち抜くことを考えています。誰に営業し、どう印象に残るか。現場や営業での怖い話も。現場は”挑む場所”。制作の方は”選ぶ人”。
一方普段制作側の方と話す機会は少ない。知らずそちらを恐ろしいものと考えがちです。
庄田さんへはみんな自然と営業の質問が増えました。される側はどう感じるのか、迷惑ではないのか。答えは”営業は恋愛みたいなものだから、ふられてなんぼ、です。私たちもやるんです。分かっててもキツイですよね”と苦笑まじりに。あ、作る人もそうなんだ、と顔の強張りがとれたのは私だけではないはず。この方の現場はきっといい現場に違いない、そこが、見たい。そう思いました。

半ば答え合わせのように伺ったMAで出会った皆さんは想像通りの空気。番組の通り、目の細かい布地のようです。多分お会いしていない撮影の皆さんもきっと。作り手の在り方ってそのまま番組に出るんだなぁと頷く。あおいさん曰く”チームが全員同じ方向を向いている。こんな現場は貴重だよ”。スタッフさんもあおいさんもお互いが大好きなのが伝わってきます。
収録前の会話は朗らかに弾みます。決してナレーターからの一方通行ではない。”MAは仕上げの時だからピリピリしてる場合もありますよ。だからやっぱり一緒にいて楽しいナレーターに頼みたくなるし、気分良く収録に入りたいですよね”。とスタッフさん。だから”お互いに”盛り上げる。
逆に”もし話したくなさそうなスタッフさんだったら殊更話しかけたりしないよ”とあおいさん。あくまで良いものを作るためだから。
そうか、そうだよね、みんな良いものが作りたいんだもの。

そしてあおいさんは深く大きくうねりながら読む。
小鉢のお話、ON AIRで真似をしながら見て頂きたい。これだけの尺に短い文。初めての現場でこれを渡されたら、多分泣く。
”麻生さんもあおいさんも語尾に余韻があり間が怖くない方なので、原稿はなるべく短くしてます”とは庄田さんのお話。
”以前はもっと攻めてる読みのコーナーもあったね、もっとやろうもっとやろうと遊んでるうちに”とあおいさんとディレクターさん。
あおいさんが原稿を前にニヤリと笑うところが目に浮かびます。そしてディレクターさんがあおいさんの声とニヤリを思いながら文を書く様子が。

”君達は天才じゃないのだから、君達のために原稿をどんどん変えてくれる天才たちに出会うことだよ”とは先日別の場で伺って目からウロコが落ちた言葉。

このニヤリ。面白がって作っていく姿勢。これを出せる以心伝心の関係を作ること。それが仕事。なんじゃないのか。
喋らせてもらう、でもなく喋ってあげる、でもなく、私たちはチームを作りに行っているのだ多分。選ばれることが目標じゃなくて、その先。
これから一緒のチームになるかもしれないと思えば営業もちょっと見え方が変わる。
アドバンスで教わる内容はそこに行き着くための手段。選ばれないとスタートラインに立てないから。つい目の前のことに囚われてしまいがちになるけれど、あおいさんのニヤリを忘れてはいけないのだ。
それでいいものができるのなら色だって着るし腹踊りだってする(そんな教えはありません)。体も整えるし、面白い読みができるようにメンタルも声も持っていく。そのひとつひとつ。

思いばかりのレポートで怒られそうです。視覚を使えた私の役得。気づいたことを幾つか。

あおいさんのうねりは深く、重心が随分低いところにあるようでした。日常にあるリズムじゃない。
これは音を聞いて肩から上だけで真似ても似ないだろう。多分コピーする生理ってこういうことをいいたいんじゃないかなぁ。もっと、腹の底からのリズム全部を覚える、みたいな。私はコピーがからきしなのでセミナーで掴んだ方はぜひ教えて頂きたい。

あとオーダーにより、あおいさんは以前はブースで大声を出して声帯をぶつけてから収録されていたこともあるのだそうです。
現場で声を出すこと、私なら躊躇してしまいそうだと思ったので書いておきます。
それでいいものが出るなら、何だってやった方がいいんだ。と思ったので。

最後になりましたが快く受け入れて沢山伝えようとして下さったあおいさん、和風総本家の皆さん、貴重な機会を与えてくださった学長先生に心から感謝を。
現場に飛び込んでいくにあたり、いつも高いところに掲げて走っていける大事なものを頂きました。忘れません。
在学中の皆さんの代わりによく見てこられているとよいのですが。

アドバンス あびこ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

『コピーセミナーで得た宝物』

コピーセミナーを受けている者です。山上先生の講義で衝撃を受けたので投稿しますっ!

講義前の宿題は「ナレーションはどうでもいいから番組AとBをよく観ておくこと」コピーセミナーなのに、なんでだろう?と思いつつ…バーズへ。
当日配られた、山上先生のつくった番組AのQシート“主な映像”の欄に目が留まりました。
私だったら“練習する湯浅”と書くだろうシーンを、山上先生は“鉄棒からおち、悪態つく湯浅”と書いていました。

ん?あのシーン、悪態ついてたっけ?ただの独り言だと思ってた…。
そう思ったところで、

衝撃的な気付き@『私と山上先生は、映像の捉え方が違うんだ!!!!!』
帰宅後すぐ、山上先生のQシートを見ながら、番組を見直しました。
あれ?なに、この感覚!?

衝撃的な気付きA『視聴者の目から、制作者の目に近づいていく!!!!!』
山上先生はレッスン後、facebookにB番組のQシートを送ってくれました。自分なりに番組BのQシートをつくってみて、山上先生のQシートと比べてみよう!
そう思い立ち、始めたものの、アバンだけで3時間以上。。。番組1本のQシート作るのに、どれだけ時間かかるんだーーー!?
とりあえずアバンだけでも見比べると、やはり違いを発見!面白い!他の番組のQシートも作ると、今まで気付けていなかった「TVのあたりまえ」が見えてきました。更に、ディレクターがどんな事を気にしてVTRを作っているかが徐々に見えてきたのです。
これが、番組の道理とディレクターの生理に気付けたってことか!

ところで、私は地方局アナ出身です。特集VTRを作ったことがあるんですが、当時は散々でした。
常にネタを探し、やっと見つけても「どこが面白いの?」とデスクに言われ、取材方法で営業に怒られ、カメラマンの動きについていけず、編集マンに無視され、無理を言って自分の好みに編集してもらえばVのテンポが悪くなる始末。

どうすれば伝えたい事がより効果的に伝わるのか。
どうすれば最後まで興味を持って見続けてもらえるのか。
全く分からなかった。
当時の自分に教えたい。山上先生のレッスンで教わったことを。

衝撃的な気付きB『私は、演出を知らなかったんだ。』
ワクワクしながらQシートを作ったりコピーしたりすると、自分なりの発見がいくつもあります!発見は自分の宝物です。誰になんと言われようと、宝物があるから、堂々とできる!

コピーセミナー、あと2回楽しみです!!!
読んで頂き、ありがとうございました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする