2015年02月23日

『スポーツ&ドキュメントセミナー【土曜】』のメンバー募集中です@土曜ネクスト福田

スクリーンショット 2015-02-23 22.19.36.png
土曜ネクストの福田です。
このたび『スポーツ&ドキュメントセミナー【土曜】』のメンバーを募集しております。発起時には8名の参加希望があり、10人揃ったら開催を依頼いたします。

詳細等は下記のFacebookグループで記載しておりますので、ここでは割愛させていただきます。
https://www.facebook.com/groups/723001211131232/?ref=bookmarks
興味のある方はご一読いただければと思います。

スポーツ旋風!!巻き起こしたりましょう!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

水曜ベーシックのオガワです。
逸見 友惠さんの『ヒルナンデス!』のスタジオ見学をさせていただきました!
待ち合わせ前に、失敗をやらかしまして、息も絶え絶えに待ち合わせ場所に向かいました(>_<)…が、10分前にはスタジオに着けました。よかった! 終わり良ければすべて良し!
逸見さんと合流し、スタジオ内へ。
綺麗!木のぬくもりのある素敵なスタジオです。
まず、差し入れのお菓子をお渡ししました。
渡すタイミングなどで戸惑っている時に、すかさず逸見さんが助け舟を出してくださいました。
このあとも逸見さんはいろいろな場面でさりげなくフォローしてくださり、本当に心強かったです*\(^o^)/*。ありがとうございます。
この差し入れですが、バーズの過去Blogを参考にしました。
『個包装はだめ。その場で食べていただけるものを!』とのことだったで、6個ずつの包装のものをチョイス。スタッフさんにすぐに食べていただき「あーこれ、おいしいやつだー」と喜んでいただけました。嬉しかったです。(チーズケーキを持参。100円ショップ購入のスプーンも持っていきました☆)
Blogを参考にしたといえば、服装も。
番組は、お洒落なヒルナンデス! そして「原色、奇抜、フレッシュ」とのBlogでの大江戸さんの教え。逸見さんのTwitterを拝見したら、春色ワンピースのお写真が☆
これは春物だわ!とお買い物へ。お店でどピンク☆背中白レースの春ニットと運命の出逢い。躊躇しましたが、3日迷った末、春モノかつ原色+奇抜+フレッシュの三位一体はこれしかない!と決断。
すると、なんと!
同じニットが当日のヒルナンデスのVTRに登場!ディレクターさんが「そのニット、これから出てきますよ!」と!
なんたるラッキィ。ツイてました☆☆☆

収録は、サクサク進みました。
逸見さんのトークバックのクールさが印象的でした。どちらかといえばディレクターさんの方が気を遣っていらっしゃる感じ(もちろん逸見さんも気を遣っていらっしゃるのですが。)例え噛んでも(ほとんど噛まないけど!)堂々としていらっしゃる。私ならオドオド、ヘコヘコするだろうなぁと思います。でも「はい」という返事は、とても優しい。ウィスパーでとっても柔らかな「はい」なのですv。
後で逸見さんにお聞きしたところ、ブース内では敢えて堂々と、でもバランスを見ながら行動なさっている、とのこと。
ナレーションだけでなく、深いところで静かに「闘って」いらっしゃる。今後、お仕事をさせていただいた時、参考にしようと思いました!

実際に現場を見せていただけて、空気感を肌で感じ、体験できてよかったです。
ディレクターさんとミキサーさんのお仕事の一部を見せていただきました。徹夜だった様子のディレクターさんが収録前、椅子に背中を預けて眠ってました。お話は聞いていましたが、皆さん苦労して番組を創っていらっしゃるんだなと実感しました。オンエア時、スタッフロールをじっくりと見ました。私がお会いできたのは数人の方たちだけでしたが、本当にたくさんの方々が携わり、闘い、ひとつの番組ができているのだなぁと思いました…!

学長、山上さん、そして逸見さん、貴重な体験をありがとうございました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

スタジオ見学、行ってきました!

DSC_0145.JPG
土曜ベーシックの伊賀崎です。逸見友惠さんの「ヒルナンデス!」のスタジオ見学をさせて頂きました!
当日は現地待ち合わせだったのですが、到着するとスタッフさんらしき方たちが何人もいて、本当にここまで勝手に入ってしまっていいんだろうか?と、びくびく状態でした。
緊張のあまり持参したお茶をこぼす私とは反対に、逸見さん、リラックスした様子で登場です!スタッフさんたちと楽しそうに会話して、とっても和やかな雰囲気。
逸見さんの周りにどんどんスタッフさんたちが集まって、話して、皆仲良さそう!

・・・なんて私が思ってる間に逸見さん、話しながらも原稿のチェックしてます!Σ( ̄□ ̄;)しかも速い!!!!一度も声に出して読むこともなく、VTRをチェックすることもなく、収録本番です。いつも見ている「ヒルナンデス!」、逸見さんの読みがここで聞けるんだぁ☆と感動しながら、収録の第一声を待ってドキドキ・・・そしてついにっ!!

んっ!!!!?(…なんか違う?私が知っているいつものとちょっと違うような??逸見さんちょっと元気ないような・・・?)いやいや、音楽がないんだ!! と、ちょっと遅く気付きましたいつも音楽にノって軽快に読んでいるように聞こえていたので、まず音なしでやっていたことにびっくりです!

でも音楽がないにしても、いつもはもっとテンションが高かったような気もする・・・、なんて密かに思いつつ、そしてディレクターさん、ミキサーさんたちのあまりにスピーディーな仕事に圧倒されつつ、あっという間に収録が終わってしまいました。
1時間くらいで、私はものすごく色々なことを頭に詰め込んだ気がします。

収録後、コーヒーをご馳走になり、貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。
そこで私が気になった音楽のことについて聞いてみると、逸見さんは頭の中で音楽を流しながら読んでいるとのこと。だから音楽にノってるように聞こえてたんですね!「たいていの現場は音楽あるけど、ない時にはどんな音楽を使うのかを聞くといいよ。」とアドバイスいただきました。現場でどんなナレーションを求めているかを尋ねてもよく分からないことを言われたりすることもあるそう。それよりも音楽を尋ねたほうが一発で「どんな読みが求められているか」が分かるそうです。

次の日、さっそくオンエアを見て感動!!!私が知ってるいつもの逸見さんです!ちょっと元気がないとかそんな低レベルな話ではありませんでした(汗)私が感じたそれは、よく言われている「引き算」なのだと思います。映像と音楽とナレーション、見事にマッチしてました☆

今まで授業では何度か「バランスが大切」と聞いていたので、何を今さらと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それが身に沁みて理解した瞬間でした。映像と音楽とナレーションのバランスが取れて初めて、視聴者は心地良く、違和感なく、テレビを見られるんですね!
スタジオ見学に行ってから、今まで授業やアフターで教わってきたことが不思議と素直に自分の中に入ってきたような気がしました。言葉を通して教わってきたあらゆる知識がつながった感覚というか・・・。現場経験のない人にはこういった機会を得られるのは本当に貴重です。私はこれからの学ぶ姿勢やアプローチの仕方、授業やアフターやテレビなどから吸収できるものが今までとは変わり、幅広くなると思います。これからがとても楽しみです☆

今回、スタジオ見学の機会を与えて下さった山上さん、そして協力してくださった逸見さん、色々丁寧に説明してくださったスタッフの皆様、本当に本当にありがとうございました!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

コピーセミナー始まりました^ ^

image1.JPG
コピーセミナー始まりました!
今回は卒業生が中心になって声かけをしてくれました。
最初っからあおいさんの厳しい指摘が繰り出されて引き締まる空気。"学び"の凄みがある空間になっています。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

【ベーシック】もコピーでレッスンしますね^^

syukudai-thumbnail2.jpg
前期のレッスンでコピーチェックを取り入れてとても好評だったので、【ベーシック・宿題】3/4(水)3/7(土)の山上ベーシックも「コピーチェック」でいきますね
『ナレーションコピーを1つしてきてください』

◉対象のナレーターは誰でもいいですが「ナレーターとして売れてる人」でお願いします(声優で売れてて”ナレーションも入ってきてる人とか”はちょっと意味が違うので今回はNGにさせてね)
◉動画データやDVDはいりません。コピーセミナーのものよりだいぶソフトタッチでやります^^;
”やらんとしてること”さえなぞれてれば、男女違ってもOKです。
◉原稿は「番組PRやアバンを3〜4行(15秒くらい?)になるようカットしたものでOK」です。”煽り”を中心にしたいので、番組タイトルやコーナータイトル、「締め」があるとなおベストです。
◉原稿はクラスリーダーが全員分をまとめてから、FBのファイルにアップしてください(振替の人は自分の原稿をだいたいの人数ぶん印刷して教室持参)
◉提出はレッスン1日前までに。印刷はそれぞれ自分で。

レッスンではプレイをしてもらったあと全員で意見を言い合う予定です。視野を拡げることが目的です。
−−−−−−−−−−−−−−−−
↓原稿の例↓
−−−−−−−−−−−−−−−−
芸能人ガチンコファッション対決!
アンミカコーデになんと!?まさかの不満連発!
しかし、そのミラクルコーディネイト術で驚きの大変身!!
格安コーディネートバトル!
−−−−−−−−−−−−−−−−
今夜の日曜芸人は!
1つのテーマに沿った物を全て出すという企画。名づけて、全部ダス。
あなたは全部わかりますか。
−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 宿題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

【山上ネクスト・宿題】『ナレーションコピーを1つしてきてください』

syukudai-thumbnail2.jpg
【ネクスト・宿題】2/25(水)2/28(土)の山上ネクスト。
『ナレーションコピーを1つしてきてください』

◉対象のナレーターは誰でもいいですが「ナレーターとして売れてる人」でお願いします(声優で売れてて”ナレーションも入ってきてる人とか”はちょっと意味が違うので今回はNGにさせてね)
”やらんとしてること”さえなぞれてれば、男女違ってもOKです。
◉原稿は「番組PRやアバンを3〜4行(15秒くらい?)になるようカットしたものでOK」です。”煽り”を中心にしたいので、番組タイトルやコーナータイトル、「締め」があるとなおベストです。
◉原稿はクラスリーダーが全員分をまとめてから、FBのファイルにアップしてください(振替の人は自分の原稿をだいたいの人数ぶん印刷して教室持参)
◉提出はレッスン1日前までに。印刷はそれぞれ自分で。

レッスンではプレイをしてもらったあと全員で意見を言い合う予定です。視野を拡げることが目的です。
−−−−−−−−−−−−−−−−
↓原稿の例↓
−−−−−−−−−−−−−−−−
芸能人ガチンコファッション対決!
アンミカコーデになんと!?まさかの不満連発!
しかし、そのミラクルコーディネイト術で驚きの大変身!!
格安コーディネートバトル!
−−−−−−−−−−−−−−−−
今夜の日曜芸人は!
1つのテーマに沿った物を全て出すという企画。名づけて、全部ダス。
あなたは全部わかりますか。
−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 宿題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コピーセミナーメンバー募集(大塚です)

スクリーンショット 2015-02-11 1.03.09.png
【メンバー募集】コピーセミナー土曜クラス。4/18(土)以降スタート予定で、仲間を募っています
http://www.facebook.com/groups/334896346704256/

おはようございます! 卒業して2年たったので「初めまして」の方が多いかもですね。大塚ともうします。

FBやブログで「コピーセミナー」を受けた人のコメントが出ていますが、気になりませんか。「読み手の生理が理解できた」「上っ面だけ真似していたから読みに説得力がなかった」「ああいう読みになる理由がわかった」etc.…いいなあ。上達への手ごたえを実感してる・・・やっぱり!絶対に!受けなくては!

コピーは進化するための近道だと思うのです。授業で先生が、他のプロの読みをやってみると〜とおっしゃっていたので、プロも使っている練習法なんですよね。私のような初心(に近い)者には必須であること言わずもがな。

「コピーセミナー参加したい!でも、平日は無理!」と騒いでいるのは私だけではないという噂をききました。そこで、「土曜」開催に向けて希望者を募集しています。もちろん初対面でも大丈夫!

FBグループで「参加をリクエストする」を押してくださいね希望時間なども書いてください。早いお返事、お待ちしています!

大塚
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

アドバンスクラスの営業座談会

秋8Aの里見です。
先日の授業はスクールバーズ卒業生であり、現在フリーで活躍中のトビー上原さん、よしいよしこさん、下山吉光さんをゲスト講師にお迎えして、営業の姿勢やご自身の経験をお話しして頂く「営業座談会」でした。

我がクラスで営業経験のある者はわずか数名。
私もナレーター歴はそれなりにあるものの、営業経験は皆無。
故に、営業という未知のアクションに対する漠然とした不安感やプレッシャーは、多くの生徒が抱えていました。

とは言え、今までの授業でマネージャー視点での営業のノウハウは教わっていたので、得体の知れない存在だったエイギョウという名のモンスターは、徐々に輪郭を帯びてきてはいました。
そこへ、プレイヤー自らの体験談。
新たな知識や具体的な情報を詳らかにして頂いた事で、立ち向かう勇気が湧きました。


最初はトビーさんから、CM営業における光と闇の両側面から、刺激的なお話。

ひとつは、バーズの元生徒さんが、ゼロから出発してわずか数ヶ月で自分の望む仕事をゲットしたというエピソード。
明確な戦術と、情熱から来る大胆な決断が幸運をも引き寄せた。
オリエンテーションでお話のあった、「運は勢いのある人が好き」を体現した好例です。
自分のやりたい事を「夢」ではなく「目標」として捉え、実現する為には具体的にどうアプローチするか。
その方法をしっかりと組み立てて、あとは恐れず突っ込んでゆく。
これが正しい営業のスタンスなのだと学びました。

もうひとつは、仕事を餌にしてフリーのナレーターを手玉に取り利権を横取りする、不貞の輩の話。
これを教えて頂いたのは本当に有難く感じました。
そういう人間の存在や、関わってしまった時の対処法を知っておけば回避したり、慌てる事なく被害を最小限に抑えられますからね。
「なにそれ怖い」と感じる方も多いでしょうが、自分はこのお話を伺った時、愛読している漫画「ちはやふる」での台詞を思い出しましたよ。

「自分がこれと決めて飛び込んだ世界で、知らなくていい事なんてひとつもないのよ」

やすやすとうまい話に乗ったり、仕事の質より量を優先すると自分の商品力を貶めるだけでなく、他者に利用される危険性も出てくる。
「自分」というブランドを確立する事、キャスティングの仕組みを理解する事は交渉時の武器となるだけでなく、身を守る盾ともなるのだと教えて頂きました。


続くよしいさんのお話はVPについて。
自分は今までのキャリアの中では比較的VPが多かったのですが、それゆえの盲点もある事に気づかせて頂きました。
よしいさんの仰る通り、VPではストレート読みを求められますし、表現上の「遊び」を差し挟む余地はかなり少ないです。
でもよしいさんは営業をかける時、あえてバラエティタイプのサンプルもお渡しした事もあり、結果としてお仕事に繋がったそうです。
あらゆる仕事にセオリーは存在しますが、それを固定観念で捉えず、あえて逆の手法を取る事で印象に残る。
その喋り方が直接採用される訳ではないにせよ、ある時ふと思い出せる様な存在になる。
それがキャスティングにおいて有利になる可能性となる。
つい目先の、しかも技術的な事にばかり考えが走ってしまいがちな自分には大変参考になりました。
バラエティの様な自由度の高いお仕事でなく、保守的でマジメなVPでそれをなさったからこそ、自分には響きましたねー。
その他、使える営業テクニックや失敗談など、色々教えて教えて頂けたのも嬉しかったです。


下山さんは実際に営業活動に使用しているアイテムを見せて下さりつつ、主に営業の目的についてお話しして下さいました。
すなわち、「人との繋がりを大切にし、パイプを太くしていく」事。
ともすれば、技能的な側面ばかり意識がいきがちですが、ただ仕事がもらえた、ただ現場でいい仕事が出来たと喜ぶのではなく、「次に繋ぐ」事が最重要。
その為には思い切った投資なども惜しむべきではないとの事でした。

ナレーターとしてのスキルに加え自身の「人間力」を高め、同じモノを作り上げていく「仲間」として認めてもらえる様になる。
互いの必要性や信頼感を構築していく活動、それが「営業」なのだと。

ここが、自分を含め営業未経験者が最も不安を感じる要素なんじゃないでしょうか。
見ず知らずの人に受け入れてもらえるか。
よほどコミュニケーション力のある人でもない限り、および腰になりがちです。
でも、下山さんは「やるしかないんだ」と仰いました。
ありきたりな表現ですが、人生に「出来る/出来ない」という選択肢はなく、やるかやらないか、それだけなんですよね。


「己の芸ひとつで飯を食う」
とても甘美な響きです。
だから読みのスキル、表現力を向上させれば、いつか自分もいっぱしのプロとしてやっていけるのでは…。
そう思ってる方は多いでしょうし、自分もそう思ってました。
いや、そう思いたかった。
何故なら、カッコいいから。

でも結果的に事務所に所属して13年間、自分のナレーター人生は宝くじみたいでした。
具体的なビジョン、明確な売り方、そういったものが事務所にも自分にもなく、ただ「来た仕事をこなし、次の仕事が舞い込むのを待つ」その繰り返し。
ウチの事務所もご多分に漏れず個人営業は禁じられていましたから、スキルを研鑽する以外にやれる事がない。
それを聴かせる対象すら絞ってないのに。

だから、フリーになって思うんです。
「マイク前で喋る以外にも、仕事に辿り着く方法が色々あるのは幸せな事なんだ」と。
冒頭に書いた通り、確かに未知の領域に踏み込むのは今でも不安です。
白状すると、自分は鈍臭いところがあって、せっかくのチャンスをむざむざ逃したりする事多いし。
でも、売れる売れないは誰にも判らないけど、やれる事を自分なりに徹底的にやる。
それは確実に自信になり、あらゆる面で肥やしになる。
そう思うと、ちょっと楽しみになってきた…
この日以降、そんな事を考える様になりました。

トビーさんよしいさん下山さん、ありがとうございました!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

コピーセミナーを受けて学んだこと

「コピーセミナーを受けて学んだこと」
道理と共にしか生理はない、道理がわかっていれば、ある程度まで生理は絞れる、という言葉は衝撃的でした。

『ナレーターの生理を盗む』と聞いても、自分はその本人ではないし、正直迷っていたのですが、コピーセミナーで詳しくアドバイスを頂き、意識が変わりました。

番組作りの道理をわかった上で、なぜ、ナレーターはここでこのような表現をしたのかを、常に意識しながら、ニュアンスや感情の乗せ方、表現を研究してみると音をとろうと必死になっていた時よりも、視野が広がり、聴こえてくるものも違ってきました。
勿論、まだまだではありますが、何か目の前の霧がパーッと晴れてきた気分に!!

自分がコピーしたナレーターの方のは勿論のこと、他の生徒の方達がコピーをした様々なナレーターさんの学ぶべきポイント、特徴・強みが聞けたのも勉強になりました。
何をすればこう聞こえるのか、どんな効果が生まれるのか、自分では、すぐに気づけない事を、明解に伝えてもらえるのはとても貴重だし、今度は、この人のコピーをしてみよう、という新たなチャレンジのきっかけにもなりました。

この他、声の出し方にしても、ここから出す、と決めるのではなく、いろいろなところから出してみたり、息も混ぜてみたりして、どんな声が出るのか研究してみると良いetc・・・
家で自分だけで練習していてもわからなかった様々な事、課題がくっきりと浮かび上がり、学ぶ事ができた濃密なセミナーでした。

課題をどう乗り越えていくのか、新しい事を自分のものにするためにどうしていくのか、試行錯誤、練習し、精進していきます。
きめ細やかな、そして熱いレッスンをして下さいました先生方、本当にありがとうございました!!
                      水曜ネクスト 土谷嘉良子
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

アドバンスクラスを受けて変わってきたこと

アドバンスクラスに通い始めて早くも4ヶ月が過ぎてしまいました。おしゃれを目指して美容院に行ったらモンチッチもどきにされたりしながら、講義は楽しく受けています。
変えたいと思っていた部分が少しずつ変わってきた気がするので、備忘録ついでに投稿します。メインの目的は備忘録なものですから勘違いだらけかもしれませんし、まとめ下手文章下手がお嫌いな方はぜひ華麗にスルーしてください。

私は散々なくらいの緊張症なのですが(みなさんよく同じことおっしゃいますけどね^_^;)、ナレーションに関することでの緊張と、そうでない所での緊張って違うなとずっと思っていました。

例えばオフィスでの初仕事の緊張と、ナレーションをする時に感じる緊張では、緊張の大小だけでなく、緊張の質が違うなと思っていたわけです。
なんといいますか、「夢」とか「憧れ」とかの言葉がつきまとうものは、自分で自分をずいぶん不自由に縛ってしまうというか。いいことなんですけど、夢とか、憧れとか。原動力にもなるんですけど。
でも、例えば普通の会社で「力不足かも」と思うような新しい業務を担当したり、やりたかった新しい案件に企画段階から参加させてもらったりした時の緊張と、声に関するお仕事での緊張とは、経済的には同じことのはずなのに(依頼や企画があって、関係各社・部署・担当者間で確認をして、自分の役割を果たそうと奮闘して、見合うお金をいただく、という流れは。)、「憧れ」の気持ちを持った自分にとって別世界の「声のお仕事」に関係することになると、現実と地続きの現実の作業であるという感覚がなかなか持てなかったのです。

過去、数少ないながらもスタジオ収録のお仕事経験がありますが、「現実ではない夢のお仕事現場」で、現実のお仕事で感じる緊張とは別の、なにかふわふわした真っ白な緊張の中にいると、その場でも終わってからも何をしているかわからないままでひとつも次に続きませんでした。

バーズで実技レッスンを受けているうちに、そういう部分をどうにか変えたいと思うようになりましたが、(
頭ではよくわかっていても)体の感覚がなかなか受け入れてくれない感じだったので、実技レッスンとは異なる内容だというアドバンス講義も早く受けたい受けたいと思っていました。

結果、受けられてほんとによかったなと思います。

本来、声を仕事にしようという人間にとっては実技レッスンの方が現実を感じられるものかもしれないのですが、私にとってはそこじゃない部分を知る方がよほど「現実」の「仕事」として認識しやすかったです。

会社のおおまかな業務内容だったり、営業方法の具体例だったり。「仕事」ですよね。ゲスト講師の方からの、「取引先」視点で話していただいた意見や現場のお話もそうです。

先日の講義では、PやDのスタッフ役とナレーター役に分かれて現場シミュレーションをしたのですが、スタッフ役になって参加したこのシミュレーションは、実際のところを理解するという意味で本当にわかりやすかったです。この認識が合ってるかどうかわかりませんが、私にとっては完全に「とある会社のとある会議風景」そのままでした。

会議室の使用時間には限りがありますし、その場である程度の進展がないとその後その業務に対して誰も何も仕事ができないままになってしまうので、自然と誰かが仕切り役になって進めていきますし、大人の社会人同士であれば当然お互い適度なバランスを探りながらコミュニケーションを取りつついろいろ提案を引き出していこうとしますし、ほんとにそのまま現実の会議でした。…いや、まぁ、私の場合はいい会議リードができたとは到底言えませんけども・・・(-_-;)
会議って、資料をまとめてその会議で何をどこまで進めるかの青写真がある程度できているものなのに、私の場合はふわ〜っとその場でなんとなくやってしまったので。。。

ナレーターとしてこの場に参加する場合には、会議全体からみると、そのプロジェクトにおけるある一部分の専門家として意見を出していかないとほんとに参加する意味がないんですね。専門家として社外から呼ばれている訳なので。そりゃそうだ・・・専門家に遠慮とかわかりませんとか言われたらその分野の専門家じゃない人たちは何をしたらいいんだ・・・。
最初からナレーター役で参加していたら、たぶん緊張のせいで現実の会議の感覚にはなれなかったんじゃないかな、と思います。他のグループを見ている時でも。(もちろん時間があればナレーター役もぜひともやりたかったですが・・・!ビビり克服・・・!)

あぁ、結局うまい文にはなっていませんが、そんな感じです。これが実際にどこまで生かせるようになるかわかりませんが、飛び込みの準備が整ったら営業だけは行けそうです。仕事で会社に挨拶行こうと思います。
昨日の講義(バーズ先輩ナレーターのみなさまの座談会)でもたくさん営業の具体例を伺えたのでそのことも書きたかったのですが、頭がこんがらがってきたのでひとまずこの辺で。

残りの講義もとても楽しみです。クラスのみなさま、もはやモンチッチとなった私ですが、最後まで笑わずに同期仲間として受け入れてね。
講師のみなさま、残り2か月どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

no-title

ネクストの宮本崇弘です。

コピーセミナーを終えて思ったことを書いてみようと思います。
「コピーをする」
今までの役者人生で人のモノをコピーするということをやったことがなく、むしろ人のやっていないこと、誰しもが思いつかないことをやれという演出をうけてきた僕としてはびっくりすることでした。
でも、やればやるほど奥が深く、できない!これでもかというほどできない!!!
コピーをすればするほど、未熟な自分、不器用な自分、わがままな自分が浮き彫りになっていきました。
もう嫌だ!って何回思ったかわかりません。

でも山上先生のレッスンで、コピーは課題を見つけるもの、という言葉を聞いて自分がやろうとしていたことがズレているんだということを感じました。

そして、あおい先生が、コピーとは売れている大先輩方がやっているプレーに近づくことではなく、先輩方が何をやっていて、どうやっているのか?そして、それらを学び、自分の引き出しとして得ていくものだとおっしゃっているのを聞き、コピーで得るものは何かということを改めて考えることができました。

藤本先生が伝えてくれた、声優癖、いままで考えたことなく、でも職業病みたいな形で染みついているもの。コピーを通してナレーターと声優の違い。

大江戸先生の授業でわかった、自分ではやっている、できているつもりのダメダメなコピー。その音の違いや、高低、表現の自由さ、細かいところまで参考にして、真似をするという難しいさ、

他にも今までやったことがないことや、考え方、たくさんありすぎてパニックになりました。

声優として活動していくためにも、ナレーションを学び、活動していくためにも、コピーセミナーを受けれたことが財産になったと思っています。

あとは努力をやり続けていくだけ、最後に山上先生がおっしゃっていた、やる奴はやるし、やらない奴はやらないという言葉を胸に努力していきたいと思います。
ほんの少しですが、ナレーションにたいしての向き合い方が変わったと思います。
もっとやりたい表現をやるためにも色々な人のことを参考にして自分の血や肉にしていきたいと思います。




posted by 投稿!@スクールバーズ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナレーターの営業経験談@山上

image1.JPG
自立したナレーターを目指すアドバンスコース。本日は『営業座談会』! フリーで営業をし仕事をつかんできたナレーター3名の『いま』の体験談を、初心者にはわかりやすく解説を加えながら、リアルな実感や対策まで語ってくれました。 在校生と同じくゼロから売り込みをはじめた彼ら。今では多くのテレビ番組などで活動しています。 トライ&エラーを繰り返してまとめられた珠玉の講義に、胸撃たれました。 トビー上原さん、よしいよしこさん、下山吉光さん、ありがとうございました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

スタジオ見学させて頂きました!!

nijiirokengaku.jpg
秋8B土の山浦です。
あおい先生に「にじいろジーン」のスタジオ見学をさせて頂きました。
ナレーションの勉強を初めて4ヶ月、生まれて初めての現場です。
あらかじめ先生が「見学者がいる」とスタッフの方に伝えて下さったお陰で、広いスタジオに変更して頂いての収録となりました。
お気遣いに恐縮しつつ手土産をお渡しし、挨拶もそこそこに「それじゃあ最初のワンブロックテストください」と早速収録開始。
私は用意して頂いた8枚の原稿の名詞と数字のチェックがギリギリ終わったくらいでした。
 
サクサクと軽快にナレーションしていくあおい先生。
土曜の朝にテレビから流れてくるあのナレーションです。
だいたいワンブロック毎に収録は進んでいき、ブースの中からあおい先生も参加して原稿を訂正していきます。
「『郊外』を表したい」
「同じ助詞が続くから変えましょう」
「この言い方じゃ違う意味にとられてしまう」
「こんなフレーズはどう?」
「『次はここです』ってONじゃないから違う表現にしよう」
「カットしましょう。(画面を)見れば分かります」
「ひっぱりの部分なんですけど…」
「ここはカット変わりを待とう。そのほうが気持ちいい」
「ONを(視聴者に)聞かせている訳じゃない」
あおい先生、ブースにいることを感じさせません。
どんどんアイディアを出し、変更されたブロックをパッと読んで行きます。
プレイヤーとスタッフが一体になってより良い番組を作り出していく瞬間です。
「新人だとなかなか難しいかもしれないけど、スタッフに提案するのは良いことだと思うよ」と、あおい先生。
バーズで学ぶ「与え手であれ」という教えがいかに大切かという実感が沸きました。
プレイしかり、バーズブログしかり、ボイスサンプルしかり――
ただ原稿を頂いて、自分勝手に読んじゃダメなんだとますます痛感した次第です。
そして、最後にスタッフの方が仰った「テロップとナレーションを一緒にしたくないんです」という一言に、作り手のプライドを感じました。
 
収録後、スタジオの皆様と記念撮影をして頂き見学は終了。あっという間の90分でした。
ベーシックで学べる期間もあと2ヶ月を切り、今回のスタジオ見学で身の引き締まる思いがしました。
あおい先生、にじいろジーンのスタッフの皆様、大変お世話になりました。どうもありがとうございました!!
 
秋8B土 山浦
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする