2014年07月26日

番組の生理と道理を知ろう

10534084_352984901522507_5325170942011412089_n.jpg10565105_353467741474223_7204179341556733982_n.jpg10425071_352985041522493_7831026243153989621_n.jpg
水曜Nの原です。

ナレーション技術を高めていく上でおすすめの方法が「コピー」
簡単に言えば番組ナレーションを原稿に書き上げプレイスタイルをコピーするだけなのですが

これが出来ない

技術を盗むのは簡単ではないとわかりつつも
全く出来ない

何で出来ない(出来てないと指摘されるか)のか分からない

分からないから改善出来ない

と足踏みしてしまっている状態

そんな時山上さんから言われたのが

「番組の生理と道理が分かってないんだ」
と指摘を受け先日番組セミナーを受講しました。

受講者の多さからも同じ悩みを抱えている人って多いのかなって思ったのですが

まずそもそもコピーって何でするんだろ
何を意識したら良いんだろってことなんですが

やってと言われたのが
1用意された紙を二つに折る
2書かれた文章を「写して」と言われそれを写す
3次に書かれた文章をさかさまにしてそれをまた写す

というのをやりました。
※blogを読んでいる方でお時間ある方はこの先を読む前にやってみると良いかと思います。


学生時代から先生が黒板に書いたものをただノートに取る
何年も誰もがやってきたこと
文字通り書かれた文章を写すなんていうのは誰でも出来る事

それを逆にして行う行為のおかしさ、初めてのことへの戸惑いもあったのですが

出来上がったものの差は一目瞭然でした。
普段以上に集中して写し書きをしていたので字は丁寧、慎重に書いていたのですが

普通に書いた時はまあなんというかそのままの文章だったのですが
逆写しの時はその書かれていたフォントのはらい、トメなど
本来写し書きする際気にも止めていなかった事を意識して書きました。

意識から離れると違うものも見えることに気付く

これが逆写しをして山上さんが伝えたかったことだそうなのですが

「写し書きでフォントの癖とかまで真似なんて気付かない」と思っていた自分

それはナレーションのコピーにそのまま当てはまりました。

自分が今までやっていたのは黒板に書かれていた文章をただ写すだけと同じ。

先生の黒板にどう書いてあったのかまでは気付けてなかったと思います。

仮に自分が先生だったとして、生徒にどう伝えたいのか。

大切なところは文字を大きくしたり、色を変えたり、わざわざ黒板を消して
書き直したり・・・という事をして伝えやすく分かりやすくすると思います。

写したノートにはその過程や工程は無かったんです。

プロのナレーターは黒板の変わりに
声を大きく(小さく)したりあえて聞き取りにくくしてみたり、声のトーンを変えてみたり・・・
書ききれないほどの変化をつけていますがそれは
どうすれば飽きさせず聴き手に伝わりやすくなるかを考えてのプレイだったのですが

もちろん↑の「飽きさせず伝える」なんていうのは頭では分かっていることですが
コピーの際それよりも「この言い方をコピーしよう」「あ、この特徴のある喋りはコピーしやすいかも」
なんてのが先行してしまい趣旨とずれがちだったんだと思います。

コピーは課題を見つけること。課題が見つからないのなら趣旨からずれている。
改めて今までの自分を思い返してみました。

逆写しは家に帰ってから改めてしてみました。
家に帰ってから選んだのは経典。
漢字ばっかり、特徴だらけのものだったので苦労しました。
出来たものも特徴はまだまだとらえきれてませんがそれでも
漢字を書くというよりはあるものをしっかりと写す
という事を理屈抜きでやっていくことで自分の中で気付かされたことが色々と出てきました。
(この文字のここってこんなに長いんだとかこんなにはらいが力強いんだとか・・・)

次はキューシート作り
レッスン中は行えませんが用意されたキューシートを見て驚きました。
番組のナレーションやタイムは勿論、そこには
スタジオ、VTR、MCキャストのせりふや反応、映像の特徴、ワイプの抜きやテロップの事までが
事細かいに書いてありました。

番組自体の流れを知る事で要求されているナレーションスタイルが判ってくる

出来た番組の絵に最後ナレーションをつけるのだから
番組の事を分かって無かれば要求されている事に提案が出来ないのは当然なわけです。

家に帰ってから(時間は相当かかってしまいましたが)自分もキューシートを作ってみました。
出来たキューシートのなんとごっちゃごちゃとしたことかw
これでも大分整理して作ったと思うのですが・・・。
つまり、それほど番組には「視聴者を飽きさせない」工夫やこだわりがあるということです。

そこに更に自分達がナレーションとして加わっていくには・・・単調な読みなど決して無いわけなんです・・・
分かってはいたのですが分かっていてもできていない自分というのを改めて知って出来たキューシートを見た時は逆に笑ってしまいました。

長々書いてしまいましたが他にもレッスンでは色々教わりました。でもすべての事かいてたらもっと更に長くなってしまうのでやめます。

このレッスン一回で僕の全てが劇的に変わったなんては思いませんし変わってないでしょう。

ただ、きっかけを頂けたというのだけは間違いないです。
「キューシートもとりあえず5枚作ってみろ。そうすれば見えてくる」
と山上さんに言われました

とにかく作りきる。形にしないと見えてこない。

そしてそこから上に、前に、進んでいこうと思います。

山上さんありがとうございました。



原寛
posted by 投稿!@スクールバーズ at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

サブ出しナレーション

お久し振りです。
そしてはじめましての方も。
以前スクールバーズに通っていました下山吉光と申します。

今私、とあるゴールデンのバラエティの「サブ出しナレーション」をやらせていただいております。
さて先日のサブ出し収録の日いつもお世話になっているとあるDさんが
「この間スタジオ収録の時とあるPさんに怒られちゃいました(笑)
タレントさんたちが笑ったり一言言ったりするためのリアクションをとれる余裕がないじゃないかって。
ナレーションの文言を詰め込みすぎだ。」
尺に余裕がなければ無理のない範囲で巻くこともしますが、
余裕がある場合は不自然にならないよう間を入れたりしてつないでいきます。
そして例外もありますが、なるべく次の文言までの1〜2秒前までに読み終わるようにしていました。
カット変わりなどにも反応しつつ。
ところがそれではタレントさんたちがリアクションを入れる余裕がなかったのです。
そんなの後で機械的にずらしたり削ったりしてなんとかすればいいじゃんとお思いかもしれませんが、
その番組、11時までに録り終えてちょっぱやで編集してその1時間後にはスタジオ収録です!
なんて感じの現場なのです!
その日のサブ出しは6つのコーナーを読みましたが、全体的にいつもより少し読みを速めにしてみました。
何秒も尺が余るところもあえて速めにあげてみました勿論今までやってきた雰囲気を壊さないように。
前記のDさんも録りながらなるべく文言を削ったり、私も文言を提案したり試行錯誤しながら収録していきました。
さてどうだったか…

ナレーションの途中・合間にタレントさんのワイプが入るのが今のバラエティの常道です。
O.A用のVはそのワイプリアクションがVに入っているのでリアクションに合わせた尺・文言・タイミングになっていて視聴者が違和感ないように編集されています。
でもサブ出し用のVには入っていません。
つまり自分で「あ、ここはタレントさんが突っ込み入れるかな」とタレントさんの顔やリアクションを創造しながらナレーションを入れていくものなのです。
ここはと思えるところは少し不安になるくらい早めにナレーションを終えても案外正解だったりするのです。

私、勿論近い将来O.Aナレーターとなりたいですが、サブ出しナレのなんと気づくべきところが多いことか!
サブ出しで多くのことを吸収して盗んで来たるべき日に備えたいと思っております。

fbでつながっているスクールバーズの生徒さんで今Qシートを作っている方々をよく拝見します。
タレントさんのワイプ・リアクション等を観察してみるのも何かナレーションの役に立つのではないかなぁと思い久しぶりに投稿させていただきました。
何か気づいたことがまたあったら書かせていただきます。
他番組でサブ出しナレを経験している方々の意見もお聞きしたいです。


下山吉光
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

コピーの方法

DSC_0441.jpg
水曜ネクストの岩元です。

山上先生のTVナレーション分析オプションに参加しました。
レッスン後まず、レッスンの冒頭でやった逆さ写しを完成させることに。

画像の上側が見本、下が写したものです。
写した方の一番上の行は、ただ「写してみて」と言われて書いたもの。
そこから下は、列や線の長さ、太さを意識して書いたもの。
意味から離れるとまったく違う字になった。

けれど、後のことを考えずに書き始めたので、途中から行の頭をずらすはめに。全体を捉えてからやらないと。
そして、後半にいくにつれてやや雑になっていく…最後まで気を抜かないように。

と、コピーの方法論を知ったところで、「とりあえず2分」を続けていきます。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コピーとは。?ここからスタート?

水曜Bクラスの目黒です。

山上先生の新レッスン「TVナレーションの分析〜コピーを深めるエクササイズ〜」を終えて、
いくつか教えていただいたエクササイズの中から、コピーの心構えとも言える書き写し、
そして番組のキューシート作成による道筋確認をご紹介します。

毎日2分!ところが一度始めると黙々と作業するところ日々数時間。

やればやるほど実感が沸いてくるのです。
コピーができていない、コピーするってこういうことなんだ。

まずは、正面からの文章写し。

山上先生からの指示は「字を写していただきたい。」
いかに言葉通りにできていなかったかを実感します。


正面から写したものが、左奥。
ゆっくり、丁寧に書いてはいますが、それは「自分の中の丁寧」の先入観。
つまり、まったく原型を写せていない。

そして、文章を逆さに見ながら写す。
上部写真の手前です。

赤丸の「―と呼ぶ」は、一番最初に書いたもの。
形は忠実に書こうとしたものの、実物よりも大きい。すでに写しではない。

やり方:天地逆さにして移す。文字を目の見える「形」のまま写していきます。​
文字の大きさ、間隔、行間、極力同じになるように写します。

​※奥が原本。手前が自分で書き写したもの。

以下、書き写しながら気がついたこと。

@人はそれを乱世と呼ぶ−。=一文字ずつとめはねはらいをきっちり書く。が、力んでいる。文字が濃い。
A強い者だけが生き残る時代。=1段目を折りたたみ、2段目に近づけてかいたため、上の段とずれている。部分だけを見て全体が見えていない。
B弱い者は虫けらのように踏みつぶされ=最上段に列を合わせ軌道修正。骨組みから書いて肉付けをする方法を思いつき若干のスピードアップ。
C人の命もまたはかない。=ここで文字の濃淡の違いに気が付く。原文は文字色薄い。正確に見えていない証拠。
D−花の命ははかない。=@〜Cを踏まえて一番原型に近いと思われる。
E第一章 生き残りの掟=文字の濃さ、上線もフリーハンドながらできるだけ忠実に仕上げる。

終了。

目を凝らしてよく見ること。

あるがままに正確にとらえること。
一ミリもずれないように仕上げること。
自分の先入観で見ないこと。

いかに自分が写せていないかを理解しました。


続いてキューシート作成。

細かく細かくシートに書き起こして行くことで、道筋が浮かびあがってくる。
映像がこんなにも語っていたことに気づく。
そしたらこういうナレーションになると腑に落ちる。
道理を知って生理を知る。

繰り返し何度も映像を見ることで次の発見、一回では聴き取れなかった音や画など、どんどん隙間を埋めて行ける感覚です。

見えないことがたくさんありすぎて5分ほどの映像に所要時間5時間。

夢中になりました。


次に、テロップやスーパーも、出来る限りOAに合わせたカラーにしてみる。
あれこれ追加し過ぎて明後日の方に行ってはいかん(^^;;
と思いながらも、スタッフの方が強調したかった箇所とか見えてくるからおもしろい。

5分のVTRに比べて30分番組はかなり手強い。まるまる2日。写真はまだ途中。


文字に起こすだけで数日かかるのだから、番組を形にするスタッフの皆さまの苦労を考えずにはいられません。

キューシートを作成してみて見えてきたこと。
また、今後トレーニングになりそうなこと。

・次のONに合わせてNAを合わせる絶妙なパス。

・映像の切り替わりにNAを合わせた絶妙なタイミング。
絵変わりと読みのタイミングは、結局ナレーション録りのあと機械的に直すので、理解するだけはして、囚われないでね by山上先生。

・BGMやSEの入るところをよく聴くことでドラマをイ
メージすることができる。
頭の中で鳴らしながら読むこ練習になる。

・シチュエーションを一つずつ文章化することで、何をしているところなのかが明確になる。
絵がわりをイメージしながら読む練習になる。

・人物の目線や配置、カメラの撮り方などどうしてこう撮りたかったのかなど推測できる。

・細部を見て、さらに全体を見て、番組のテーマやドラマ、伝えたかったことを探ることができる。

etc.etc.


この他、大江戸さん、逸見さん、四本木さん、藤本さん、
それぞれのナレーションのスロー再生や逆再生することで、細部を聴きやすくこんなにも細かい技術が使われていることがわかりました。
繰り返し聴いて丁寧になぞっていきます。
貴重な音を聴かせていただきました。
ありがとうございました。


オプションの中の一部のエクササイズをご紹介しましたが、ここまではあくまでも準備。
ナレーションのコピーはここから。
方法を学んだら、自分なりに工夫して繰り返し消化して行けるようにしたい。

コピーは目的ではなく、あくまでも技術や表現を自分に落とし込むこと。
落とし込むために正確に入れないといけない。

「できることは停滞、できないことは可能性」

ここから再出発します。

山上先生、ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナレーションコピー

ショートになった土N8期です。

この何週間かの間に、ナレーションのコピーに関するレッスンを3回受けさせていただきました。
・あおい先生のコピーオプション→山上先生の通常レッスン→山上先生のナレーション分析オプション
(思い返せばなんとも贅沢な…。)

元々コピーには苦手意識があり、これまではとにかく形を追うことに一生懸命になってしまっていました。
音の強弱、高低、息の吐き方やタイミング等々。
(その形だけでも、私のコピーは輪郭がぼ〜んやりとしていましたが。)
このままでは違う違うと思いつつ右往左往していたのですが、先生方の指導を続けて受けられたことで少し先が見えたように思います。

「生理を盗む」ということについて、先生と私の認識にずいぶん差があったんだというのが最初の発見です。

私は、まずはフィジカルな面(ひと息ではここまでしかしゃべれなかったんだなとか、元々の声が息声に近いとか、そんなようなこと?)に焦点を置いて、その上で、この部分ではどういう気持ちがしゃべりに乗っている(ように聞こえる)のかを考えていました。
この時点で、気持ちを考えるということにつまづき、どうにも先に進めなかったわけです。
お芝居なら自分の考えで役の気持ちを選べるところもありますが、コピーは完全にオリジナルに合わせなければならないので、「TVを介してナレーター本人の本当の気持ちを100%理解してコピーするなんてどうしたらいいものか」ということになるわけです。
そこに困るとそのうち形もばらばら崩れていくので、なんだかよくわからないものが出来上がります。
気持ちを理解しようとすることが間違っているとは思いませんが、私の場合は、物を形作る芯がないまま色付けしようとして総崩れするといいますか。

山上先生のレッスン内で、生理と並行して存在する道理(芯)の説明を受け、あぁ、あおい先生が何度もおっしゃって下さったのはこれかと思い至りました。

番組を作り上げる当然のルールを踏まえた上で、その流れに乗りつつ自分をどう出すのか。どう出したいのか。
コピーするナレーターさんのそのポイントを探し出してからでないと、薄ぼんやりとしたコピーもどきにしかならないんだな〜と。
(あおい先生のオプションでは、コピー元のナレーターさんと私との人生経験の差も指摘されましたが。)
というか、その前にルールをしっかり身につけないといけないことがよくわかりました。

ということで、どちらにとっても有効な手段としてキューシート作りを教えていただいたので、ひとまず30分番組を完了。それを見ながら番組を何度か通して見直すと、その度にまたいろいろ修正点が出てきます。
それでも完璧とは言えませんが。。。ひとまず、形にできたことはよかったです。
形にすればようやく手書きでいろいろ書き込んだりしていけますし、そこでやっと本来のナレーションの練習(声に出してしゃべる)をスタートできるわけですし、今後も続けていこうと思います。

私はなかなか歩みが遅いので(^-^;、いつどのくらいの効果が出るかはわかりませんが、頭で見つけていったことを徐々に感覚に落とし込んでいけたらな。と。

あぁ、他にもいろいろあったんですけど、ほんとにいろいろあったんですけど、長いのでこの辺で。
レッスン受けたみなさん、今後お互いに吐き出し合いましょう。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

コピーレッスン&オプションを受けて

水Nの亀吉です。

今週はレッスン&オプションともにテーマが「コピー」でした。

ベーシックの頃、「何のコピーやってる?やってみて」→「それは、コピーが間違っている」という場面に度々出くわしました。

なぜそうなるのか?
単に耳がまだ鍛えられてないのかなぁ?あまり良くない機械を使っているのかなぁ?としか思っていませんでしたが、今回のレッスン&オプションを受けて納得しました。

問題の多くは、入力にあり、それは先入観が邪魔している。

逆さ文字を書くことで、それを実感しましたし、スーパースローで聞くことで、読みの特徴を明確に捉えられました。

「課題を見つけるためのコピー」

ここには書ききれませんが、非常に多くの視点を得る事が出来ました。

間違っているコピーをして、いたずらに時間を浪費しない為にもベーシックの授業でも取り入れた方が良いのでは?と思う程、濃い内容でした。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

若手ナレーターたちと新レッスンの教材作り

こちらは先日の様子。講師陣の若手ナレーターたちとミッドタウンで抹茶をいただくの図。多忙な中ちょびっとだけお時間いただいて、新レッスンの教材作りに協力いただいたのでありました。今のところ超おもしろそうな予感だけはしておりますがどうなりますやら。生徒たちよ、私達の血で紅に染めていけ!
P7051854.JPG
左から
藤本隆行(「アレはスゴかった」「ヒルナンデス」)
四本木典子(「ヒルナンデス」「ズームinSUPER」)
大江戸よし々(「日曜×芸人」「しあわせレシピ」)

posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

知らないということを知ること

Bクラスの目黒泉です。本日の藤本隆行先生の授業で自分が感じたことを書きます。
題材は、藤本先生のOA情報番組アバンの部分。開始前、藤本先生が言った一言、「自分の中のテレビのナレーションをしてくれれば良い」自分にとってはこの一言がこの授業の目的だと感じました。

いかに「今」のテレビを見ているか、研究しているか。
(今売れている読みは何か、ジャンルごとに旬の番組をイメージできるか、等々)
まず、それがないと自分の中にその音も感覚も入っていない。(知識)
入っていないものは表現できない。(感性)ある程度の感性は知識で補うことができる。

一つ腑に落ちると、先生一人一人のことばが繋がってくる感覚です。
「自分でSEやBGMを思い浮かべながら読む」「コピーをするようになったら初見でもつっかえなくなった」
という藤本先生のことばも印象的でした。
一線でプレイしている先生方の普段の練習方法や考え方を知ることができるってものすごく有り難いことです。
そしたら自分にもそれを取り入れてみることができる。

ちなみに、自分はボイスサンプル(本番)を録る前に自分でBGMを入れてみてテストをしています。ただし私のセンスがダサダサなのでもっと知識を入れて行かないと。
人間が生命を維持するために生理的欲求(睡眠欲・食欲・排泄欲など)があるようになぜそれが必要なのかという道理があって生理がある。
自分の生理にはないものを取り入れるために道理(物事の筋道)を知る。外側をなぞるだけでなく何故そうするのかという生理を追求する。まずは自分との違いに気がつくことが大事で、この「何故」をもって繰り返し取り組むことが大切だと考えます。

私はもっと変わって行きたい。目的をもってコピーを続けて行きたいと思います。藤本先生、ありがとうございました!目黒 泉
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

「弱者の戦略」を感じた体験談

アドバンスのうりです。今週は山上さんのナレーター研究でした。
どんなボイスサンプルが仕事に繋がったのか、そのサンプルはどういう戦略のもと作られたのか、解説してくださいました。

元々の声に力のある人と、そうでない人とのサンプルの作り方は違う。強者の戦略と弱者の戦略を間違えると苦しいことになる。そもそも走っているレールが違うんだから。というお話。
バーズのサンプルが、どれだけ神経を使って作られているかがわかる授業でした。

このサンプルの戦略ということに関して、ひょえーと思った出来事があったので投稿します。

先日、ある会社に録りたてのサンプルを持って営業に伺った時のこと。友人に紹介していただいたディレクター数名と歓談中、流れでサンプルをその場で聴いていただけることになりました。

原稿を自分で書き、山上さんに修正していただいた今回のサンプル。その際、「君は職からしてクリエイターだし、届ける場所もまずは関係者のところだろう。ここはひとつ、そんな創り手の共感を得られるような仕掛けを入れよう!」と、前半にナレーションとはあまり関係のないくだりを追加してくださったんですね。
この時、私自身は正直ピンと来ておりませんで、
 私「この部分要りますかねぇ…?長くなるし外しません…?」
 山「いや、これが肝なんだから外すとかありえないっしょ」 
 私「……」みたいな感じで腑に落ちてなかったんですね。

が。
この仕掛け部分に、ディレクター陣がことごとく爆笑したんですよ…
さらには、「これは…胸にくるね…」と泣きまねまで…!

これって、私の読みに反応したわけじゃなくて、完全に原稿の内容や構成にグッときてたわけで、ああこれが山上さんのおっしゃってた「弱者の戦略」ってヤツか!と思いました。収録時はとんちんかんなこと言ってホント申し訳ございませんでしたって感じです。おかげさまで、雰囲気の良いまま、おいとますることができました。ありがとうございました!
今後、こういった戦略を自分でたてられるようにならないといけないわけですね。

ボイスサンプルを作る際、自分の希望とは全然違う原稿やプレイを要求されて「?」となることもあるかもしれません。
が、その「?」は、バーズが積み重ねたトライ&エラーから導きだされた戦略なのだと思います。思い切って乗っかってみたら、「?」が「!」に変わるかもしれませんね。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

no-title

水Nの岡田です。先日のレッスンで衝撃を受けました。

先週の水曜ネクストはボイスオーバー藤本先生のレッスンでした。

レッスンと言ってもスクールバーズのレッスンは一味違います。
その道のプロが多く通っているので、とっても刺激的なレッスンになります。
今回はボイスオーバー。そして声優の方々の凄さたるや。

説得力、瞬発力、凄いです。横で聞いているだけでうわーってなります。
外国の方に声を当てているのに、元の音声とは違うのに
何というか本物感というか。
そうだよね、こんな声だよね!ってなっていまいます。

またレッスン中、藤本先生の別パターンでと言う一声に、ぱっと答えられるその瞬発力。思わず心の中で拍手してしまいました。

自分はアマチュアでお芝居をしたことがありますが、
同じセリフを同じ感情で読んでもこうも違うのかと、プロとアマの違い
正直驚きを隠せません。
そしてそれはプロ同士のセリフを聞いても同じです。
それぞれ違うけれど、その世界、その人のイメージするボイスオーバーが如実に表れます。

こんな貴重な機会を得られているこの環境にもすっかり慣れてしまっていましたが、
より一層噛みしめて身になるよう、今日も頑張ります。

藤本先生!レッスンありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする