2014年01月28日

松田先生オプション

松田先生「口説きオプション」受けました。
しかも、リラックスするためのプレオプションという名のもと、
なんとバーでの語らい付き!!

オプションの目的は、「気持と身体をしっかりリンクさせて、ナレーションに結びつける」というもの。

みんなそれぞれに課題を抱えていますが、
今回、これが私の課題だ!と認識したのは・・・・・
「自分勝手な読みになっちゃう」というものでした。
相手に伝えるんじゃなくて、パフォーマンスしてる自分に酔って自己完結しちゃう、
みたいな、なんともエゴな読みになってしまうというもの。

薄々、というか、よ〜くわかっていたはずの課題。
コピーに挑戦してる○○さん風にやってみよー
とか、自分の特長(と思ってる)こんな感じをアピールしてやってみよー
とか、これはこんな風に読めば評価されるだろうから、そうやってみよー
とかとか・・・・・・・邪念を含んだときには、もう特にとってもなエゴ読みになってしまうのです。

ここのところずーっと、どう読めばいいのかわからなくなってて、
どうすればいいのか、何をやっていけばいいのかわからずにモヤモヤしていたのですが、

オプションを受け、そして一緒に受けたみんなの変化を見て色々感じ・・・
バーズおよび他の仲間達からのダメだしを、改めてよく考え・・・

『相手に伝える』をホントにきちんと信条にしてるかがキーになってるんだなという、基本に思い至りました。
今更〜ではあるのですが・・・・・(^_^;)

まだまだ考えは整理されてないし、すとんと腑に落ちるところまでいってないのですが、ちょっと前進だと思います。

松田先生、みなさま、ありがとうございました。
ナレーションと口説きに益々精進してまいります。

土Nとよだ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

1月8日(水)新年初レッスン振り返り☆

1月8日(水)畠山せんせー@場をつかむだったよ(^o^)/ドキュメンタリー原稿でのレッスン。基礎的なことも伸びてないし声の幅もないし感性もそうでもないし響きもないし…アドバイスのしようが…と言われ、ワシ白目剥いて昇天しまスた(^O^)/今までせんせーのレッスンでは毎回、クセ読みを指摘されてきたからそれを克服課題としての読みだった。
今回クセは指摘されなかったけど、感情もなにも入っていませんでスた。

でも今回のレッスンを振り返ってみて、それよりももっと反省したことがあったのだ。
それはワシの授業に対する姿勢である。

今回の授業、確かにクセを出さないようにという自分なりの課題はあったけれど
それよりも一番重点をおいていたのが
せんせーの好みの読みに合わせなきゃ。
ってトコだった気がする。

せんせーはきっとこういう読みが好きだろう、
その読みをしなければいつもと同じダメだしされちゃう
とゆー自分の思いこみがあって
感情云々よりも
まずそこに似た読みをしなければいけない
なんて前提でレッスン受けてた。

必要なスキルかもしれないけれど
授業を受ける上で今するべきことだったのかな。
もっと大切にすることがあったんじゃねーの?自分。みたいな\(゜ロ\)(/ロ゜)/

せんせーから
「どういう立ち位置で読んだの?」
って聞かれて立ち位置とか考えてなかったってハッとして
スタート地点がズレていたことに気がついたのでありまスた。
手段と目的がひっくり返ってしまっていたという。
はぁ…読み以前の問題で…なんかホント…はぁ…。
ではバサラー\(゜ロ\)(/ロ゜)/
秋7水N 星矢

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.


posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

2014謹賀新年@ナレーター専門スクールバーズ

新年明けましておめでとうございます。今年はみなさまにとって、実り多い一年となるようお祈りしています。これからもバーズはみなさんの助けになれるよう精進いたします。
一週間後の1/11(土)には、受付中の【映像Proセミナー】が始まる予定です。未経験者だけでなくプロ生徒からも参加表明があり、最新のナレーション現場を感じながら、学び多い環境になると思います。フレッシュな勢いの渦に飛び込んで一歩踏み出してみてください^^
お申し込み http://goo.gl/RsBmo1

2014nega.jpg
2/1のバーズ新年会「新春シャンソンショー」もお忘れなく^^ 
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする