2013年08月31日

8/31(土)15時〜バーズから生中継^^

8/31(土)はバーズから生中継!
1149072_627592403927224_1440111140_n.jpg
8/31(土)は怒濤の3イベント開催!今回はその中でも【15-17時 スクール説明会】【17時半-19時半 猪鹿蝶マネージャー座談会】をユーストリームでインターネット生中継!
PCでもスマホでも観られます^^

 ┏━┓────────────────
 ┃生┃ 生中継を観るには
 ┃中┃……………………………
 ┃継┃  http://goo.gl/p1apjV
 ┗━┛────────────────

─────────────────
【15時〜17時】プロ必見のプチレッスンも
……………………………
☆スクール説明会☆
─────────────────
スクールバーズの学校説明に加え、講師陣によるプチレッスンで、実際のバーズの雰囲気を体験。アドバンスのプチレッスンではバーズの哲学である『売れるための17か条』を学長が講義。マネージメントエッセンスに触れる事で、新しい視点が生みだせます。

─────────────────
【17時半〜】これが”決めた”サンプルだ!
……………………………
☆猪鹿蝶マネージャー座談会☆
─────────────────
今年も多くのプロと新人を番組やCMに送り出した猪鹿蝶(http://goo.gl/I9psi1
今回マネージャー3人が集結、「求めるプレイヤー」について公開で話し合います。これまでに「売れたボイスサンプル」をとりあげながら「なぜその選択をしたのか」「売れるツボ」「最前線で何が起きているのか」を話し合います。ぜひとも会場にてキャスティングの息吹を感じてください。

8/31(土)、乞うご期待です!
----------------------
☆★スクールバーズ秋7期生★☆
  受験申込受付中
 http://goo.gl/1MlWPm
----------------------
posted by 投稿!@スクールバーズ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

ナレーター研究論。

水A茨キヨシロウです。

先月の授業のレポートなのですが、推敲を重ねているうちにタイミングを逸し…そのままになっていたのですが、投稿します。
ナレーター研究論でした。

授業中聞いた中でバチーン!と来たエピソードがありました。
とあるナレーターさんがとある報道番組に抜擢されたことが、その後の報道業界のこれまでの価値観を変えるムーブメントとなったと。
「これが(先週も学長が言っていた)『ボイサンは未来』ってことよ!」と。

この話を聞いたとき、胸がざわざわざわ〜っとして…つまり感動しました。
先週学長が言っていた『ボイサンは未来』という言葉が、更に胸の奥に入ってきたというか。

業界のこれまでの価値観を変えるムーブメント。これが第一線なんだと。

他にも様々なムーブメントの話を聞けました。

それまで力を入れていた路線ではなく、180度方向転換をしたボイサンが新たな読みの流行の先駆けとなったり。
はたまた、15年も前から(当時ではまだありえなかった)スタイルを変えず、むしろパワーアップさせながら磨き続けたスタイルが、今のトップを行く番組の色を作ることになったり…(この話を聞いたとき、ボイサンの可笑しさに涙しながら、感動の涙も混じっていました…15年も前から自分を信じてスタイルを変えないそのぶれないスピリット、先見の明、時代を読む力。すごすぎる…)

そんな話を聞いて、では私には、もしも業界の価値観を変えるほどの可能性が、僅か微かにでもあるとしたら、何が提示できるだろう?と知らず知らずのうちに考えていました。

もちろんムーブメントは良い作品、スタッフさんとの遭遇が欠かせないのでしょうが、
もしもそのチャンスに遭遇できるかもしれないときに、私はどんな提示ができるのか。

自分の可能性を耕して、『未来を提示』できるプレーヤーになりたい、と感じた授業でした。


…なぜこれを投稿できなかったんだろう?と考えていました。
それは、自分に自信が持てないからかもしれない。
書いたときはその時の興奮だけで書いたのです。でも読み返したとき、冷静になった自分は、自分に自信が持てず、なに大きなこと言ってるんだと思ったのです。

しかし、論点は「自分は変われるのか?」ではなく「変わるか変わらないか」なのだと言い聞かせ。やるのか、やらないのか。

プレイヤーはどんな人間か、だと思うので、低レベルな人間から、精神を鍛えるようがんばります。

前回の帰り道からずっと、『ナレーターのオーラ』について悶々と考えている、茨キヨシロウでした…。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

8/14(水)山上先生レッスン振り返り

ワシ、受験の時、第一志望に入れなかったんよ。受験生ってくくりは同じでも選ばれるには選ばれる位置にいないといけなくて、ワシはまだその場所にたどり着いていなかったんだとやさぐれたあの日を思い出した8/14(水)レッスン…の、振り返り!山上せんせーだったよ!(^O^)/ せんせーは、小さい表現をするワシらに「おまえ達の怒り、苦しみ、哀しみなどはこの程度か?何と小さいことよ!」って嘆き、ためらうワシらを「う ろ た え る な 小 僧 ど も !」と投げ飛ばして全力ってどういうことか教えてくれたのだった。(*上記はイメージです)
大人になると、こんな感じかなーとか、ここまでやっちゃうとさすがにアレかなぁとか、感情を制御したりブレーキかけたりしちゃうよね。あと間違えることが恥ずかしいと思ってしまったりね!
でもいっときの羞恥心に惑わされ、表現をセーブしてしまうなんて…嗚呼…なんともったいないことをしていることよ…。 2時間かけてワシらが出したドゥーンのテンションを、瞬時に出せないとプロにはなれないよね!考エルナ感ジロ!! 選ばれるってどういうことだろう、って考えたレッスンだったよ!せんせーは山のてっぺんに雲が薄っぺらく広がっているような図を書いて説明してくれた!その山からはみ出してピューと雲まで行ってしまう人にすっごく憧れちゃうけれどねぇ。
・・・コツコツやるべきことやろっと。やさぐれる前に。
水B 星矢*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
posted by 投稿!@スクールバーズ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い切れないのは何故?

夏休み明け初回のレッスンは、山上先生の絶叫、じゃなくてバラエティーレッスンでした。

その日のアフターバーズでは、仲間たちと、
『思い切りよくできないのはなぜだろう?』
という話に。
私は、『照れ』ではないかと・・・・・
『変なこと、恥ずかしいこと』をやろうとするとき『照れ』が生じます。
そこを楽しめればいいのにね、と。
(あ、やってるのは変なことじゃないですよ。ただ恥ずかしく感じちゃうというだけです。念のため^^)

でも、なんかもうひとつ、思い切れない何かが私にあるんです。
漠然と分かってるはずなのに、明文化するのを避けてたもの。
それは…、私が一番恥ずかしいと思い恐れているものは…

「自分の考え、センスをまるっと人にさらしてしまうこと」

なんです。きっと。

どう読むかは自分で考えてナレーションします。
なので、ナレーションをするということは、裸の自分をさらすことになるわけで…。

『え?その読み方がいいと思ってるの〜』
『それが素敵だと感じるようなセンスをしてるんだ〜』
…と、ジロジロと裸を見られる、それも否定的な目で見られるのが恐い。
なんか自分の頭の中身を全部見られるなんて恐ろしい。

そういうことなんだなと思うのです。

さてと、明文化したところでぼやけてた敵の姿が少しはっきりしてきました。
きちんと戦えるようになったはず。

身体的な裸は残念ながらお見せしませんが、
内面的な裸は堂々と自信を持って見せていくようにします!

戦うぞー!!

以上、裸のチラ見せ投稿にお付き合い下さりありがとうございましたm(_ _)m

土B豊田でした
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

山上先生 バラエティレッスン!

夏休み明け、ベーシック一発目のレッスンは山上先生のバラエティでした。頭がっつんやられました!

知らないだけで、ずっと負け続けてるんだよ!
売れてる人と、まだ同じラインに立ててないからとか、初心者だから、ではなく。すでに同じラインにいて、それで、ただ負けてるだけなんだよ。

選ばれる自分になりたいです。
でも、及第点のヤツは話題にも出ない。いつからか、自分の目指すべき方向がズレてました。
売れてる人と同じラインで闘って、「勝てる自分」とはかけ離れてました。

山上先生が汗だくになりながらのレッスン。みんなの全力を引っ張り出して
、いつの間にか、みんな大きな表現になっていきました。
全然マルはもらえなかったけど、私も必死になってムキになって全力!って瞬間があって、「あ、今まで私全力のつもりで、全然出てなかったんだ」って気づいたのです。(ずっと言われてる事なのに)
きっとクラスの皆もそう思ったはず。

レッスン後、山上先生からクラスの皆へ「僕にマルをもらえなかったとしても、すべての人が大きな表現になっていましたよ。たった1時間の間に「変われた自分」を信じて大事にしてくださいね^^ 」とメッセージが。なんて優しいんだ•••(T ^ T)

でもでも、山上先生が汗だくになって、皆で絶叫して、初めて大きな表現になるようじゃダメなんだ。ド頭MAXを出せるようじゃないと。
守りに入って、よりツマらない小さなプレイになっていた私。変わりたいです、心から。

まだ頭混乱した状態で書いてます。こんな文章を皆さんに晒して良いものか迷いますが、今の率直な気持ちを書いてみました!!

また何か思う事があったら、ブログ書いてみようと思います。まだまだ与え手には遠いけど、とにかく発信。

土Bもとやま
posted by 投稿!@スクールバーズ at 17:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

秋7期(2013年10月〜2014年3月)のクラス編制が発表されました

スクールバーズ秋7期(2013年10月〜2014年3月)のクラス編制が発表されました。
詳細はホームページで!
スマートフォン版
aki7.jpg
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする