2013年04月30日

ドキドキの初投稿


土曜ネクストの井芹美穂です。福岡から今期参加しています。
日帰りで、クラスの皆さんと交流することもなかなか難しく、
ブログだけでも参加させていただこうと思います。

今回は、大江戸よし々先生のバラエティー論

バラエティ見てますかの質問に、マツコ・デラックス好きの私すぐに手を挙げました!
しかし、この見てますかの言葉に、研究してますか?の意が込められていたとは・・・恥ずかしくなりました。

大江戸先生、今期は型ではなく、想(この字でよかった?)で伝えるとのこと。
それぞれの気づきを大切に!
もっと型について言ってほしい、と思う気持ちもあるけれど、言われてしまうとそこで止まってしまう。
もっと自分で感じて、表現しなきゃと思いました。

大江戸先生の「ナレーションには、正解もなければ、間違いもない」という言葉、
ならば、まず自分が面白いと思うものを思い切り表現してみよう!


わたし自身、福岡で深夜の情報バラエティーを担当していて少しは分かっているつもりでした。まだまだ、でした。
外で聞いているディレクターさんやミキサーさんたちが思わず笑ってしまう、そんな表現ができるようになりたい!

福岡からの投稿でした。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

ベーシック宿題(2)「長音」「鼻濁音」「無声化」

syukudai.jpg

「2時間でわかるナレーターの基礎の基礎」でやった「長音」「鼻濁音」「無声化」です。
音楽学校卒業後に思い出すのは、鏡だったか額縁だったか、たしか劇画調の工芸品。つまり「影で大けがをしたピカピカ光る服を着た人」の絵画だと、ある情報通は言う。主人公はつかれきった視線で腰掛け、描きかけの菊を捨てている最中。実は「肉牛と乳牛と水牛の前で、菊切り菊切り三菊切り、あわせて菊切り六菊切り」という意味があるという。今もわたしは、ずっと感動中。

<参考サイト>
母音の無声化
http://blog.goo.ne.jp/kaoriam/e/9925f92865395f33d6787fff1c40c58a

鼻濁音
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BC%BB%E6%BF%81%E9%9F%B3
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

ベーシック宿題(1)母音の口開き

syukudai.jpg
ベーシックコース今週の宿題です。「口を大きく開けしめすること」とが目的です。早く読むことには意味がないのでゆっくり口がばがば開けてください。

【1】下記を読んでください(閉めた口を「縦に開ける」)
『イ・ア・ウ・エ・オ・ア・ウ・ア』

【2】下記を読んでください(閉めた口を「横に開ける」)
『ウ・イ・オ・エ・ウ・イ・ウ・エ』

【3】下記を読んでください。
(母音a)『変わった名だ「中高畑」は。まだ「赤坂サカス」ならわかったが』
(母音i)『人見知りせしヒヒ、緋獅子の父君。しきりに厳しい響きに満ちし道、地理1ミリに右耳ミニ知識』
(母音u)『風雨で潤う夫婦。盗むか揺するか許すか。手術中通ずるか不通か』
(母音e)『冷戦で「似非チェチェン戦線連盟」形成と全伝令へ名経営者が宣伝』
(母音o) 『どこそこの放送局 朗々と模倣するもおそるおそる』
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

ばーちー/定番ヘッドホンMDR-CD900ST、購入のその前に、、、

家電ナレーター、ばーちーです!
スクールバーズも新たな期が始まり、このタイミングでヘッドホンなど購入しようかと思ってらっしゃる方もおられるのでは?
そこでナレーターにオススメの定番ヘッドホン MDR-CD900STについて導入前の小噺をさせて頂きます。
結構長くなったのでお時間ある時にでもお読みください。

MDR-CD900STは多くのMAスタジオでも導入している声業界で活動するプレイヤーにとって定番のヘッドホンです。
ヘッドホンの中でもモニターヘッドホンという分類にあたり、音を原音に近いピュアな状態で再現することを目指して開発されたもの。
このモニターヘッドホンをブレイヤーが使用する利点としては以下の通りです。
1、ピュアな音再現により自分の声や表現を客観視するのに適している。
2、ボイスサンプルやTV等の音声を原音に近い状態で聴くことにより、耳をフラットな判断ができる状態に戻す/保つことが出来る。

以上を踏まえて今回の本題です。
初めてMDR-CD900STを購入する際にありがちなこと。

1、近くの電気店に行ったが取扱ってない!
MDR-CD900STはSONY製ですが、SONYはSONYでもソニーミュージックという会社の製品ですので、よく市販されているSONYのヘッドホンとは取扱店が異なることがあります。なので、SONY取扱店であってもこのMDR-CD900STがない!ということもままあります。
こういった店舗ではメーカーから取り寄せることも基本的には出来ないので、お店に足を運ぶ前に電話で“ソニーミュージックのMDR-CD900STは取り扱いがありますか?”と聞くことをオススメします。
※a SONYグループのヘッドホンのほとんどはMDR〜から始まります。必ずMDR-CD900STと聞いてください。
※b 販売員の方の中にも自店で取扱いが出来ないことを知らない方もおります。(SONYだから大丈夫だろう的な)後日になって「やはりムリ」という結果はお互い時間の浪費なのでぜひ確認を。
※c ネットショップで購入もありです。個人的にはサウンドハウスさんをよく利用します。比較的安価に取り扱いがある印象です。
http://www.soundhouse.co.jp/sp/

2、ヘッドホンだけでは使えない!変換プラグをセットで購入してください。
iPod,iPhone,iPadやウォークマンなどの携帯機器、TVやPC、ラジオなどの家庭用オーディオ機器の多くでこのMDR-CD900STをそのまま使用することが出来ません。それはプラグのサイズが違うからです。
MDR-CD900STのケーブルの先はステレオ標準(単にフォンとも)という直径6.3mmのプラグになっています。写真右端参照。
対して上記オーディオ機器の多くはステレオミニという直径3.5mmのプラグ(写真右から2番目)で接続する必要があります。そこで、MDR-CD900STを上記オーディオ機器で使用するにはプラグを変換する必要があります。
これはとても簡単です。変換プラグというものをヘッドホンのケーブルの先にかぶせてあげればOK!難しい取り付けは一切ありません。
“ステレオ標準(フォン)オス→ステレオミニオスに変換”です。ご自分で分からない場合はお店の方に聞いてください。だいたいの電気店で取り扱いがあります。
※d 参考までにSONY製の変換プラグ(SONY的にはプラグアダプター)PC-233Sです。(写真参照)
ヘッドホンの太いプラグを変換プラグの穴に刺して、短い先端をオーディオ機器に繋ぎます。
メーカーによって100円〜1000円ぐらい。
以上、改稿するたびに長くなる家電小噺、でした。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

オリエンテーションを終えて@茨キヨシロウ

はじめまして。春7期アドバンスに通うことになった、バーズ初心者の茨キヨシロウです。
皆様、どうぞ宜しくお願いします。

今まで読み手(貰い手)だったスクールブログ…今回は初めて書き手(与え手)になってみよう…!と、勇気を出して筆を取ってみます。

先日オリエンテーションがありました。その内容も然ることながら…
アフターバーズでぐりゅんぐりゅんと洗濯機の中で回されたような感覚になりました。

たくさんの刺激的な皆さんとの出会いに感謝です。


終わりの頃、学長とお話させて頂いたとき、ハッと、ウっと、思ったことが。

事務所との付き合い方の話をしていたとき、私は
「どこまで踏み込んでいいのか…バランスが大事なんだと思うんですが…でも無理するのもどうかと思ったり…自然体でいたいなと思ったり…」
そんなことを言ったとき、学長は
「君、スポーツする?」
とひとこと。
「スポーツはさ、どこか負荷をかけなきゃできないじゃない?筋肉を使ってさ。時に筋肉痛にもなる。でも二三日すれば慣れるんだよね。君の『無理しない』とかさ『自然体で』とかはさ、全く負荷をかけない状態のように思うよ。ただそこで、止まってるだけ。それじゃ何も変わらない。動かなきゃ。変わらなきゃ。」
と。

本当に分かりやすかったです…
動かなきゃ、始まらない。
頭で分かってると思っていたのに、会話の中から何気なく出てきた私の言葉には、保守的な根本が含まれていた。
そして「言葉の選び方を考えた方がいいよ」とも。
あぁ…言葉を扱う仕事なのに、これって致命的ではないか…。
自分が思っていることの本質を、突発的なフリートークでうまく言葉に表現できていない、学長はそれもお見通しだったのだと思います…

そのあとも、とある話題で、私は自分の自己受容のなってなさも自分で思い知りました。

何も分かっていない自分を自分に晒すためにここへきたのだから…あがかなくちゃ!もっと自分を知らなくちゃ!もっと世界を知らなくちゃ!

そんな自分という人間のふがいなさがぐるんぐるんに胸渦巻く、初回授業の帰り道でした…

でも、『学長と話をする』ということに『飛び込んだ』ことは、私も今回がんばったことです。

もっともっと、心の筋トレがんばります。

学長はじめ、私に貴重なお話を聞かせてくださった皆様、ありがとうございました。
皆さんの愛に感謝です!


与えられてばかりではいけない…私もひとつ、私なりに動いたときの話を…

私は先秋に、事務所にアピールするために、スタジオバーズでサンプルを録りました。(二度の出産育児を通して仕事が先細り、気がつけば一年仕事がなかったので、このままではいけない!と思ったからです。)

その時山上さんに「このまま動かなかったらまたこの先も一年、同じく仕事がない一年になるよ」と言われてハッとしました。
動かないと、私にはもう一生声の仕事はないのだ…と。

それから、事務所ともっと積極的にコミュニケーションを取れるようになりたい、と思って、私なりに動いてみました。
サンプルを渡しに行ったときは(聞いてもらう時間を頂戴するのだから)手土産を…、渡したあとも、メルアドを知っている方にはご挨拶を送ったり、会える機会があるときには会って挨拶を…
今まで「こんなことしたらウざがられるかな…」と思ってたことを思いきってやってみました。(山上さんと話をしてなかったら、きっとただサンプルを提出して終わりだったと思います。)

すると、以前仕事をくださっていた方が仕事をふってくださったり、有りがたいことに春からは新番の準レギュラーを頂くことができました。
この役は、マネージャーさんが、事務所に提出したバーズで録ったサンプルを制作さんに聞いてもらったことがきっかけで「このサンプルの○○の声で」と決まったそうです。
サンプルを聞いてくださった制作さんに感謝、それを提出してくださったマネージャーさんに感謝、そして、素敵に仕上げてくださったスタジオバーズの山上さんと松本さんに感謝、の出来事でした。

がんばって動いてみると、少しでも世界は動いてくれるのだ(私にとっては大きな一歩でした)…そんなことを実感しました。

でも、結局まだまだ私の自己受容はなっていないのです…(文章始めに戻る…)


これから悩みまくりの半年になると思いますが、たくさんのことを吸収できるよう、あがきたいと思います。

これから宜しくお願いします!

未熟な私の文章を最後まで読んでくださりありがとうございました。

『自信とは、後ろ指を指された数』(←!!)
えいっ!送信!!

茨キヨシロウ。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

本日19時から、春7期オリエンテーション^^


P4109085.jpg
さあ、いよいよ本日19時から「スクールバーズ春7期」がスタート!初回のレッスンは各クラス合同でのオリエンテーションです。毎期バーズのすべてを注ぎ込み、内容を知ってるはずの在校生まで胸打たれる講義の数々です。いっぱい話します^^; 録音okですので録音できるかたはボイスレコーダーご持参くださいね。

さてそんな初回を前に、さきほど全生徒に『スクールバーズでの【基本的な事項】一覧です』というタイトルで、一斉メールを送信しました。手続きなどのまとめです。
メールの受け取り状況の確認の意味もありますので、届いてないかたは、教室で山上に教えてくださいです。
setumeikai.jpeg
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする