2013年01月31日

新年会を終えまして・・・ガンバルジャン

バーズブログに投稿するのは大分久しぶりになります、

春2期アドバンス、現在はCMセミナー受講中の、

ガンバルジャンこと宮島史年です。

先日のバーズ新年会では、大変オイシイ役所をいただきました。
レミゼチーム一丸となって協力し大成功で終えることができ、
私自身あまり面識のない方からもお褒めの言葉を多数いただきました。

本当に嬉しい限りでございます。ありがとうございました。

また、この新年会のために、
過去のメルマガを読めるようにしてくださった、
義村学長、山上さんには本当に感謝しております。

ガンバルジャンとヒッキーのメルマガは、
事実に基づいております。
故にお分かりの方もいるかもわかりませんが、
元々私宮島は、オタク気質の引っ込み思案な人間です。
自分から発信するような事はもちろんしませんでしたし、
着ている服も無地で黒か灰色のみという生活でした。

まぁ、光があたる要素なんか何もなかったのですw

長年そうでしたので自分で気付くわけもなかったところ、学長に

「その性格と服装の君は10年以上売れていないんだから、そのままじゃ売れるわけないって事だよ?」

といった内容のお話をいただき、ショックを受けたのを憶えています。

その後は普段の私を知る方はご存知の通りの服装へ・・・
知らない方は、先程も書きましたが現在CMセミナーに通っていますので、
話しかけてみてください。見た目ほど怖くないはずですw

メルマガに関しても、自分から発信なんてしたことのない自分は、
最初はかなり渋ったのですが、山上さんに

「10年後には、絶対書いてよかったと思うようにするから!」

と、なんとも頼もしい言葉をかけていただきました。
結果、今回のような機会も持て、

「あ〜!あなたがガンバルジャンさんですか!?」

などという風に声もかけていただけるので、
10年もしないうちに「やってよかった!」となりましたw

ただ如何せん、私の原文は恨みつらみが先行しまくりでしたので、
それをおもしろおかしく「文章」にしていただいた山上さんと学長に、
改めて感謝です。

長くなってしまいましたが、
たった5年前からしても、今の自分は全く想像できません。

せっかくバーズに来たのですから、
みなさんも色々提案をして試してみてはいかがでしょうか?
想像もできなかった自分に逢えるかもしれませんよ!?



山上さんの、

「全部間違ってるから」

という言葉が既に聞こえてきそうですが・・・w



この道をいけばどうなるものか
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せばその一歩が道となり その一足が道となる
迷わず行けよ 行けばわかるさ

       アントニオ猪木 ではなく、
          
               一休宗純
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

よのひかり アジエンス新CM


猪鹿蝶狩野さんより花王アジエンス新CMナレーションのお仕事をいただきました。
10年ぶりのリニューアルとのことで、念には念を入れた収録は3回に及びました。
(こういうことは珍しいようです)
全編、葉加瀬太郎さんのドラマティックな曲が流れていますが
私はその曲に引っ張られすぎてしまう…ということで、
オンリーでの収録となりました。
ほんの数行の原稿なのですが、
緊張のせいか息がもたないような感覚になり、とても難しかったです。
初めてのCMナレーション。
貴重な経験をさせていただきました。
狩野さん、本当にありがとうございました!!!
アジエンス新CMは本日よりオンエアされているそうです。
どうぞよろしくおねがいします!






posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

岩下利朗 「バーズ講師見学」

「バーズ講師見学」



水曜ベーシックの岩下です。

昨年末の忘年会の大抽選会で、幸運にも見事にバーズ講師の見学権利をゲットし、今回は大江戸先生の日曜芸人のMAを見学させて頂きました。


バーズに入って現在約四か月。まだ。自分の声をどうするのかとかの段階で、全く何もわからない状態のまま、いきなりMAの現場。大江戸先生とスタジオへと向かうことになりました。


スタジオに入り挨拶を終え、大江戸先生がスタッフさんと雑談をされている間、スタッフの方が私にも原稿を渡してくださいました。


一時間番組で、原稿は9枚。
バーズの授業で行われるレッスン用の原稿は、多く渡されたとしても2〜3枚。その授業で読むときに一杯一杯な自分なのに、それをこの短い時間で全体的に雰囲気を把握し、読まなければいけないのか、と感じている間も、大江戸先生はまだスタッフの方と雑談中。、「いつ原稿読むの?」と感じながらも「せっかくこんな機会を与えてもらったんだから、画像に合わせられるものなら頑張って合わせてみよう」と思い、自分なりに原稿に目を通していました。


「じゃ、お願いしまーす!」
そうこうしているうちに、大江戸先生はブースの中へ。
「あら?テストとか、リハみたいなのないの?大江戸先生、原稿にまだ目を通して無いよね?」と思っていたのだが、「では〇〇〜〇〇まで3ブロックテストでいきましょう。」
「あ、ここでテストなのか」と思っていたところ、3ブロックほどテストで大江戸先生が実際に読まれる。

大江戸先生の声がスピーカーから流れ、そこで気付いたのが、普段練習している自分の声の表現力のなさ。

TVから流れる音よりも、ナレーションの音を大きくしてあるのかわかりませんが、声がとても鮮明に聞こえ、大江戸先生の表現力の大きさに驚きました。


その後、「じゃ、お願いしまーす」と本番へ突入。
「えー!もう本番?」
当日原稿を渡されて、すぐに読むとは聞いていましたが、まさかこんなに間隔が短いとは・・・
驚きと戸惑い。
しかし、その後もどんどん進んでいく。
とても初見とは思えないテンポと表現。TVのオンエアとなんら変わりが無い。
「じゃあ、ここからここまで、一気に5ブロックいってみましょうか?」
速いよ〜(汗)

その後も順調に進み「ちょっと出ちゃいましたね」と大江戸先生。「え、そうだったの?」とそれさえも気づかない情けない自分。


他にも、「ちょっとここ、文言変えますね」とディレクターさん。
「了解しました〜」と大江戸先生。
「ではこの文言でお願いします」と録り直しに入ると次の一発でオッケー。
続いて「あ、この金額のテロップに合わせられますか?」との注文にも「了解です〜」と次であっさりオッケー。
なんでそんなに速く対応できるの〜と驚くばかり・・・


他にも、ディレクターさんが「ちょっと文言合わないんだよな」と言った時にも、大江戸先生から「こんな感じでどうですか?」と提案され、「あ、そうですね。それで行きましょう。ありがとうございます!」と、まさにプロの仕事場という感じで進んでいく。


文章力は大きな力。
映像に合わせる反射神経。
そして、作り手が何を求めていて、どういったナレーションを入れてほしいのか。

これらの力がいかに必要かというのがとてもよくわかりました。


一方の自分はと言えば、タイムと原稿を目で追うのが精いっぱいで、キューランプ今点いた!とか、そんなレベルでした。番組の雰囲気を掴んで、こう読みたいなとか考える余裕が全くありません。
家でのんびりコピーやっているときとは、全然違う。当たり前でしょうけど・・・


もう少し学習や経験を積めば、ミキサーさんの動きやディレクターさんの動きや求めているもの、そんな事などなど、周りを見る目が養われているのかもしれませんが、まだまだ見なきゃいけない部分も見えていない状態なんだと思います。

これから先、あれはこうだったのか!とか、大江戸先生の対応力とか、見えていなかった部分がわかるようになっていけるようにしなければなりません。
とにかく、今の自分は何もかもが足りない!


でも、本当にいい経験をさせて頂きました。今回の見学、将来的に絶対プラスになると思います。というか、プラスにします。
そうじゃないと、何のために貴重な時間を頂いたのかわかりません。

まだ全部を書ききれていないのですが、色んなことを思い出しながら、また日々精進して行こうと思います。


それから、同じく忘年会商品で頂いた5000円は、おそらくボイスサンプルを作るときに使わせて頂くことになると思います。
その時にはまたきっちりブログで報告します!使わないでちゃんと取ってありますよ(笑)


今回、この企画を頂いた学長はじめ大江戸先生、バーズに感謝です。
ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

2013謹賀新年@大窓王

2013nenngaS.png
新年明けましておめでとうございます。
今年はみなさまにとって、実り多い一年となるようお祈りしています。
これからもバーズはみなさんの助けになれるよう精進いたします。
年明けからCMセミナーが始まります。新しい講師による新鮮な感性を受けてみて下さい。
また新年会もお楽しみに。泣かせる予定です…あくまで予定ですが^^
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする