2012年07月31日

8/3(金)☆”演出家・乾雅人氏”特別レッスン☆『年末ゴールデンでかならずキャスティングします!』

今年の夏イベントはバーズのいちばん熱い夏!なんと「筋肉番付」「世界卓球」など、次々と大型番組をヒットさせてきた演出家【乾雅人さん】が緊急参戦!テレビ制作の最前線の感性で2時間丸々直接レッスンに大決定!
さらにーっ!レッスン内容について大窓王と打合せ中、乾氏から飛び出たまさかの発言に我々は耳を疑った!

『年末ゴールデンでやる特番が2本あります。夏イベントでかならずキャスティングします。このことはぜひメルマガに書いてください^^』
事態はまさかまさかの急展開!台風よりも高い最大瞬間風速で風雲急を告げる赤坂の夜!夏イベントは【最前線のキャスティング視点】に決定!

さらに乾さんから伝言です。イベント参加者でボイスサンプル持ってる人は当日会場に持って来るようにとのこと。短い時間、だと判断できない可能性があるので。持ち帰って後日判断の可能性があるからです。

緊張のレッスン風景はユーストリームで完全生中継!離れた地からも乾氏にコメントの花束を届けてください!
http://ustre.am/rx90

---------------------
【募集要項】応募者殺到が予想されるため、参加者は「スクールバーズ経験者」とさせていただきます、大変申し訳ありません。
【日時】8/3(金)19時〜21時
【料金】参加費1000円
【場所】スクールバーズ新葡苑教室(東京都港区赤坂6-19-46-3F)
http://www.schoolbirds.jp/essential/access.html

【申込方法】完全フェースブック申込です。こちらのページ右上の【参加する】ボタンを押してください(*顔写真がないかたは、どなたかわかる写真に差し替えのうえ、お申込みください)
http://www.facebook.com/events/471656466180967/
大まかな人数が知りたいだけですので受付メール等はしません。遅刻・早退・欠席は自由です。問い合わせはこちらのウォールに書いてください。
乾さんへの事前質問も受付中!どしどし書き込みください!
----------
大窓王「チャンスを奪う訳にはいかんっ!来たい人は全員来てもらおう!」…てな訳で当日は立ち見の可能性が激高ですが特に人数制限はしないようにします^^; 希望者がいましたら、バーズ事務所での「ゆったりユーストリーム試聴席」も用意します(当日その場で任意に移動してください、特に申込は必要ありません)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ど頭マックス!

金曜ベーシック、カズオこと千葉一雄です。先日、山上先生のバラエティ講座を受けて、感じたことを書かせていただきます。

お笑い芸人が24時間、納豆を混ぜ続けたらどうなるかというバラエティの原稿を読み上げ、山上先生が○か×をつけていくという内容でした。

1回目、自分の評価はベーシックとしては○、仕事としては×という判定でした。2回目、やったことは、少しだけ声を大きくしただけで、内容は1回目とたいして変わらないものでした。それに対して山上先生からは、2回目だからキャスティングを考えてみようと。1番うまいか、1番下手か、1番腹が立つ読み方か。なんでもいいからディレクターに印象づけなければ意味がない。
声を大きくする、読み方を変えてみるのは家での練習で出来ること。どれがおもしろいかを聞きにくるのがレッスンで、ちょっとづつ声の大きさを上げるだけでは何の意味も無いと。

今までの自分はただ、うまく読みたいという意識ばかりでキャスティングを考えて読むといくことはあまりしてきませんでした。当たり前のことですが、キャスティングされなければ仕事はもらえません。その大前提を考えず、自分とはまだ関係ないと考え、それよりもうまく話せるようになりたいとばかり考えていました。
山上先生がレッスンやアフターバーズでもよくおっしゃっているように、うまい人はたくさんいる。でもうまい人が必ず売れるわけではない。仕事をとるためのレッスンなのに自分にはその意識が希薄過ぎました。

その後、自分なりに変えたつもりでしたが全然変化が起こりませんでした。×を出されるということは、それはディレクターの求めるものではないということ。同じことをやってはいけない。意識しても変えられないようなら体を動かして変えるしかない。それが山上流改善策でした。

山上先生は、サンバを踊る、相撲をする、怒るなど、原稿内容とはまったく関係の無いことをしながら原稿を読むというアプローチの仕方で変化を起こそうとしてくれました。共通しているのは非日常的な事をすることにより、その人が持っている限界を超えたものを引き出そうとすること。
予定調和の表現では胸は打たれない。その人がなんとか搾り出して発した表現こそが胸を打つのだと。

これらのアプローチによって、クラスメイトの表現が1回目とあきらかに変化しているのがわかりました。自分でも全然違っているなというのが実感できました。
常に言われている「ど頭マックス!」自分ではやっているつもりでもなかなか出来ていない。最後のほうに出来た表現を、山上先生の力を借りずに頭から出来るようになる。それが今の課題ではないかと思いました。

また、今回のレッスンは感情的な部分だけでなく、@文章の最後を立てるなら、その前は落とす。最後から逆算して考えるとどう読めばいいかがわかる。A巻いたら、その後はゆっくり話すなど、とめ・はねをしっかり意識する。B文章の終わりの音と出だしの音が同じ高さなら、間をあけても違和感無く聞こえる。という@強弱・A緩急・B高低の技術的な事も学べ、とてもためになりました。

ど頭マックス!とキャスティングの意識を忘れず、残り少ないレッスンを頑張ります!

最後にオリンピック期間ということで、自分が印象に残っている名言を。
「勝負は強い者が勝つのではなくて、勝った者が強いんだ」
元々はサッカーの西ドイツ代表、フランツ・ベッケンバウアーが言った名言ですが、自分には長野オリンピック、スピードスケート日本代表の堀井学選手が言った、この言葉がとても印象に残っています。それまで金メダル最有力候補として挙げられていたのに、新たに導入されたスラップスケートの取り組みが遅れたため、長野オリンピックでは惨敗。
潔く自分の負けを受け入れ、涙を浮かべながら発したこの言葉が胸に響きました。
「うまい人はたくさんいる。でもうまい人が必ず売れるわけではない。」この言葉を初めて聞いたときにこの場面が頭に浮かんだのを覚えています。
どこか似ていると思いませんか。

カズオ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドバンス聴講

春2期生のサイキと申します土曜日に、アドバンスの授業『キャスティングのシュミレーション』の聴講に行ってきました。

ナレーター役とP役に分かれて、オーディションを想定しPの要求する読みに答えていく、果たして誰がキャスティングされるのか?また、上層部からの秘密の指令によりキャスティングが変化するのか、最終的に選ばれるのは誰なのか?・・・という内容でした。

今期の生徒さん達が、多様な表現でPの要求に答え、更に予想以上のプレイをする方々の姿を見ていると、考えすぎて縮こまって、頭ガチガチの自分に気づかされました。

また、秘密の指令によってキャスティングが変えられる場合もあれば変わらない場合もある、その違いは何なのか?人が思いつかないような表現を提供できれば、無名の新人でも隙間に入り込む事ができる。では、自分にできる突飛な表現とは何なのか?についても考えさせられました。

バーズ卒業後に営業へ行くと、小さな『?』が沢山生まれてきました
土日に制作会社のチャイムを鳴らしたら誰も居なかった、、、映像制作関係者の方に出会ったら、即名刺交換&ボイスサンプルを渡してしまう、、。
その度に、バーズのイベント等で先生や先輩方から話を聞き、ひとつずつ改善していく日々でした、受講中に営業に行っていれば、毎週質問が出来たのに。。。と、今更言っても始まりませんね、

義村校長曰く
『闇雲にサンプルを配った後にアドバンスに来ると、色々と分かるんだよね。』
『君たちの前に舗装された道はない、けもの道しかありません。』
アドバンス受講中も同じことを言われていたはずなのにピンときませんでした、が、今はずっしりと心に染みます。。。
けもの道しかないのに、石橋を叩いて渡るような事してたらちっとも前に進めませんね、まずは自分にできることに、怖がらずに挑戦します!

義村校長、アドバンスの皆様、沢山刺激をいただけました、どうもありがとうございました!!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

山上先生のバラエティレッスン

春6期金曜ベーシックのそらです。金曜日、山上先生のバラエティレッスンでした。
私は前期ネクストに通い、山上先生のレッスンで×しかもらえず、山上先生のレッスンを沢山受けたくて今期ベーシックに通っています。

大切なことは書いてある文字を読むことではなく、その内容(魂)を伝えること、全力で。自分の力以上の全力で!じゃないと伝わらないから!!!
自分のマックスを更に超えるために体を使ってみること、踊ってみること、モノマネをやってみること、怒ってみること、山上先生は様々な方法で「自分のマックスを超えること」を教えて下さいました。

アフターバーズで同じクラスの人に「そらさんって、もう羞恥心とかってないの?」と聞かれました。それは「羞恥心を取っ払った突き抜けた表現が出来ている」と思って頂いているんだとありがたく思ったけど、私はここまで来るのに随分時間がかかっています。(笑)
前期、数回のネクストのレッスンでは理解できず、オプションを受け、ベーシックでのレッスンを受けて、沢山×をもらって、やっと理解できるようになったことです。
金曜日2時間のレッスン中にどんどん変わっていく金Bの皆の方がよっぽど吸収力があると思いました。

それが表に現れていたかどうかわからないけど、ずっと悩んでいた部分でした。

今でも完璧に出来ているなんてちっとも思わないけど、私の中では全くできなかったところから少しずつ〇が出るようになってきたという感覚です。軽々やっているように見えるのかもしれないけど、ともすれば×に戻ってしまいそうで毎回必死です。でも全力で伝えるってそういうことなのかなとも思います。

私達が自分を超えて全力で伝えることができるよう、一人一人に全力で、そして短時間で理解できない私を見捨てることなく根気よく教えて下さる山上先生、本当にありがとうございます。

私個人のことではないのだけど、このレッスンでKくんが先生から褒められたのが、自分のことのように嬉しかったです!!!
Kくんは自分の弱点を気にしてどの原稿を読むときも読みに自信がないように感じられていたのだけど、山上先生のレッスンでは(そんなことを気にしている余裕もなく)力一杯自分を出すことに専念していて、なりふり構わず出したそれを先生に褒められて、あたしの中ではもうスタンディングオベーションでした!

色々な偶然が重なってこのタイミングでこのメンバーで同じクラスに通うことになった金B皆さん、残り少ないけど今後とも共に頑張っていきまっしょ〜い!!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

提案する素晴らしさ

春6期アドバンスの藤本隆行です。

先日、山上さんによるディレクション論の授業を受けました。
プロデューサー役、ディレクター役、プレイヤー役にわかれてロールプレイングを行い、それぞれの心情を分析するという、まさにプロ仕様の授業でした。

そこでプレイヤーが陥りやすい落とし穴について学んだんですが、まさに目から鱗でした。いや・・・目から鱗というよりもいままでの私のプレイの仕方は間違っていたんだと気付きました。

私は今まで、ディレクターやプロデューサーを勝手に神格化し、言われたディレクションに対して忠実に再現しなくてはいけないんだと思い込んでいました。

でもそれは間違っていた。「要求に応えようとしちゃダメ。自分の提案をして一発目に出す」という山上さんの言葉にハッと目が覚めました。

そうなんだよなぁ。自分は作品を一緒に作っている一員なんだから、提案をするのは良い事であって、悪い事では決してないんだよなぁ。

いままでは「こんなこと言ったら生意気に思われちゃうかも」とか「あまり的の外れた表現はやめておこう」とか色んな事を考えていた自分がいました。でもそれって、自分の提案をしないただの喋るロボットですよね。これでは番組を一緒に作っているとはいえない。そしていつまで経っても振り切ったプレイができないと感じました。

これからの仕事は一発目にまず提案をしてプレイすることにします。過去の過ちは、未来への糧にします。
気付かせて頂き、感謝。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

3年後に

卒業生のわいわいです。
先日TVCMのお仕事をしてきたので、そのことを少し書きたいと思います。(詳細はまだ書けないのですが・・)

突然知らない番号からお電話があって、「お久しぶりで〜す!」と言うのですが、どなた??と思ったら「フリーになりました!で、さっそくなのですが、TVCMのナレーションの候補に出したいのですが・・」とのこと。
なかなか思い出せなかったのですが、3年ほど前に訪ねた制作会社にいらした方でした。一度しかお会いしていないはずだし、・・何より名刺やボイスサンプルが残っていたなんて驚きでした。

まず、どんな感じを希望しているのかを聞いて、今までスタジオバーズで収録したたくさんのサンプルの中からイメージに合いそうなのをピックアップして送ってみました。聞き返してみると音楽がとても素敵だし、決まってしまうかもと思ったら本当に決まってしまいました。

いつも素敵なサンプルを作ってくれる山上さんに本当に感謝です♪♪ 楽しく収録してきました。
「2年後3年後に依頼があることもある」とバーズの先生方から何度か聞いたことがありましたが、本当にあるのですね。 
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教務連絡「7/27(金)のベーシックは新葡苑1Fです」

ベーシック金の方へ
今週の授業は新葡苑1階で行います。

狩野 貴子
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

自己分析してみた

o0800060012094391267.jpg
こんにちは。そして初めましての皆さんは初めまして。卒業生の池谷広大です。
同い年のナレーターメンバーで構成しているグループのブログにアップした内容を、
義村学長の命により、こちらのスクールバーズの方にも転載致します。本当にあくまでも
私的見解であり、異論反論あると思いすが、お時間ございましたらご覧下さい。

私たちナレーターにとってとても大切なナレーション原稿、これをナレ原と読んでいます。
先日、ヒルナンデスのナレーター・四本木典子さんと「原稿にどれぐらい書き込むか」
という話になったのです。全く書き込まない人もいるのですが、私も四本木もかなり
書き込むタイプなのです。

決してこれはどちらが良い悪いという訳ではなく、タイプ別に分かれると思います。
もっと細かく言えばどんなペンを使うかも人それぞれです。四本木は赤いボールペン、
私は普通のシャーペンです。ただ、書き込むといっても読んでいる時はさらっと
認識する程度なので、むしろ書き込むことで頭に入れてるんだよねというところで意見が一致しました。

じゃあ実際どうなのか、私のナレ原で自己分析してみたいと思います。あくまでも一例としてご覧下さいね。
添付した写真をご覧下さい。フェルナンデスくん7月12日放送分の原稿です。

@は、タイムコードを書き込んでますね。このタイムまでに読み終えるという印を、
さらっと認識でもわかるように書き込んでます。

Aは、特に大事なワードに対する印。数字や固有名詞は絶対間違えてはいけませんので。
あと、強調したい言葉のときにも丸や波線を引きますね。

Bは、このコーナーの収録は一連ノンストップのテスト本番(テストなしの1発本番)なので、
ページまたぎの時もよくあるので、次がスグ来るよ!の意味で書いてます。

Cは、ちょっと自分でも特殊な書き方だなぁと再発見しました(笑)
日本語を読む際、書き手が何気なく入れた読点「、」で間を入れてしまいがちになるのですが、
決して「、」で間を入れる必要がないこともあるのです。
改行の場合も同様に間を置いてしまうことがあるので、「ここは間を入れずにそのまま読みなさい」
という意味で書き込んでます。
(原稿チェックの際に勝手に「微調整をする職人技」とひとつづきで言いたかったのです。)

もちろんこういうことにとらわれて表現が小さくなるのは嫌ですが、どうしても大事なことぐらいは
守らないといけないですから。で、それをふまえた上で「思いっきり」やりたいですからね。

きっとやって行く上で、それぞれがやりやすい自分なりの書き方や、書かなくてもいい!
というのが見えてくるはずです。ただ、書き込みすぎるのも良くないのかなぁ?
ま、そんなにしっかり書き込む時間なんてありませんけどね。
(原稿はだいたいが収録の直前にいただきますので)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小坂先生、滑舌OPのお誘い

金曜ベーシック、カズオこと千葉一雄です。

先日、投稿させていただいたのですが、まだ人数が集まっていないので再度投稿させていただきます。


小坂先生に滑舌OPをお願いさせていただきました。
人数が集まり、参加される方の予定を集約して、小坂先生にその日が可能かをお伺いして、開催。この流れで進めさせていただきたいと思います。

来月中で考えています。参加していただける方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。その際、8月で都合が悪い日もお知らせ下さい。

どうぞよろしくお願い致します。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

初めてのサンプル

今日は寒いくらいですね。
こんばんはー土曜ベーシックの桑原です。

先日、スタジオバーズでボイスサンプル収録してきました。

なんというか、予想通りというか、
自分が思っていた、自分のダメなところを総力総動員した仕上がりになりました。
分かってるのに、実際に形にしないと理解できないなんて。
山上さんの編集中何度も『死にたい!』と半泣き。
まさに素人ここに極まれり。国破れて山河あり。(?)


収録後、これからの遠い道のりへの不安と恐怖に怯みながらも、
まずは腹ごしらえからだ!!ということで女一人幸楽苑に入店、極旨醤油ラーメンのCセット(半チャーハン、餃子付き)を注文。

完食したところで女としてだいぶ終わっていることに気付きました。
麺は少なめにしたよ、とかそう言うことじゃないよね、って。


さて、
今回初めての収録だったのですが、とにかく勉強不足な私に、もっとコピーたくさんした方がいいよ。と山上さん。

コピーするっていうのはその人の足跡を辿ること。
その人が何を見て、何を選択したかを辿る。
こういう風にしたくないから、この声なんだな。とか。
ちゃんと自分が同じものを見れているかが重要。
だそうなんですが、まだ私はそこにも辿り着けず、ぼんやりとしか理解できない…

わからないうちはとにかくコピーしてなさい。
ということなので。とにかくテレビをたくさん見て、勉強します。

あと、『オンエアの想像ができているか』。
ここで画面が切り替わって、CGが入って、とか、想像できてたら読みが変わるはずなのに、まぁ、変化に乏しい。
私、レッスンの時も想像が出来ないまま読んでしまうことが多いです…

これは、私の最近のテーマ『自分らしさを探る』ことにも繋がるのですが…
これは省略します。

とにかくテレビいっぱい見なきゃ!もっと上手い人の読みをたくさん聞かなきゃ!
という、
ようやくスタート地点に立った。というところでしょうか。
4月からとにかく、色々やらなきゃ!とあたふたするだけだった自分に、思いっきり氷水ぶちまけた気分です。
イタイイタイ!氷痛い!!

有益な情報がなくてすみません。
上手な文章の書き方も勉強しますね。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

CMセミナー鈴木省吾先生

こんにちは。金曜ネクスト夏川です。私の季節がやってきました☆
それはさておき、念願の平日開催でやっと通える事になったCMセミナー、二週連続鈴木省吾さんのレッスンでした♪

私の初めの課題【あなたと 百まで サントリー烏龍茶】皆さんなら、どう読みたくなりますか??いやぁ、深いです。。

ここからは省吾さん語録
「今、そこで生まれる自然なテンポや間」
「間を空けるなら、次の言葉に空けた意味があるように」
「予定調和じゃない危なっかしさ、ヤジロベエの要素」
「どう読もうかじゃない、どう読みたくなるか」
「自分がしたイメージにとらわれない」
「心と体で思って声に出す」
「常に自分の感覚に敏感になっておかないといけない」
「イメージしようがしまいが、自分がその気にさえなって表現出来ればいい」

そう、高低強弱緩急は、やろうと思うのではなく、自然と生まれるもの と言う事。

自分の感覚を研ぎ澄ます為に、様々な事にアンテナを張り、感性を磨きたいと思います!省吾さん、ありがとうございます!!今後もよろしくお願いします!!
※省吾さんが素敵な理由の1つは…どうやら毎朝手作りフレッシュジュース(バナナ、キウイ、牛乳etc.を飲んでいるからみたいです(*^.^*)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滑舌の練習方法

春6期B金の神戸です。突然ですが、このブログをご覧になったバーズに関わる全てのみなさんにお聞きしたいことがあります。

お疲れさまです、神戸です。みなさんに滑舌のことでお聞きしたいので投稿しました。みなさんは普段どういった滑舌の練習をしているのでしょうか?
ご存じ?の通り、僕は人一倍滑舌が悪く、声の仕事がしたいと思っているなかで致命的な状態だと思います。以前はただ舌が回らないから滑舌が悪いと思っていましたが、バーズに通いはじめ、滑舌は舌の動きだけでなく、表情筋や唇の筋肉、昨日の授業ではリズム感問題も指摘していただきいろいろな要素が組合わさってできるものだと知りました。
金曜ベーシックのみなさんは、既に喋りの仕事をされている方やバーズの先輩、他の養成所の経験がある方など、一般の方と比べると、あきらかに滑舌が良いと思います。
そこで前述した通り、みなさんは普段どんな滑舌練習をしているのか気になりましたので投稿しました。継続的に体に覚えさせるものから即効性のあるものまでいろいろあると思います。
もしよろしければよろしくお願いします。長々と読みにくい文面で失礼しました。m(__)m


長々した読みにくい文面ですが、読んでいただけたでしょうか?上記は1週間ほど前に、自分の滑舌のあまりの悪さにストレスを感じ、すがる思いでfacebookのクラスのページに僕が投稿した文です。
正直、もう呆れられてかもしれないし、教えてくれるかな?と不安だったのですが、そんな僕のネガティブな思考とは裏腹に、そして僕が想像していた以上に現在の僕に合った練習方法、みんなが普段している練習、励ましの言葉等々をたくさん教えてていただきました。また、投稿はできなかったけど、と次の授業終了後に話しかけてもらい、 いろいろな言葉をかけていただくことができたなど、金Bのみなさんの優しさが本当に嬉しかったです。

長くなりましたが、ここからがこのブログを読んでいるみなさんにお聞きしたいことです。
@みなさんは普段どんな滑舌練習をしていますか?
Aみなさんは仕事でプレッシャーや緊張を感じた時、どのように克服しますか?また、どのようにメンタルのコントロールを行いますか?

です。

@は僕がもっと知りたいと思っていることと、同じように滑舌で悩む方に、この場をお借りして情報のシェアができればなと思い書いたことです。
Aは金Bのクラスの同ページで、滑舌の話しからどんどん派生していき、他のクラスやOBの方はこれに関してどうしているのだろうと、みんなで疑問になった話題のことです。
もしよろしければ、ブログのコメント欄やfacebookのコメント欄に投稿していただけると嬉しいです。

ちなみにクラスのページで金Bの方から僕に提案していただいた練習方法をかなり簡潔にまとめると、顔面のストレッチ法、音ごとの舌や口の形の確認、コピーの提案、文を目で読んでから言葉に出すまでの意識の改革等々でした。

なんでこんな見知らぬやつにそんなこと教えなアカンねん、ずうずうしいねん!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…(笑) 僕と同じように滑舌で悩む方と、主に僕のためにできましたら、よろしくお願いいたします。長々と雑文で失礼しました。m(__)m
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

アフターバーズはプレミアバーズ

連投失礼致します。
金曜N 初子です。
そして、CMセミナー終了後、リラックスした中で聞く、先生のレッスン生に伝えたい「想い」は、次のレッスンの励みになります。
で、アフターバーズは何がお得かって、目の前にテレビから流れてくる声、ご本人がいらっしゃる訳です。私のグダグダな質問にも気さくに真摯に答えてくれるんです!あ〜自分はこんな人になりたい。。
私がアフターバーズに積極的に参加するのにはもう一つ理由があります。
マネージャーの武信さんと話す機会が持てるからです。
キャスティングを提案するマネージャーの視点を少しでも多く理解したいのです。
「これはアドバンス聴けばわかるけど」的な展開になりますが…(T-T)あぁアドバンス聴きたい…

武信さん、山上さん、遅くまでお付き合い頂き有り難うございました。

そして、省吾先生、義村学長、皆さん、私の「もう終電ありません」発言からの朝までバーズ…有り難うございました。A´□`;)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CMセミナー鈴木省吾先生

金曜N 初子です。

CMセミナーも3回を終えました。

CMの短い言葉に乗せる、「自分」。
作るのではない、自分の中で生まれたものを吐き出す。沈黙も活きた間になる。
先生はそれを「出ちゃった」と言います。
これが中々難しいし、勇気がいります。
ただ、他の人のプレイを観察していると、それぞれ個性が出て、その方がグイっと来るんです。

巧い下手ではなく、そのひと言にどれだけのドラマを込められるか。
CMって奥深いですね〜。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

2012年秋6期(10月〜3月)のクラス編制発表です

秋6期(10月〜3月)は、アドバンス&”実技平日クラス”が「水曜」になります。
・ベーシックコース 水曜19時〜21時/土曜13時〜15時(曜日振替可能)
・ネクストコース 水曜19時〜21時/土曜15時30分〜17時30分(曜日振替可能)
・アドバンスコース 水曜19時〜20時30分
8FH82U83N838983X95D290A7.jpeg
詳細はスクールバーズHPでご確認ください。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

計ブリへの道☆

アドバンスの高木えりかです!スタジオバーズにて、ボイスサンプル録ってきました♪
サンプル録る前に、電車の遅延で駅からダッシュしたり、山上さんが活けた綺麗なお花を触ったら折ってしまったり……そんなハプニングがありましたが!

自分の「今」がわかるボイスサンプル!出来ました☆課題がモリモリ浮き上がってきました!
まずは、基本的な問題で「基礎力が弱い」こと!芯のある声がでてない!
そして、「シャープさ」がない&できないこと!
さらに、「単なる思いつき」で終わっていること!

そしてそして!!!!今回の一番の問題!
「テイクを重ねるたびにダメになっていく!」
どーーん!(=∀=;)

山上さんは分析してくれました。「たぶん高木は、クリエイター気質なんじゃないか」…と。そして「収録は一発目が良くないと。思いつきはいい。アナウンサー系は、こういう読み出来ない。(発想がない。)」などなど、フォローが優しかったです!
「思いつきの域を越え、クオリティーをあげ、普通にしゃべる(ストレート)ようになること!!」これを目指します☆そのためにTVをみて知っていきます!

…と、ここまでは読みの問題。もうひとつ問題があるのです!問題というか、意識してなかったこと。
収録の時、自分の名前とちょこっとフリートーク的に山上さんとおしゃべりしたのですが…「昭和のアイドルみたいだね。ぶりっ子だよね。しかも損なぶりっ子…損ブリだよね。」

……(@△@;)!!!!

読みは、自分で録音して聴きなれてると思うのですが、普段のしゃべりって…あんま聴く機会ないですよね??
私、普段こんな感じなんだ…と、ちょっと…焦りました。ぶりっ子と言われて、ピンとこなかったのですが、しゃべり方…うん、なんか……うん…と思ったのです。今まで、ちょっと不快を感じてた方…すみませんでした。
ぶりっ子とは、悪意があっての成立するぶりっ子で、それがないナチュラルぶりっ子はイタイという。そうです。私、イタイ人だったみたいです!(;△;)

そして結論!
「損ブリ(損なぶりっ子)から計ブリ(計画的なぶりっ子)に!」
まぁ、話し方をもっと意識してぶりっ子な感じを出さないようにして、ちょいちょい計ブリを入れていこうということです!!読み以外にも課題(?)を見つけてくれた山上さんに感謝です!!!ボイスサンプル、本当にありがとうございました!

☆高木えりか☆
posted by 投稿!@スクールバーズ at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボイスサンプルでデトックス!?

ボイスサンプル、録ってきました。出来はどうあれ、今の自分をスッキリ出し切った、実にデトックスな収録となりました。良い意味でも悪い意味でも、どこまでも等身大なナレーション。不器用で野暮ったい普段の自分自身がちゃんと存在していました。
ブランク期間、病気もなかなか回復せず、再びナレーションを学ぶことなど、もう二度と訪れないと諦め切っていた頃を思うと、今、こうして再びバーズで学べていることに感謝!!そして、今の自分の立ち位置を確認し、方向性を見極めるためにも、ボイスサンプル収録を経験できたことが大変嬉しいです。
恥ずかしながら、一人ブースに入って読む、という体験自体に勝手に興奮してしまい、終始舞い上がってしまっていた私。いざマイクに向かうと、いかに日常の積み重ねが大切であるかを痛いほど思い知らされました。日常があって、初めて本番での反射神経や瞬発力が培われるのだと。

サンプルを聴いてわけもなく高揚する私に、「ここから、また新たに何かを学ぶ気持ちがあるんだったら、一週間位おいて、心をまっさらな状態にして改めて聴いてみるといいよ。客観的にみえてくるものがあるから。」と、山上先生からのアドヴァイス。新しいスタートを切るために、枕元でしっかり寝かしつけておきます!瞬時に判断し、丁寧に丁寧に調整を重ね、サンプルを完成させてくださった山上先生、アシスタントを務めてくださった松本さん、本当にありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

悶絶サンプル収録

「撃沈したんだってー!?」と聞かれるたび「マスター、飲ませてよ…」みたいな気分になりました土Bなかざわです。こんにちは。撃沈カウンセリングを経て、ボイスサンプルを収録して参りました。あわわ。

テーマは「THE 素材」なCM集。水のようにすーっと馴染むサンプルを目指すことに。(今、君それしかできないし。うぶな素材しかないし。by 山上先生)
初回は通常、自分の位置確認を目的に、色々な原稿&プレイヤーコピーにチャレンジしたごちゃ混ぜサンプルを作るのが勉強になるそうです。私がそうじゃない原稿になったのには理由があり、それが山上先生を悩ませた要素の一つだったわけですが、(長くなるので割愛!)とにかく、ボイスサンプルは目的ごとに作るものなんだということを知りました。アドバンスの授業を覗き見した気分。

収録当日、会うなり山上先生がニヤリ。
山上先生「さて、あのブログで誰かに何かを与えることが出来たかな?」
なかざわ「(はっ!ブログを書くこと自体が与え手への道でもあるのね!?) と…とりあえず恐怖を与えることには成功しました。」
山上先生「ダメじゃん!!」
やらかしたみたいです。よくやらかします。

こんな調子で、緊張で部屋の中をうろついていると「座りなさい…!」とプチ叱られ、ソファでコーヒーをいただきリラックス。「自分以上でも以下でもない、“今” が録れるだけだから!全力出せなかったな〜って思っても、それが君の “今” だから!」とブースへ送り出してもらいました。この言葉がすごく効きました。
そっかそっか、想像通りに出来なくてもそれが今の自分ですものね。お陰さまでウルトラリラックスのままさらっと終了。ブース、落ち着きます。
収録して気付いたことは、自分がいいと思う読みと、人が聞いていいと思う読みは違うということ。自分では気持ち悪いな〜と思うところがよかったりする。この感覚の差を埋めるのは時間がかかりそうです…

ブースから出ると、山上先生がオラオラ言いながら作業中。自分のプレイを大音量で聞いていると悶絶せずにはいられません。
山上先生は曲を変えタイミングを変え、私の拙さを全力でカバー。そのスピードたるや凄まじく、プロの仕事に感動しつつもやっぱり悶絶。
そんな私を横目に突然部屋の中をスキップとかし始めるので、この人悪魔なのかな、と思ったりもしましたが、あれはたぶん場を盛り上げようというお気遣いだったんだと思います。たぶん…

ダメ出し&アドバイスをいただきつつ、オラオラとお化粧してもらったサンプル。「ちゃんと営業するんだよ!」と手渡していただいた時は、とにかく嬉しかったです。拙くても形になったことに単純に喜びを感じました。山上先生、ありがとうございました。

そして、聴いてくださった皆さん、ありがとうございました!色々とご意見をいただき、課題が増々はっきりしました。録って聴かせて意見をもらって上手くなるそうです。録ったけど皆に聴かせるのはちょっと…と躊躇っている方、もったいないです!聴いてもらうことで、なんといいますか…心境がかなり変わりました。
勇気を出して動いたことによって、得るものがたくさんありました。やるべきことも見えました。
カウンセリングから収録までの3週間、落ち込んだりもしたけれど、私はすこぶる元気です!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

ボイスサンプル Part3

金曜日ネクストの目黒です。ボイスサンプル、収録しました!

今回は、練習の為、全て自分に向けて作ると決めたボイスサンプル。カウンセリングの末に決定した課題は、苦手・嫌いなものをやる!羞恥心を取る!
全く視野に入っていなかった選択肢ばかり。収録までの二週間、ゼロ、むしろマイナスからのスタートでした。

無関心だったジャンルに取り組んでみて初めて、聴けば聴くほどそのプレイヤーのすごさを実感。自分との果てしない距離に途方に暮れました。悶々と考え考え、また後退しそうになりながらも思いなおしました。
違う、自分で振り切るんだと。

そして臨んだ収録、ど頭MAX魂をこめて出し切る

山上先生には、今回も厚く厚くお化粧をして頂きました。みるみる変わるビフォーアフターに感激。みなさんもそれぞれブログに書かれている通り、サンプルの仕上げだけでなく、本当にたくさんのエネルギーを頂いてます。いつもいつも、感謝の一言です。有難うございました。

CMセミナー後、そして金曜授業後、サンプルを聴いて頂きました。
松田先生の表現のベクトルについてのお話がストンと腑に落ちました。小坂先生のことばにものすごく励まされました。お時間頂いたみなさま、本当に有難うございました。

先日プライベートで友達に聴いてもらったら「仕事でちょっとへこんでたんだけど、今の聴いたら何か元気になったよ」と、一言。
ああ、そうか。そうだ。こちらこそ、ありがとう。

ここからまたスタートします。本当に本当に、ありがとうございました!!
目黒 泉
posted by 投稿!@スクールバーズ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小坂先生、滑舌OPのお誘い

金曜ベーシック、カズオこと千葉一雄です。

小坂先生に滑舌OPをお願いさせていただきました。
人数が集まり、参加される方の予定を集約して、小坂先生にその日が可能かをお伺いして、開催。この流れで進めさせていただきたいと思います。

来月中で考えています。参加していただける方はご連絡下さい。その際、8月で都合が悪い日もお知らせ下さい。

どうぞよろしくお願い致します。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする