2012年05月26日

かわいい道入門

こんばんわプリティビッグバンです。
なぜだか子供の頃から「カワイイ」「女性らしい」と思われることに非常に嫌で、がさつに雑に振舞っていたらソレがどうも過分に定着し現在に至ります。

当然読みでは「女性らしい繊細さがない」「スキがほしい」というご指摘をよくいただきます。
知ってたけど、わかってるけど、ここをかわして、別の得意を見つけて伸ばして、なんとか進んでゆけないものか・・・と往生際悪く考えていました。
しかし松田先生の「男性ナレーターでかっこよくない人がいる?女性も同様にかわいいがないとナレーターにはなれないよ」
ああ・・・!

自分の中でひっかかっていることは、自分の表現の幅を広げてゆくにあたり、おそらく無視してはいけない、あるいは無視するのはもったいない課題なのですね。
そして、逸見さんに私のスタジオ練習の同録を聞いていただきました
「かわいい系が苦手って言いつつ、原稿のセレクトがかわいい系ばっかだよ」
oh・・・!
自分でやりたい、できると思い選んだ原稿です。
やりたいなら向き合うべきだし、「かわいい」がイヤなら原稿セレクトが間違っています。
いえ、原稿セレクトは間違いなく間違っていました。

「かわいい」ってそもそもなんでしょう。
あらゆるジャンルにいろんな「かわいい」は存在していて、おそらく私の中にもなんらかの形であるのだと思います。
そいつを、違和感も含めて抱き込むか、はたまた自分にとって無理のないかわいいを見つけるか。なんとかコントロールして表現に加えてゆきたいです。
色々考えてみたものの、今のところ胃の位置が下がる感じがするばかりです。

ひとまず、逸見さんからいただいたアドバイス「ピンクの部屋着を着ることからはじめるべし」
明日買ってきます!

逸見さん、松田先生ありがとうございました!
Love&Pretty.
posted by 投稿!@スクールバーズ at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

確かな一歩

土曜日ベーシック
出羽晋介です。


先週は畠山先生のレッスンでした。

発声にコンプレックスのある僕には楽しみなレッスンでもありました。


今まで外部で受けたことのレッスンでは…
「こもった声だね」「それ何とかしたいね」「君のこも…(以下略)」

明快な答えは見つからずに、
闇雲に前もわからず進むばかり…。


そんな僕に、
今回のレッスンは刺激的なものになりました!

「とりあえず、こんな感じで声を出してみて?」
畠山先生に言われるまま、
とりあえず声を出してみる僕…

「あーえーいーおー…!?」
出してみてびっくり!
確かに今までに無かった感覚…!

このコンプレックスは一生ついて回るんだろうと思ってただけに、その衝撃は大きかった訳で…!


闇雲に進んでた道に光が当たった瞬間でした。

改善するまでの道のりは長そうですけど、明るくなった道を一歩ずつ進んで行こうと思います。

ありがとうございました!!


ん〜!ボイトレも受けてみたいっ!

ベーシック(土)
出羽晋介
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボイストレーニング

春6期土B 高田紗妃です!

本日、畠山先生のボイストレーニングを受けて来ました!

裏声と地声の違いや自分の音域、声の出し方をピアノを使ってとても分かりやすく教えて頂きました!

先週のレッスンの様に先生に腰を固定してもらっての発声はいつもより声量上がり、息も続くように・・!

「今まで自分が出してた声は一体・・?」と衝撃を受けてしまいました!

バーズに入ってから本当に驚きの連続です!
そして今までいかに自分が楽をしていたかが明らかになって凹みます(苦笑)

課題は恐ろしいほど山積みですが、
まずは今日教えて頂いた事、感覚を忘れない様に練習していきたいです!

畠山先生、ありがとうございました(>_<)!!



実はまだまだ書き足りないのですが(笑)
上手くまとまらなくなってしまったので、この辺りで。。

また投稿させて頂きたいと思います!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

滑舌オプションパート1のお誘いです。

 お早う御座います。土曜ネクストの向山智成と申します。
 小坂先生に滑舌のオプションレッスンを御願いしたく、メンバーを募集させてください。
 小坂先生曰く、来月あたりにパート2をやる予定だが、それにはパート1を経てから、とのことでした。パート2ご希望の方は是非。
 日時は皆さんの日程を伺った後に決めますのであしからず。ご希望の方は、NGの日時をお書き添えください。とりあえず、今日から二週間で考えております。
 
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

土曜ネクストの皆様へ

土曜ネクストの皆様、あおい洋一郎です。

前回のレッスンでは突然のドタキャンとなってしまい大変失礼致しました。また急遽代役を引き受けて下さった山ちゃん、助かりました。ありがとうございました!

そこで今週の土曜日、5月26日のレッスンは、私が担当することになりました。よろしくお願いします!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【業務連絡】ベーシックの皆さんへ

【ベーシック】の皆さんへ

今週はアナウンス理論のレッスンをやります。

原稿のどの単語を強調して読むべきか、解析を行う予定です。
今まで

・長文で読みにくい
・たてる場所がよく分からない

など、疑問を持った原稿があれば、ぜひ持ってきて下さい。
(バーズ以外の原稿でもかまいません)

時間の限り、解説したいと思っています。
原稿たくさん待ってます!

松田 佑貴
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

ベーシック宿題「声の方向をコントロールする」

ベーシックコース宿題は【声の方向をコントロールする】です。山上レッスンで練習した内容の「復習系宿題」となります。

【やりたいこと】
声には「洗い物してる時に背中越しに話す」のように方向性をつけることができます。これを応用して「マイクにだけむかって(範囲も狭く)」声を集中することで、より楽をしてナレーションできます。水鉄砲は穴が小さいほど勢いが強い理屈です。
「テレビ台から視聴者までの距離感」を意識してみてください。

方向性がうまく自覚できてない例は
・店員さっmによくある”らっしゃいませ〜”のように声が拡散して、声は大きいのに、目の前にいる人に届いてない感じ
・おどおど話す時など、声が相手に届く前に地面に堕ちちゃって、目の前にいる人に届いかない感じ。です

【宿題内容】
(1)正面をむいたまま、自分の「右」側の人に対して声をかけます。次に「左」側の人へ。方向性がついてない人は声に変化がでません。
(2)1がokであれば、「裏声バージョン」と「地声バージョン」、さらに「途中まで裏声、途中から地声」でやってみてくださいね。


【練習方法】
a )声の方向性がうまくいかない人はまずは「うまくいってるときを実感」してみましょう。寝起きに背中越しに誰かに話しかけるでも、仕事しながら(顔を動かさず)隣の人に喋りかけるでも、なんでもokです。
b)aで実感したことを、実際に人をおいたり、家具に向かって話したり、してみましょう。距離も変化をつけていきましょう。

では松田先生、チェックよろしくお願いします。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

とにかくやってみよう!

金曜ネクスト天瀬まゆです。

大江戸よし々先生の初めてのレッスン。
「正解不正解はないのでとにかくやってみよう!」という先生のアドバイスのあとのクラスメイトのプレイは、
4月から数回聴いてる中でいちばんはじけていたように感じました。本当にたくさんの気付きがあったのですが、特に印象に残ったのは、
■「ブレイクスルー」を意識しよう!
『売れるための17カ条』の中に技術に関するものは3つ。それ以外の要素をどうやって得ていくのか。その方法のひとつになるかもしれないものが「ブレイクスルー」。ナレーターと関係ないことでもOK。
なにか問題に直面したとき、自分のキャパではどうしようもないと思ったとき、自分がいま使ってる知識・言葉・価値観、自分の中でおさまらないものと直面しときに、何も考えずつっこんでいくこと。
興味のあるものにはどんどん手を出すこと。そうすることで自分の幅が広がるよ。やってみて違ったらもうしなければいいんだし、やってみてしっくりくればまたすればいい。やるということが大切で、やるかやらないか、その差は大きい。

大江戸先生のトーク、面白くてたくさん笑いました。リラックスできるように空気を作って下さっていたんだと思います。個人的にはスッと心が軽くなるお言葉もいただけて挑戦したいことも増えました。ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

一発本番の気持ちで

山上さんの「化粧変えたね?」の一言に感動した土Nいっち〜です。

いや、私が言われたわけではないですが。

少しの変化もしっかり見ていることに『ドキッ』ではなく『ギクッ』としました。自
分は少しでも変化しているのか…とね。

それも踏まえ…

先日の大江戸レッスンで再確認したことを決意の意味を込めて書いてしまおうと思い
ます。

原稿をいただいての一発目、「持っているものを出し切る気持ちで」読んだのです。
なのに大江戸先生には結果的にがっかりされてしまいました。なぜって、全然出し
切っていなかったから。まぁそうなのです。出し切る気持ちになった『つもり』だっ
たのですよね。

つもりはだめだよねってかなり初期のころから偉そうに言っているくせに。全然進歩
ねぇよ…。

あのボイスサンプルで山上さんに引き出してもらった私の持ち技(になるかもしれな
い)ビブラート読み。どこかに入れてやろうと思いながら、結局普通読み…。く
そぅ、次こそは。

でもね、次なんてないんです。一発目に出来なかったらがっかりされて終了。やるぞ
と思いながらなぜ出来なかった?やらなかった?どんなに後悔しても時間は戻りませ
ん。すごく悔しいですがそんなことを言っていても仕方がないのでもう一度確認しま
す。

一発目が本番です!

私が今回書いたことすべて当たり前のことなんですよ。そして簡単なことなんです。
でも私はそんな簡単なことでもすぐ忘れてしまう…。書き込んでみんなに宣言してし
まえばあとはヤルしかなくなるので、こんなところで決意表明のようなことをさせて
いただきました。大江戸先生、次回リベンジです!

あ、あと、私のサンプルについての投稿を読んでサンプル録ることに決めましたって
言ってくださった方が居て。どんな些細なことでも誰かの何かのきっかけになったら
いいなぁと、書き込み増やしていきたいと思います。

いろいろ頑張るぞっ!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジョンのない恐怖

お疲れ様です。春6期アドバンスの藤本隆行です。

先日、ボイスサンプル論の授業を受けました。
そこでビジョンについての話が出たんですが、正直とても耳が痛かったです。

私は昨年まで事務所に所属していたんですが、自分のビジョンというものがまるでなかったんです。
ただ事務所から貰った仕事を淡々とこなしていく。
それだけで12年間生きてきたんです。

12年間、自分は何をやっていたんだろう。
ビジョンがなければ泣かず飛ばずになるのは当たり前。
ようやくその事に気がつきました。

今月バーズでボイスサンプルを録ります。
自分のビジョンを探る為のボイスサンプル作りです。

ボイスサンプルを作る事によって、初めてスタート位置に立てるような気がします。

色々刺激のあるバーズ。
事務所にいた頃よりも、色々と考える事が増え、日々充実してきたと思います。
「自分の思考がバーズによってカスタマイズされていくのが快感に思えるのは、きっと自分の中身がスカスカだったからなのかも」と感じる今日この頃です。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

ボイスサンプルの報告

金曜ベーシック、『本物の千葉』こと千葉一雄です。


先日初のボイスサンプル収録、そしてアフターバーズで批評をいただいたのでご報告させていただきます。


全くのゼロから始めるので、まずは現状把握と課題を見つける事を目的に収録に挑みました。
事前に決めた原稿を本番当日まで自分なりの読み方やプランを考えて練習してきましたが、本番ではなかなかうまくいきませんでした。


バラエティの原稿。自分なりにテンションをあげ、振り切れてるかなと思っていたものが全然駄目。山上先生から「全然バラエティっぽくない」と言われてしまい、再度録り直し。自分では出し切っていたつもりでしたがどこかで照れや恥じらいが残っていたみたいです。出来上がったものに対して「これがバラエティでの最低限のテンションだよ」と言われびっくり!
その後も滑舌の甘さや語尾の上げ下げ、立てる部分の指摘をうけ、そこに気をつけて再度録り直し。注意されたところに気をとられていると別の部分が甘くなり、結局最後まで自分の描いていたものは出来ませんでした。


それでもなんとか山上先生が噂のマジックを駆使してサンプルを完成させてくれたので少しは聞けるようになったかな?と。
山上先生はずっと「いやぁいいな〜・・・この音楽」とずっとつぶやきながら作業されてました(声については一切触れず(笑))


感想はとても楽しかった!色々な事を指摘され、マンツーマンレッスンを受けているようでかなり勉強になりました。もちろん何も出来なかったことに対して悔しい気持ちはあるけれど、今の自分がそのまんま出ており、受けとめるしかない。そこからどう成長出来るかかが重要なわけで、今のレベルがわかり、課題が見つかったのはとても良かったです。


アフターバーズでの山上先生、大江戸先生、小坂先生をはじめ皆さんからのご意見はとても参考になりました。自分が考えてなかったような意見もあり目から鱗が落ちました。聞いてもらって本当に良かったなと思いました。
ボイスサンプルは収録する事も勉強になりますが、収録したものを聞いてもらい、意見をもらうことも勉強になると思いました。


録ろうか迷われている方は早めに録る事をお勧めします!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それで良いんだ、それが良いんだ。

金曜ネクスト めぐろです。


初めての大江戸先生のレッスンでした。


原稿の読み方として、思いっきり引き算する事で、逆に立たせる事が出来る。

そして、時として引く事はかなりの覚悟が居る事。

今日のレッスンでは技術的な事もたくさん教えて頂きましたが、この「覚悟」という言葉のチョイスを聞いて、
第一線でプレイしている先生もどれだけの覚悟で選んでいるのかという感覚が伝わりました。


その中でもいろいろと考える事が出来た一言、

「やるかやらないか選ばなければ何もない。やったら得るものしかない」


例えば、誰かを好きになってしまった気持ちをどうするか?

告白してみてYESならラッキー、NOでもそれが学びになる。

確かに。

ナレーションの現場で何か自分の提案を試してみる。
OKならそれで良いし、ダメって言われたらやりなおす。そして次を考える。

確かに。



そっか、自分で勝手に決めてたから抜けられなかったんだ。


だれがダメって言うのか、例えばだれかにそう言われたとしても、
その一言の為に自分の時間を縛る事はないし、ダメならダメで事実だけ受け止めて先に進む事の方が大切だと思います。

今、やりたいのか、やりたくないのか。

たとえば、やりたくない・やらない方を選んだとしてもそれがすべてを否定するわけでもないのに。


緊張はします。迷いもします。身動きが取れなくなる時もあります。何にも思い浮かばない時もあります。


でも、それも自分だし、あ〜自分、ダメだったなあと笑って思い返したい。
その時はそれでよかったじゃんと思えるような未来にして行きたいと思います。


ナレーションに正解はない、言ってしまえばすべて正解。



最後に、

「僕は毎回言う事が変わります!!なぜなら自分も変化している最中だから」

人は進化するんだ。そして自分も、と気がついた今日の大江戸先生のレッスンでした。


バーズでは、それで良いんだ、それが良いんだとたくさんの先生が角度を変えて教えてくださいます。



今日もありがとうございました!


金Nめぐろ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

早い時期にこそ

金曜ベーシックの生澤です。

先日、初めてのボイスサンプル収録をしてきました。
まとまりのない文章ですが、そのときの感想を投稿させていただきます。


まず録り終えて真っ先に思ったことは
「ひと声でここまでなにもかもが曝け出されてしまうものなのか」ということでした。

自分の思い通りにできているもの
自分ではやっているつもりなのにできていないもの
無意識・無自覚のうちにやってしまっているものや癖
単純に現時点で能力が足りていないもの

などなど他にもいろいろ、自分だけでもわかる部分から指摘されるまでまったく気づけなかったところまで
テスト後に受けたダメの数々はさながら声のCTスキャン・精密検査を受けたかのようでした。

そして本番はそれを自分なりに踏まえつつ、そもそもテストでは声が出ていなかったので
もっと出し(本番は逆にリキんでしまいましたが……)、とにかく必死に無我夢中でやりました。
この無我夢中やら必死さやらのせいで当初考えていた構成なんかはどこかに
吹っ飛んでいってしまいましたが、いまの自分・現段階での自分というものについては
素直に出すことができたのではないかと思います。

その後はもちろん、山上さんの手によりミキシングの作業が行われ(体験した方はわかるかと思いますが
本当に魔法でもかけたかのように見違えて感動します)、どうにかこうにか
人前に出せる……いえ、なんとか出せそうなものへと仕上げていただきました。
課題は山積みですが、初めて自分の声が形になったということで、やはりその喜びは大きったです。


今回、サンプルを作成することで「いま」の自分というものがよくわかった気がします。

想像以上にできていない自分を認め、克服し、成長していくのは生半なことではないですが
スクール始まって間もないこの時期に自分の立ち位置を知ることができたのは
今後の大きな指針になったと思います。
次回サンプルを録るときには、今より少しでもよくなっているよう精進していきたいです。



ということで最後に……

ボイスサンプル作成について迷ってる方、強く強くオススメします。
ちょっとでもどうしようか考えてる人は今すぐにでも!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

ベーシック宿題(2)長音

syukudai.jpg

「2時間でわかるナレーターの基礎の基礎」でやった「長音」「鼻濁音」「無声化」です。

【「長音」と「母音無声化」と「鼻濁音」】
音楽学校卒業後に思い出すのは、鏡だったか額縁だったか、たしか劇画調の工芸品。つまり「影で大けがをしたピカピカ光る服を着た人」の絵画だと、ある情報通は言う。主人公はつかれきった視線で腰掛け、描きかけの菊を捨てている最中。実は「肉牛と乳牛と水牛の前で、菊切り菊切り三菊切り、あわせて菊切り六菊切り」という意味があるという。今もわたしは、ずっと感動中。

<参考サイト>
母音の無声化
http://blog.goo.ne.jp/kaoriam/e/9925f92865395f33d6787fff1c40c58a
鼻濁音
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BC%BB%E6%BF%81%E9%9F%B3
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

山上先生の基礎の基礎と発声レッスンを受けて。

6期春、金Bのそらです。

先日噂の、そして私にとって念願の山上先生のレッスンを受けてとても感激したので
それを自分に染み込ませるためにも改めて文字にしたいと思います。

畠山先生や小坂先生も「山上先生のレッスンは素晴らしい」とおっしゃっていたこともあり
ずっと受けたいと楽しみにしていたレッスンでした。

前期ネクストからバーズに入り、山上先生には1行も読まないうちに「ダメ!ダメ!」と言われ続けて
何で何がどうダメなのか教えてくれないんだろう?と思っていました。
それは言葉で教えていただいていたのに私が理解できていなかっただけなんだ!ってこともわかりました。

最初寝転んだ状態では自分が思った以上に緊張して喋っているんだなということがわかりました。
皆で山上先生が編集されたショットを踊った後も少ししか緊張がほぐれていなかったので
ブースでリラックスするのって相当難しいなぁと感じました。

「エイサーワッショイ」
相当辛かったです!(笑)筋肉痛の主な原因はコレだと思われます。(笑)
が、出来ない私が悪い。
どんなイメージで声を出すかの説明がとてもわかりやすかったです。

「天城越え」
自分がやっているときは夢中過ぎて本当に手探りな感じでした。
ただ、人がやっているのを聞いて、山上先生が「キミのはこうだよ。そうじゃなくてこう!」と
その人の声の出し方と正しい例をやって比べて聞かせてくれるのがめちゃくちゃわかりやすかったです!

先週、山上先生の基礎の基礎で伺ったギターとオンサの関係と天城越えがリンクした瞬間でした。
自分をギターに見立て、どの音で出せば自分のボディの中で一番響いた音が出ているのか探って出すと
そんなことを考えて出したことがなかったので、
「私の地声ってコレなんだあああ!!!」と新しい世界に入ったようでした!

レッスンの後、これも噂通り全身筋肉痛になって「あぁこういうことか〜」と笑ってしまいましたが
今まで先生に言われていた指摘(わからなかったこと)が、体で理解出来て嬉しくてなりません!
日々筋肉痛が和らいでいくのが寂しいくらいです。

山上先生、先生も汗だくになって全身全力で教えて下さって本当にありがとうございます。
理解できたこと、希望する声を出せたことがとてもとても嬉しいです。
教えて頂いて出せた地声を基に、邁進したいと思います。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする