2011年10月31日

映像セミナー

初投稿です。冨田裕美子こと、トミーでございます。よろしくお願いします!
只今、土曜ネクストに通い、先週から始まった映像セミナーにも通い始めました。ナレーション経験が全く無いので、少しでも現場の空気になれ、とにかく経験を積みたい、そしてたまたま、時間も今回は空いているということで、セミナーも通うことにしました。

まず人見知りの私は、レッスンメンバーにど緊張!数々のお仕事をこなしてきているプロの方も何人かいらっしゃる!こんな中、ど下手な私大丈夫かー?なんてことも、ちょこっと思いますが、正直こんな良い環境は無いです。
ちょー上手い人たちのナレーションを、なんパターンも生で聞けるんです。
テレビでナレーションを聞いてても、まだ漠然としか上手いなーとしか思えない私。

でもこのレッスンでは、この人のこういう所がどのように良い、とか、こういう内容だから、今回そのキャラは合っていないけど、そのキャラ自体は良いとか言っていただけるので、今後、テレビで聞くときどういうところに着目して聞いてみると良いかが分かりました。

とても、分かりやすいレッスンでした。ダメだしも、気持ちいいくらい、端的。ズバッーっとでも、とてつもなく明るいので前向きに進みます。そんな初回の田子先生のレッスンでした。
とっても刺激を受けました。今後が楽しみです。

いっぱい吸収してやるぞ!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:39| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベーシックの宿題(3)滑舌「カ・サ・タ」

syukudai.jpg
ベーシック今週の宿題です。つっかえちゃう人はあわてずに「つっかえないこと」からはじめてくださいね。
【カ行】
・菊切り菊切り三菊切り。菊切り菊切り三菊切り。あわせて菊切り六菊切り。
・東京特許許可局と、農商務省特許局と、日本銀行国庫局。
・北朝鮮の貨客船万景峰号の旅客100名。

【サ行】
・書写山の社僧正、公序良俗のため繻子緋繻子繻子朱珍入手し、収集中。
・新進シャンソン歌手、ジャズ歌手、に総出演新春シャンソンショー。
・高速増殖炉もんじゅの手術室摘出手術施術中。骨粗鬆症訴訟は勝訴。

【タ行】
・私が竹たてかけたのはこの高塀に竹たてかけたかったから竹たてかけたのだ。
・お茶立ちょ茶立ちょ、ちゃちゃっと茶立ちょ、お茶ちゃっと脚立になら立てかけられた。


posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:22| Comment(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

わかった!!!山上先生レッスン^^!!

春4期から、ベーシック=ネクスト=アドバンスと学びました。今期、土曜ベーシックのフジコです!

残り半期を「ベーシック」で学ぶべきか、「ネクスト」で学ぶべきか、散々悩み……。「よし!初心に戻ってベーシックで学んでみよう!!」と決心しました!
そして…その決断は、大正解でした!!

今までベーシックからアドバンスまで学んできて、咀嚼できなかった頭の中の理論が点と線で結ばれていくのを肌で感じることが出来たのです!あらためて基礎を見つめ直す大切さも痛感しました!!

久しぶりに受ける山上先生のレッスンもバージョンアップしていました!すごいです〜!!
最初のレッスンは…「奇跡ゲッターブットバ−ス」を一人一人読まされ、発声と話法に細かく点数がつけられてゆきました。クラスメートの読みを、一人一人聞いていました。

と……「ストーン」と何かが心に落ちました。「うん、今までとは違う!!山上先生が皆にアドバイスしている内容が、すごく良くわかる!理解できる!」ということに気がついたのです!

その中の一つに…皆さんほとんどが、前職、現職と何かしら声を出すお仕事に就かれていますが、それぞれの職種(アナウンサー系・イベントMC系・声優系・劇団系 etc)で声の出し方、話し方、語尾の終わり方などが思っていた以上に、すごく特徴がある!ということに改めて気がついたのです。

それをふまえたうえで山上先生は、「TVナレーターが求められている読み方やスピード・・そして声の出し方」に変えてゆく為、的確なアドバイスをしていかれます。

各々が就いていた職種の読みのクセや発声にまず、自分自身が気がつきTVナレーターとの読みの違いに早く気がつくことが、とても大切だと思います。その為に、プロの目でよくTVを観て、聞いて自分の読みを客観的に捉えることも大切だと思います。

どの先生もおっしゃるように、TVナレーションのコピーは必須です。どんなにコピーしても、その方の個性はなくなりません。(ご安心を *^^*)

義村校長先生がいつもおっしゃるように…バーズのベースは「プロを目指す為に自立したプレイヤーへ!」です。TVナレーターに特化しています。大勢いるTVナレーターの中にいかに入りこんでいくか、自分の特徴ある読みを探し出し、いかにトッププロの中に割り込んでいくか…その為には…自分を売り込んでいく戦術、戦略はどうしたらいいのか?

そういうことを自分で考えてゆける自立したTVナレーターになってほしいからこそ…山上先生をはじめ、トッププロの諸先生方は時に厳しく、時に優しく、レッスンをはじめ、アフターバーズで惜しみなく的確なアドバイスを言ってくださっていたんだなぁ〜。と…ベーシックレッスンを受けながら、あらためてしみじみ感じていました。

時には、挫けて泣きたくなる時もありますが…そんな時には「今、私の実力はこの位だ。受け入れよう!」と素直に認めて自己受容する
そして、また新たな気持ちで、1歩1歩前進してゆく。(これはあくまで、私の場合ですが ^^;)
自分と向き合うということは、本当に勇気のいることです。それも、一番情けない自分と向き合うことがほとんどですから…。

でも、将来のビジョンは大きく持って、ナレーター界のエベレスト山に……1歩1歩登るのも有り、飛び越えて行くのも有り、飛行機で一飛びも有りで頑張っていきましょう〜^^!!

木・土ベーシックのみなさま、半年間どうぞよろしくお願い致します 。^^。 
最後まで、読んでくださりありがとうございます。感謝いたします☆!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 19:12| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

狩野マネージャーによるアドバンス「営業論#1」

さてベーシックコースが「ワッショイ&天城越え」でオプションレッスンまで多数始動した秋5期。
同じ頃、バーズ事務所1Fでは狩野マネージャーによる営業論#1が行われています。
PA214356.jpg
今回は「顧客は誰か」のテーマのもと、経験者にはより深く、未経験者にはわかりやすく、番組に携わる人々の分析。しょっぱなから課題もたくさん^^ この日から一同、汗を流してマーケティング用のデータ収集にとりかかります。
実はこのデータ収集、一足先に卒業していった先輩たちも自主的に集まって、毎期続けている”苦行”です。一度やればその価値がわかるまさに「プロ」の仕事なのです。
マーケティングに近道なし!がんばれ皆さん!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:04| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベーシックの宿題(2)「長音」「鼻濁音」「無声化」

syukudai.jpg

【「長音」と「母音無声化」と「鼻濁音」】
音楽学校卒業後に思い出すのは、鏡だったか額縁だったか、たしか劇画調の工芸品。つまり「影で大けがをしたピカピカ光る服を着た人」の絵画だと、ある情報通は言う。主人公はつかれきった視線で腰掛け、描きかけの菊を捨てている最中。実は「肉牛と乳牛と水牛の前で、菊切り菊切り三菊切り、あわせて菊切り六菊切り」という意味があるという。今もわたしは、ずっと感動中。

<参考サイト>
母音の無声化
http://blog.goo.ne.jp/kaoriam/e/9925f92865395f33d6787fff1c40c58a
鼻濁音
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BC%BB%E6%BF%81%E9%9F%B3
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:57| Comment(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベーシックすごく新鮮!

今期土Bのなごや君です。
今回のベーシックは愛ダダもれレッスンでした!

いままでネクスト→アドバンスと受けてきましたが,まだ数回ですがベーシックでも色々気づかせていただきました。

まずレッスンでの,発声について。
発声というか口の開きというか,その音の最大限の大きさの口の開きでそしてMAの時の声のトーンで発声をすること。
特に口の大きさはそこまで最大限大きな口の開きをしなくても喋っていて音としては伝えられます。
が!!売れっ子に勝つには,+αの「何か」が必要です。
特に僕の場合は助詞。赤坂サカスの「ス」なんて普通に出せばものすごい「うー!」の口をしなくても音として出てます。
でもそれをもっと説得力を持たせるには,自分に足りない引き出しだと感じました。

そしてその声をどこに向かって出しているのかを確認すること。例えば,前を向きながら後ろや右・左へなど。
特に誰・どこ(M1層?いやいやF2?)に聴かせたいのか?
どうすれば視聴者(受け手)に伝わるのか?
どう表現して伝えたいのか?→どんな表現したいの?→どんなナレーションをしたい?→どんなナレーターになりたい?
そして視聴者はどんなふうに伝わり受けとる(解釈する)のか?

め〜〜っちゃ全部大事それーって!!わかってた「つもり」が改めて感じちゃいました(笑)

それからそれから最大の収穫はアフターバーズで。
それは,土B初参加でしたのでバーズの皆さんとお話をしながら,自分の経験に基づいてこうしたほうがいいよと色んな方々に伝えておりました。
すると,伝えている自分でも言っているその内容がすごく再認識できるのです!
それだけではなく,人に与えることでその分自分自身も俯瞰で捉えられ,今まで頭では分かっていたことが「ずんっ」と腹に落ち,自分で自分に与えることができたのです。
それには正直自分でびっくりしました(笑)


「人に与えることでその分自分に返ってくる。」
ホントに情けは人の為ならずです!
皆さーん今後もお願いしますね♪
posted by 投稿!@スクールバーズ at 10:45| Comment(1) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

【締切まであと3日】映像プロセミナー募集中です

DSCF2431.JPG
【現場の息吹を完全再現】少人数で、プロに必要な現場力を身につけることに特化したセミナーです。常設スタジオのブースに入り、初見の映像で、タイムコード、SEとテロップに合わせながらナレーションをあわせていく。収録したプレイバックを聴きながら、テクニック伝授がはじまります。

在校生&卒業生(入所期限2年を過ぎたかた)ともに「入所金なし」で参加できます。
基本的にネクスト以上の生徒を対象としていますが、教育効果の高さからベーシック生も参加できるようになりました(ベーシック生のみ審査が必要です)。

【期間】10/27(木)〜2/2(木)まで全10回。
【クラス】木曜19時〜21時の1クラス(10〜18人程度を予定)
【費用】\157,500円
【講師】田子千尋/松田佑貴/山上智/【!新参加!】大江戸よし々
【申し込み】info@schoolbirds.jpにメールで応募、または、
フェースブックの「イベント(http://www.facebook.com/event.php?eid=292520707442977)」ページ右上に表示される<参加する>ボタンを押してください。スクールからメールで振込先案内等を返信します

<映像プロセミナーの感想記事>
映像『プロ』セミナー 体験☆
http://schoolbirdsblog.seesaa.net/article/149288940.html
初仕事
http://schoolbirdsblog.seesaa.net/article/230533298.html
衝撃!ありえな〜い!
http://schoolbirdsblog.seesaa.net/article/151629994.html
映像プロセミナーを受けて@まゆりん
http://schoolbirdsblog.seesaa.net/article/158562619.html
DSCF2431.JPG
皆さんの応募を心待ちにして、講師陣たちは早くもレッスン作りに燃えています(^_^;)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:03| Comment(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

初めてのアフターバーズ♪

秋5期・土曜ベーシックのあさぴんと申します。「エイサー・ワッショイ」効果で、今日は気持ちいいくらいの筋肉痛です(笑)
さて、昨晩、私は初めてアフターバーズに参加しました。前回・前々回のレッスン(とオリエン)後に予定を入れてたアタシのバカ。こんな素敵な時間を2度も逃してたなんて。

バーズに初めて触れた9月の説明会の時にも感じたのですが、「真摯さってこういうことかも」とアフターバーズで改めて思いました。

過去を振り返ると、
養成所(偉い側・与える側)→生徒(従う・貰う側)
みたいな関係性で、学んできたことが多々ありました。もちろん、礼儀は絶対に必要ですが、必要以上にへりくだったり、下手に出たり、遠慮したり。そして生徒だけで集まって愚痴ってみたり…。恥ずかしの悪循環です。

バーズで感じた真摯さとは、「皆が真っ直ぐだ」ということ。人に対して、とても真っ直ぐ向き合っていると感じられること。そして私も真摯でありたいと改めて思いました。ぎゃ〜、何か臭いです隊長!(誰?)

そんなアフターバーズの帰り道、赤坂駅までの道を山上さんと並んで歩きました。
「何を求めてバーズに来たの?」山上さんは問いました。
「刺激…です」私は答えました。バーズには恥をかきに来ました。けなされに来たといっても過言ではありません。『まぁ大体は出来てるよ〜はい次〜』で終わる半年なら、この業界を諦めざるを得ないくらい打ちのめされる半年の方がいい…。16時から23時までビールを飲み続けていた私は、酒の力で、本心半分・かっこつけ半分な台詞を吐いていました。

そんな台詞を山上さんは笑いもせず、「今日のレッスン、刺激は足りた?」そう問うのです。「はい」とは即答できませんでした。宿題発表の時、何故同じ指摘をされる人がこんなにもいるのだろう…他の人のプレイには注目してないのかな?ということとか、「丹田分かんない人は〜?」と立候補待ちの時、「大体分かるんだけどやってみたい、けど他の人優先すべき?」みたいな優柔不断な自分のこととか。
もやもやしていたら、山上さんは言いました。「自分が与え手になることだよ」

“与え手”。オリエンのラスト辺りで出てきた何かチョーカッコイイ言葉。このブログの過去記事でも何度も出てきたあの言葉。何となく“プロとしての心意気”みたいなイメージで、言葉の意味までちゃんと考えてなかった事にその時気付きました。

レッスンの中で、レッスン生が与え手になるということ。

それってどういうことだろう。誰かの質問によって、自分では分かってなかったことに気づいてもいなかったことに
対する答えがもらえた時とか、誰かの予想外の大胆なプレイによって、講師の方の予想外のコメントが聞けたりした時とか、例え間違ったベクトルのプレイだとしても、「そうじゃなくて…」という講師の方のダメ出しが引き出せれば儲けもんというか…。

ウガーッ! まとまらない!つまり、刺激が欲しけりゃ自分で作れ! 発信しろ! 提案しろ! 連鎖させろ!ってことですか?! 山上さん!!……。
すみません。取り乱しました。

そんなわけで、初めてのアフターバーズ。楽しかったです。まだバーズのレッスンに2回しか通ってない若輩者が偉そうなことを申しました。異論反論その他お待ちしていま〜す。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:36| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

「バーズに行く!」の必要

秋5期、アドバンスと土曜ベーシックのまゆっちょです。


バーズを知ったのはナレーターの事務所をネットで探していたときのこと。
ふとそのページを開き、ちょうど開催間近だった説明会に参加させていただきました。

説明会で聴いた、売れるための17カ条。

説明会後に一気に読んだ、バーズ関係のブログや掲示板やメルマガ。

それらには自分と重なることばかりが書いてありました。
言葉に出来ない気持をまるで誰かが代弁しているようなシンクロ率の高さで、です。

だったらなぜ、説明会参加後すぐにバーズに通うことができなかったのか。
それは、自分と向き合うことが怖かったからだと思います。

それでも定期的に届くバーズからのメルマガから思わず考えさせられるテーマをいただいたり考え方のヒントをいただいたりしていました。

気付けば説明会に参加してから2年。なにも状況は変わってなくて…。
変わらない状況をなんとかしたい。そのためには怖くても痛くても自分と向き合うことが必要。
そう決めたとき、とても自然な形でバーズの扉をたたいていました。


さっそく山上さんの初回のレッスンで、声の出し方・響きについてご指摘いただきました。
「キミのはこんな感じなんだ」と山上さんはクラスメイトのしゃべりを真似て実演してくれます。
私のしゃべりはこんな風に聴こえてるんだと、違和感を感じました。
録音した声は聴いてる方だと思うのですが、いままでずっとこのしゃべりだったので、この声が自分の声だと思い込んでいたのかもしれません。

お世話になった方がよく「気付くことが大切」とおっしゃっていました。「気付けば変わることができる」と。

ここには「プロのナレーターになる」という大きな意味で同じ目標をもつ仲間がいます。
バーズに関わる皆さんの行動力や熱に刺激を受けています。


そんな風にバーズでの日々が始まりました。
さっそく、小さいですけど変化がありました(^^)

今は怖いというより楽しみの方が勝っています。

きっとめちゃくちゃ落ち込んだり悩んだりもするだろうけど、半年後が楽しみです。
最初の気持ちを忘れないように書き込みました。
半年後、この記事を目をそらさずに読むことができるように毎日を過ごします!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 10:32| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

アドバンス・乾さんの白熱授業を受けて

こんにちは。
今期アドバンスに通っているいそです。
早くも第2回目の授業日となってしまいましたが(汗)、遅ればせながら、第1回目の乾さんの授業の感想を書かせて頂きます。

私は、まだナレーションの仕事の実績もなく、営業も出来ていません。そんな私にとって、乾さんのお話はすべて目の覚める内容で、ナレーターとして血となり肉となるお話ばかりでしたが、中でも強く印象に残ったのは「ナレーターとは、最後の最後に番組を商品としてキレイにお化粧してくれる人」という言葉。

バーズに通い始めて一年半、ナレーションとは何かという事をずっと考えてきましたが、改めてその役割の重要さを痛感しました。
面白く仕上がった番組が最後に自分が施したお化粧によって、商品としてより魅力的になったり、逆に台無しになったりする。

だからこそ、ナレーターはディレクターがどんなお化粧を求めているかを瞬時に理解し、それに応じてとびきり可愛く、とびきり美人に、時にはとびきり滑稽に、ディレクターが理想としている以上のお化粧をしてあげることが必要なんだなと思いました。

そして、もう一つ衝撃を受けたのは、「もし、ナレーションで台無しになったと思った番組が視聴率が良かった場合、そのナレーターをまた使おうと思いますか?」という質問にきっぱり「ない!もしそれで視聴率が19%だったとしたら、あのナレーターでな
ければ20%いったのに、と思う」とおっしゃったこと。

必要なのは、あくまでも番組に「足し算」ができるナレーター!

結果論ではなく、その場でスタッフを納得させられるかが全て。
新人だから、とか、現場に慣れていないから、などという言い訳は通用しない。一回一回が一発真剣勝負の世界。その時に最高のパフォーマンスができなければ、次のチャンスはないんですよね。

そして、もしディレクターさんが自分のように経験のない新人を抜擢して使ってくださったのに、そこできちんと結果が出せなかったとしたら、自分に次のチャンスがないばかりか、次に同じような新人を起用する機会までつぶしてしまうことにもなりかねない。

いつでも自分が最高のパフォーマンスができる準備をしておく、そのことがいかに大切かを再認識しました。

アドバンスに進むにあたり、この半年のうちにちゃんと営業できるボイスサンプルを録り、営業をし、バーズを卒業するまでにナレーターとして自分の足で歩いて行けるようになろう!と強く決意したのですが、最初の授業で乾さんにガツンと喝を入れていただき、さらに気持ちが引き締まりました。

乾さん、貴重な、そして刺激いっぱいのお話をありがとうございました。

そして、乾さんの特別講義を企画してくださった大窓王、ありがとうございました。

いそ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:53| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発声×アフター×「シェー」

PA204335.JPG
昨日のアフターバーズの様子。ベーシックコースの「発声特化レッスン」で、さんざん寝っ転がって、運動して、大声出したあとのビールは毎期最高においしいですね^^ アフターバーズではちょっとした補講状態。山ちゃん思わず「シェー」みたいになっとります。一体なにを話してるのでしょうか。

さて「バーズの基礎・初手の三部作」は「1時間でわかるナレーションの基礎の基礎」「”ワッショイ”&”天城越え”」と続きまして、来週はいよいよ本丸の『ドゥーン!』にすすみます。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:12| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイサー!!ワッショイ!!

本日のレッスン後、膝どころかカラダの節々がわらっている木曜Bクラスのめぐろです。
よろしくお願いします。

日常バタバタと駆け回っているつもりですが、目的をもって体を動かすときの筋肉はまた違う・・ハードでした!でも逆に気持ちよかった!!

身体を追い込んだら、筋力も思考も働かず、力もいい具合に入らず・・・(まだまだですが)

頭であーだこーだ考えることも必要だとは思いますが、がむしゃらにまずはやってみる!わからないけど、わからないからやってみる!!

今の自分にはまだそれしか出来ないなあと思います。

自分の発声にはずっともどかしさを感じていて、でも抜け出せなくて、どうしたらいいのか本を読んでボイストレーニングに通って試してみましたが、まだまだ、方法はある!と思ったレッスンでした。ありがとうございます!

ここで一つ、決めました。

来週までの一週間、毎日30分ずつでも、『エイサー!!ワッショイ!!』と、『あまぎーごーえー』をひたすらやってみます!!(大声なので、カラオケかどこかで、一人だと物足りないので、今日のレッスンの録音を流しながらみんなでやっている雰囲気の中で(^.^;)

来週、何かひとつでも変化があるように、とにかくやってみようと思います!

それでは、めぐろに変化があってもなくても、また来週、よろしくお願いいたします〜!

一つ一つ、時間をかけても変えていきたいと思います。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:51| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

最後の半年

春4期B →N →A→そして今期木Bで学び始めた 柿喰ケケ子です(^-^)/

乾さんの特別授業の感想は Facebookのノートに書き込ませて頂いたので、ここでは そのFacebookを通して少しずつ進展している自分なりの営業と、残り半年になった今の思いを投稿させて頂きます。

日頃はラジオ番組や式典・セミナーの司会が中心のケケ子。最近現場で特に感じるのは、帰り際に「Facebookやってますか?」という話題になるということです。今まで単発の仕事の場合「またいつか御一緒しましょう!」のいつかは来ないことがほとんどでしたが、Facebookを活用すると 帰り際からが本当のスタートになるのです!

先日お越し頂いたゲストとFacebookで友達になったところ、
メッセージのやり取りから 何とその方が出演なさる報道番組の関係者を紹介して頂けることになりました(^-^)v

今年の夏、こんなこともありました。とあるCM撮影の仕事でスタジオ入りしたところ、初対面のディレクターさんが「田子さんのお友達ですよね?Facebookで田子さんの友人にあなたの顔があったので…」
驚きました!和気藹々と撮影がはかどったことは言うまでもありません。「私達もFacebookで友達になりましょうね!」と言って頂き、後日ボイスサンプルも渡しに行くことができたのです(^.^)
丁度アドバンスの宿題で 営業ストーリーを発表しなければならない時で 、助かったの何の…(笑)改めて田子先生に感謝です(*^^*)
兎に角、Facebookを通して 日頃の行動や自分の価値観、友人関係などを知ってもらうことが、全て営業なんだと実感しました!

そのアドバンス授業を経ての今期ベーシック。初回山上さんの授業、1年半前とは比べ物にならないほど 山上さんの一言一言がスッと入ってきて、耳と心でよくわかりました。そして実際にやってみての「話し方と発声の評価」は、1年半前の数字よりは上がっていたことが救い。もっともっと振り切っていきたいと思います。それはナレーションだけでなく行動も含めて(^-^;

自分の課題や売りやスタンスが ある程度見えてきた上でのナレーションの基礎固め、ラスト半年を無駄にしないよう 営業しながら学んで行くつもりです。木Bの皆さん、そしてちょくちょく振替でお邪魔させて頂く土Bの皆さん、よろしくお願いします(^-^)/

柿喰ケケ子でした!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:28| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎乾さんによる特別講義◎

10月14日(金)スクールバーズにて、アドバンスコース【演出家の乾雅人さんによる特別講義】を聴講させて頂いた織田ッぱ!です。

僕ぁ乾さんの特別講義を伺うのは2回目なのですが、
バーズ卒業後の今春より僕自身が本当にナレーターとしてお仕事をさせて頂く身になったコトもあり、
乾さんが話された中から特に下記3つの言葉、
前回の受講時にも増して、改めて胸に染みました。


「現場(出演者・スタッフの方々)を“その気”にさせるコト。
ヤル気をくすぐり、そそらせるコト。
トコトンこだわり、周囲が“やらなきゃいけない”と想わせる空気にまで持っていく。
世界観に巻き込んでいくコト。」

「料理は一口目から“美味く”。
一口目にハマると箸が進み、あと何口でもイケる。
だからこそ一発目の迫力・感動(驚き)を大切に。」

「行き詰まったら打開する前に、
何が悪かったかの要因を徹底的に思考・究明する。」

やっぱり“おもてなし”だなァと、何だか嬉しく、励みになりました。
乾さん、本当にありがとうございます!

◎織田ッぱ!◎
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:23| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

10/14アドバンス・ゲスト講師に「乾雅人さん」登場です

PA144085.JPG
10/14アドバンスコースは初回からゲスト講師。「K-1 Dynamite!!」「世界卓球」「筋肉番付」など有名番組を手がけ、特番「DOORS」では米エミー賞ノミネートを受けた演出家の「乾雅人さん」がいらしてくれました。

どんなナレーターを求めているのか?どうやってキャスティングをしていくのか。営業の時期は?必要なものは?など、プロ必見のトークが繰り広げられました。またオンエアぎりぎりの本音トークも^^;
テレビ業界の最前線にいる実際のスタッフさんから聴ける生の声に、あっという間の2時間でした。

PA144242.JPG
乾さん本当にありがとうございました!

posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:18| Comment(2) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ベーシック課題】その1「母音」の練習

syukudai.jpg
ベーシックコース今週の宿題です。「口を大きく開けしめすること」と「滑舌」が目的です。早く読むことにはあんまり意味がないので口の開け閉めに集中してくださいね。超ゆっくり読んで口がばがば開けちゃってください。^^;
今週のレッスンで「きちんと口を開いてるか」をみます。

【1】下記を読んでください(閉めた口を「縦」に開ける運動です)
『イ・ア・ウ・エ・オ・ア・ウ・ア』

【2】下記を読んでください(閉めた口を「横」に開ける運動です)
『ウ・イ・オ・エ・ウ・イ・ウ・エ』

【3】下記を読んでください。
(母音a)『変わった名だ「中高畑」は。まだ「赤坂サカス」ならわかったが』
(母音i)『人見知りせしヒヒ、緋獅子の父君。しきりに厳しい響きに満ちし道、地理1ミリに右耳ミニ知識』
(母音u)『風雨で潤う夫婦。盗むか揺するか許すか。手術中通ずるか不通か』
(母音e)『冷戦で「似非チェチェン戦線連盟」形成と全伝令へ名経営者が宣伝』
(母音o) 『どこそこの放送局 朗々と模倣するもおそるおそる』
=============
ちなみに10/20(木)と10/22(土)のベーシックは「発声です」。汗かくと思うので【運動できる着替えをご持参】ください。ジャンプするのでヒール&靴下はご遠慮ください。
よろしくお願いいたします
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:17| Comment(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

初仕事

秋2期卒業生の宗宮聡(そうみやさとし)です。バーズではたまにスイーツ王子と呼ばれたりします。ベーシック・ネクスト・アドバンスそして映像セミナーに通っていました。

9月27日にナレーションの仕事をしたのでその報告です。
BS日テレの『「孫子兵法」の魅力に迫る』という、ドラマの番宣番組なんですが、10月3日にOA済です。初仕事なのに完全に事後報告です。すみません。番宣CMも一緒に収録したので、BS日テレを見ているときに聞けるかもしれません。

ちなみに仕事をいただいた経緯はナレーターの友人(名前は伏せておきます)経由での紹介です。バーズで教わったことに助けられつつの収録の様子を書いていきます。拙い文章ですが、お付き合いください。

スタジオに着いて、MAルームに入って、挨拶して。アドバンスで「真ん中に座る」と教わったことを思い出し、迷わずソファのど真ん
中。ど真ん中に座るのは勇気がいります。ですが、座った瞬間、ナレーションをするためのスイッチが入ったような感覚がありました。
それと、入口付近や部屋の奥に座るよりもコミュニケーションが取りやすい。

中国を舞台にしたドラマということもあって、聞き慣れない人物名のアクセントを決定する広報の方とお話をしたのですが、真ん中に座ったせいかずいぶん落ち着いて話せたような気がします。

ブースに入ってからは映像セミナーと全く同じ。場所や映像が違うだけでやることは完全に一緒。授業で何度もやってきたことと実際の仕事とここまで差がないというのは精神的に楽でした。余計な緊張が一切ない、というのは本当にいいものです。

肝心のナレーションですが、ベーシックやネクストで教わったことがポコポコ出てきて助けてくれます。テレビを見ている人たちに語りかけるとか、強弱以外にも高低や緩急で立てていくなど、出来ているかどうは置いといて、いろいろ思い出します。
姿勢を良くすると、視界が広くなり原稿と映像が見やすくなるといった発声以外の部分でも恩恵があることもわかりました。
「思いつきでプレイしない」と何度も言われていなければ、ろくに準備せずに収録に望んでいろんな人に迷惑かけていただろうな、とサクサク進む収録中に思ったり。

収録を恙無く終えることができたのは、本当にバーズの授業があったからです。通っていたときにも非常にいい環境だと思っていましたが、実際に現場に出て実感しました。

通ってよかった。本当にそう思います。ありがとうございました。
宗宮聡
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:08| Comment(0) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

1年半経って

春4期B→N→Aと経て今期土Bに通いますソルティーといいます。
土曜日の皆さんよろしくお願いします(*^^*)

今期は事務所所属の方が多いとのことで、バーズはプロになるためのスクールとはいえ所属されていない方はオリエンでちょっとびっくりされたんじゃないかなと思います。
1年半前の私はそうでした。

養成所にしか通ったことがないし仕事もしたことがない、どこでもいいから事務所に入りたい、事務所に入らなくては何もできないんだ、と本気で思っていました。
しかも私は最初の10ヶ月位授業後はそそくさと帰っていた為講師の方や先輩方とお話しする機会を自分から無くしていました。

アフターを残るようになって校長先生や自分のクラス以外の方ともお話しするようになってから初めてバーズがどういう所かわかった気がします。

アドバンスに入り営業を学び初営業で運良くCMをさせていただきました。
運良くと書きましたがすべてバーズの教え通りに動いただけだったんです。
しかも自分がずっと大好きだったアーティストさんのCM。
きっと、事務所へのこだわりがあったままだったら一生出来ていない仕事だったと思います。
ずっと受け身で間違っていたのは自分だったんです。

新入生の皆さんには私みたいに10ヶ月も後になってわかった、とかにはなってほしくないです。
気づくチャンスは今日にでもあります。

オリエンで社長が言われた、【自分を変えたければまずは見た目を変える】ですが、私が変えたことは人生で初めて前髪を伸ばしておデコをだすようになりました。
正直顔面を晒して生きるのは辛いですが手っ取り早く開き直れたと思います。

卒業まで残り半年と短いですが与え手になれるようにがんばりまーすーぅー!!
新しいクラス楽しみです\(^o^)/
posted by 投稿!@スクールバーズ at 17:08| Comment(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランソワの決意表明^^

こんにちは。春3期のフランソワです。久しぶりのバーズブログに、今日は決意表明のためにブログにやってきました^^

この半年。ちょうど地震があってからUP・DOWNの激しい人生を送りまして、家も会社もなくなりました(笑)
家は友人が拾ってくれたので生き延びているのですが、もうこれは旅に出るしかない!
旅に出て帰って来た時に最初に来た仕事を徹底的にやり遂げようと決めて旅に出発。

そして、帰国してメールを開いてみると。
「2009年にゴーストの声でご出演いただいていると思うのですが、今年もお仕事をお願いできないでしょうか」
「フランソワさん、電話応対の声って頼めるんですか?」
「大阪での収録になるんですがラジオCMを発注できますか?」
「今年の春に絵本の読み聞かせを百貨店でやっていましたよね?それって京都出張もありですか?まだ検討段階なのですが…」
と、予想外に声の仕事が。

実は、バーズのベーシック・ネクスト・アドバンスと受講してきて、技術・営業論共に、その内容があまりにも壮大すぎて咀嚼できず、
あと半年残っていた卒業までの進路を考えるときに、「私、一度帰ってゆっくり考えたいんです」という状態になり、思考錯誤してみるのですが上手くいかず、仕事になかなか繋がらず、あきらめていたところの受注連絡。

でも、今、改めて考えた時に、自分の立ち位置、強み、弱みをきちんとバーズでとことん考える時間を与えてもらえたから、上記のメールがもらえたんだろうなと思っています。

『えっ、君はクリエイタータイプだよ?気づいてないの?』@大窓王さん
『営業先間違ってるね』@小窓王さん
『コードSだよ!!!!』@謎配さん
『選択が違うんだよね。そこのセンスだよ。センス』@スガ子さん
いや〜衝撃的な言葉ばかり!! でも、外に出てトライ&エラーを繰り返すたびにこの言葉達の重みがホントわかるんですよね。

改めて、義村さん、狩野さん、武信さん、山上さん、畠山さん、あおいさん、田子さん、松田さん、みやこさん、省吾さん、ありがとうございました!!
ベーシックからアドバンスまで受講して1年。バーズで時間をかけて教えてもらったことを逃げずに向き合って形にしていこうと思います。

≪仕事による与え手になるのを目標に置いて。≫
以上、フランソワの人生決意表明でした!!

余談ですが…
大窓王さん&謎配さんから「君はクリエイタータイプだ」と言われたのがきっかけで趣味でクリエイトしています^^
よかったら下記のサイトに遊びに来てください。
***********************************************
 貝うさぎHP
 http://kaiusagi.com/
 貝うさぎBLOG
 http://ameblo.jp/kaiusagi-staffblog/
***********************************************
読んでいただきましてありがとうございました^^
フランソワ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 10:55| Comment(2) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

あさって10/14(金)アドバンスゲストは【バーズ事務所】で行います

10/14(金)19時〜アドバンスゲストは【バーズ事務所】で行います。
講師は「K-1 Dynamite!!」「世界卓球」「クイズ100人に聞きました」など有名番組を手がけた演出家、「乾雅人氏」です。
↓詳細はこちら↓
http://schoolbirdsblog.seesaa.net/article/229751223.html
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:01| Comment(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする