2011年02月26日

『スクールバーズ土曜ネクスト』

DVC00025.jpg
『スクールバーズ土曜ネクスト』終了!

人に伝えることの難しさと喜びを実感!

聞いてないのか理解できないのか表現が追いつかないのか・・・悩ましい!

一方で輝く才能と弾けるインスピレーションに拍手♪

ありがとう!

何かのプラスになっていれば嬉しいし、マイナスの見本でも参考になれば何よりです・・(^-^;

これからも自分自身で限界を作ることの無いように

『ナレーションは自由』なんだから!



写真撮り忘れてたので愛犬チップで♪
posted by 投稿!@スクールバーズ at 17:57| Comment(5) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入試の申込受付、スタートです

logo.jpeg
本日2/26よりスクールバーズ春5期の「入試申し込み」の受付がスタートしました。(申込締切は3/24(木)までです)
詳細はスクールバーズ公式ホームページでご確認ください。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:18| Comment(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スクールバーズ金曜ネクスト』

110225_224412_ed.jpg
『スクールバーズ 金曜ネクスト』のアフターバーズです♪

乾杯の代わりに「ボルボ〜〜!」良かったね英司☆

カワリバンコにボイスサンプル試聴&批評!

みんなレベル高〜い!

さすが『スタジオバーズ』(^^)



最後の金曜田子ネクストはドッキリバラエティーでした!

みんな優秀!やればやるほど新しい表現が!先生は楽しいね〜!

いつも自分自身を脱皮し固定しない!

強くあれ、みんな!




∋CHIHIROTAGO∈
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:39| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

ボイスサンプル 2011年 2 月の「今」

こんにちは。どくだいじ☆しなこです。ボイスサンプル・・・録りました。
スクールバーズ春4期ネクスト生の、どくだいじ。
ナレーターを目指すきっかけになったのも、実はスタジオバーズ。

2009年、夏。このままCATVで、ぬるま湯に浸かっていていいものか。
経験者が少ないため、地方局で喋っていたときのような「リポートが甘い!」などの厳しい指導を受けることもなく、物足りない日々。

私もボイスサンプルくらい持っておかないと…という漠然とした焦りの中で見つけた「猪鹿蝶」と「スタジオバーズ」。
いのしかちょう…? なんかふざけた名前(すみません)…
でも、せっかくだからチャレンジしてみようかな。いざ、初めてのサンプル作り。

原稿をいただいてのエコノミーコース。ボイスサンプルって、こういうものなんだ〜♪ なんて甘々、お気楽。
そして収録。 …楽しい。ナニコレ、めちゃめちゃ楽しい。
「もっとゆっくり、より明るく」などのディレクションで「作り上げる喜び」。
表情を使うことができ、画に出演者として関わるより、それは明確に感じられ。
声だけで世界を作り、リスナーと時間を共有できるラジオが、私の目指す先なのかと思っていたけれど。
もっとストイックに、自分を知らなければできない世界がある!
暗いMAブースに、一筋の光が差し込んできて、「ナレーターになろう」と決めた。

担当番組4本、取材のために9連勤や土日出勤が続いていたことから、通える環境を作るのに時間はかかったが…。半年後、晴れてスクールバーズ春4期ネクストへ。
様々な素晴らしい新しい出会いと、自分がいかに未熟かを、なんとなくわかったようなわからないような…、2010年、夏。

猪鹿蝶2回目。
この頃には、このプロジェクトのすごさも、難しにも気づいていて。
ボイスサンプル、ビジネスコース申し込み。
カウンセリングまでに、諸先輩のブログを読み。
再び向かったスタジオ。

…撃沈…

自分がどうしたいか、どうなりたいのか。 一番大切なところが見えない。
現状と向き合わずに「あたしの思い」だけをぶつけて。
さらに、うまく伝えられないモヤモヤ感。
「あたしがやりたいことは〜」そんなサンプル、だれも聴きたくない。
今なら明確にわかる。
ラブレターの受け取り相手、買い手のことを考えていない、
全くひとりよがりな思い。
趣味の世界だ…

あまりの考えの無さに、自分に情けなくなりながら、うつむき帰った帰り道。
自信がないままに迎えた収録もボロボロで。
その後、秋4期アドバンスのクラスで、突然みんなで聴くことになるまで、誰にも聴かせず、自分も一度も聴くことはなかった。
あまりにも、情けなくて。

今はわかる。
後ろ指さされても、恥ずかしすぎて泣いても、あの時、封印せずに、勇気を出して聴いてもらうべきだったと。
そして。2011年2月。
2回目のカウンセリング。

アドバンスのノートを読み返し、 自分の思いをざっくり書き出し、やっぱりドキドキしながら向かう。
でも今回は、ドキドキ+ワクワク。
アドバンスの講義と「中継ツイートよろしく!」と背中を押してくれたみんながいて、よりワクワク感が高まっていた。 まぁ…始まったらツイートはなかなか難しかったんだけど…。

そして。

またもや私はひとりよがりに気付くことなく「あたしの思い」を話し始め 「ん〜、わからん!」と苦笑いの山上さん(^_^;)
「山上は、今やりたいことが2つある。営業のビジョンを煮詰めることと、どくだいじの混乱をスッキリさせること。さてどっち?」

…あ、スッキリしたいです…。

ここで、ボイサン収録〜営業までの全体像を階段状にして説明してもらう。

今いる場所は、甘いリサーチのもと、漠然としたイメージのまま、収録にも営業にも向かっている。
ちなみに、昨年夏は、完全依存。
ネクストには通っているけれど、よくわからないから山上さんに相談しよう〜♪ という、「相談」の中身を自分で詰めないままでの、依存。
自分自身もどうしたいかがよくわかっていないから、山上さんだってわかるはずないのに。
半年後やっと「依存していたんだ…」と気付く鈍さよ…(T-T)

「それ見せて」と、渡したメモから「あたしの思い」を読み取り、話を聴きながら「つまりだな〜…」と、まとめてくださる。
ここで、登場したのが、山上さんもカウンセリングで使ったのは初だったという 『マインドマップ』。
「とにかく仕事をしてみたい」からスタートし、
 *今回何を収録すべきか
 *何がやりたいのか
などについて、いろいろな可能性を踏まえて道を作っていく。

結果、「準備不足」で詰まる。
そりゃそーだ…「漠然」なんだもん。

ここで、自己受容。
そっか、私、相当準備不足で、まだまだ依存していて、こんなんじゃ明確なサンプルなんてできないよー!Σ( ̄□ ̄)!

そこで救いの手が。
「じゃあもう一度、「今」に合わせたマインドマップを作ろう」

ありがたやありがたや… 初歩の初歩「今なにをやるべきかをみつける」マインドマップ作成へ。
本来は皆さん明確に持っているはず…が、どくだいじは微妙。
「どくだいじは、どんなナレーターになりたいの?」

  *報道がやりたい。
  *いずれは生ナレーションがやりたい。
そこから様々な道が延び…、
「本当に報道がやりたいの?生ナレーションがスゴイと思っているから、報道がやりたい気になっているんじゃない?」

…(゜-゜) そうかも。
報道には携わりたいけれど、生ナレーションという「技術を持ったナレーターになりたい」という憧れが混ざっていたのは、事実。
私にとっては逆の発想。
新発見。大発見。
マインドマップすごーい!
結局、マインドマップ及び山上さんの手書き資料は8枚に…。(=_=;) 腱鞘炎になりそうになりながら、熱心にカウンセリングしてくださって、本当にありがとうございました。

そして収録。 与え手としての提案どころか、またもや山上レスキュー隊が出動。
収録後の山上さんは明らかに目の下のクマが濃くなっていて。 ・・・課題が、て・ん・こ・盛・り。

順風満帆とはいかなかったけれど。
与え手には、ほど遠いけれど。

…でも。
人に聴かせられなかった、自分でも聴けなかった、昨年の夏からは、ちっちゃく1歩前進。…な、気がする。

収録の日の朝。
改めてカウンセリングのマインドマップを読み返し。
涙が出た。

こんなに真摯に向き合ってもらって、自分はどこまでできるんだろう。
そして、本当にありがたい。
現場に出てらっしゃる皆さんは、毎回感じているんだろうと思う。

制作の100%の気持ちを受け止め、120%にして返すこと。
このことを当然として、仕事として向き合う。
感謝することは当然、感謝されなければ、与え手とは言えない。

リサーチ、実力、提案力。
この3つを備えて、説得力あるナレーションをしたい。
魂のこもったナレーションだね、と言われたい。
甘い考えは全てナレーションに出る。

どくだいじ☆しなこ。こと、ナレーター・サヤカは、山上さんのシークレットブーツを借りても、「今」コレだけしか持っていない。
そのことを実感し、次回への準備を始められたのが、一番の収穫でした。

サヤカの「今」 良かったら聴いてください。
どくだいじ☆しなこ http://ameblo.jp/sayacolor/
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:48| Comment(8) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スクールバーズ映像セミナー田子オプション』

110224_220530_ed.jpg

映像セミナーで5回に渡って歌番組や料理バラエティー、お笑い芸人バラエティー、アイドルドッキリバラエティーとやってきて

さらに濃い内容を求めるみなさんへの今回のオプションは『長尺のドッキリバラエティー』で力試しです!

今回挑戦した5人はすでに声が飛び道具!

普通にナレっても面白いんですが更にアドリブ等も求めちゃったりして(^-^;

原稿をどう読むかからスタジオワークに収録中の細かいテクニックまでキッチリ伝えさせていただきました!

あとは売れるだけ!

お疲れ様、また現場で会おう!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:34| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

Ustreamオーディション@大窓王

Ust.jpg

先日開催されたUstreamで放送されたナレーターの公開オーディションの様子。
バーズ生がんばってます。皆のいろんな引き出しが見れて興味深かった。
そして3名の勇者が仕事をゲット!

乾氏と杉本氏、天才と巨匠。
このオーディションはTwitterで募集されUstreamで公開。
TVの演出家たちもデジタルなネット環境の可能性に『未来』を見ている。

TVの現役総合演出二人が、直接演出しキャスティングすると言う贅沢。
ゆるやかなつながりであるソーシャルネット。
それは新人ナレーターに対する優しさに満ちていた。

蛇足:赤マッティ!カメラ見過ぎ(^_^;)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:49| Comment(2) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

スタジオバーズのFacebookページができました^^

フェースブックに、スタジオバーズのファンページができました^^
ぜひ「いいね!」を押してくださいね。
http://www.facebook.com/studiobirds

スタジオバーズ

Facebookページも宣伝
posted by 投稿!@スクールバーズ at 21:23| Comment(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォイスサンプル!

最近、ドラマ「ザ・ホワイトハウス」に血道を上げている金Nの上原です。

私事で恐縮ですが、ヴォイスサンプルを録りました。
山上先生の卓越したプロデュース&ディレクションにより、ビートニク仕様の実験的要素満載なものに仕上がりました。

当初、「俺が俺が」の自分よがりな表現をやめて、地声でスタンダードなサンプルを創ろうと考えておりましたが、「俳優的なアプローチ」を取り入れてみようという校長のアドバイスと、ならばビートニクに挑戦してみようという山上先生のディレクションによって、「俺が俺が」の範疇を超えて、もはや「拙者が拙者が」に昇華?した感じです。

今回の収録は、自分のなかにある「表現の素」を追認識した体験でもありました。表現の素は、常に頭の中に漠然とした状態で漂っていて、自分では「声の可能性」だとボンヤリとは知っています。
でも、それは形にしてみてはじめて認識できるものだと思います。一度自分の外に出してから(出せるようにディレクションして貰い)、それを客観的に追認識することなんですね。
無論、それによって明らかになるテクニック面の改善点も佃煮にするほど出てきます。今回、原稿の一部も自作したのですが、その衝撃的なセンスのなさ(文章に動きがない!)をとてつもなく冷静に思い知らされました。
そんな意味では、可能性、改善点、両面含めて、今回の収録は自分にとっても非常に重要なものになりました。

ちなみにナレーションとは直接関係ありませんが、自分を知る手がかりを得る為には、「エニアグラム」というものもありまして、いま私自身も「ザ・ホワイトハウス」並にハマっております。
ご興味のある方はバーズ文庫まで。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 03:28| Comment(4) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

業務連絡

今週の2/26土曜日ネクスト田子さんの授業はバーズ事務所になりますので、
土曜ネクストの方は、お間違いなく。

狩野 貴子
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:58| Comment(2) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎ペーパーのバイブル◎

ペーパーです。

アドバンスコース、狩野さんの最終講義「営業討論会」において、
宿題でありました“営業ストーリー作り”において、
僕が参考にした本をご紹介します。
僕にとっては
“人生設計の教科書”
“何があっても戻ってこれる最終回帰先、原点”
となった一冊(≧▼≦)
人生は個々・個別なので、あくまで“僕は”ですが。
バーズで教わったコトの復習にもなってます、僕は。(しつこい?)
何かのお役に立てれば本望です(*^_^*)

著/楠木 建さん
刊/東洋経済新報社
『ストーリーとしての競争戦略〜優れた戦略の条件〜』
定価2800円+税

この本に巡り合えたコトに感謝!!
何より、そのきっかけを下さった担当講師の狩野さん、本当にありがとうございます!!
あのレッスンが無ければ一生、僕ぁご縁が無かった本です(≧ω≦)

◎ペーパー◎
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:26| Comment(2) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンスのつかみ方!

都さゆりです!

早いもので今期も残りわずかですね。
私の授業も今週のベーシックで最後です。

皆さん、日々ナレーター目指して奮闘なさっていることでしょう。

そんなテレビを目指す皆さんにとって、
今夜の「ドラクロワ」は興味深いと思いますよ!

映画コメンテーターのリリコさんがテレビの仕事を獲得するまでのドラマチックな苦労話!

今の活躍の陰には、ビックリするようなどん底の日々があったのだそうです。

努力の末、成功をつかんだ彼女の信念は説得力がありますよ〜!

ドラマチックな苦労話、
「ドラクロワ」
NHK総合、今夜、月曜夜10時55分〜
ぜひご覧ください!

明日の朝は
テレ朝「スーパーモーニング」
月、火、8時〜
こちらもよろしくね!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:22| Comment(2) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「滑舌」がうまくいかないんですが@土B鈴木

土B鈴木です。私の場合、読みもさることながら「滑舌」、これが…むーんっていうかんじなんです。山上先生のご指摘で、口の周りの筋力が足りない&舌の位置が違う!ことに気づき、口の周りを動かす練習とかしていたんです。が、一人で自己流な私は、やっぱり間違った練習を!
今日の授業でも、あおい先生に口を縦に開けるようにといわれたのですが、口をうまく動かせてない→口元に力をいれればよいのかな?→力がはいっているから口の自由がきかないことに…。
そして、アフターバーズで、山上先生が、滑舌でやはり苦労されたことがある(でも今はきれいな発音!)小坂先輩を紹介してくださり、お話を聞くと…母音の口の開き方をしっかりやることと、舌の位置、そして口角に力を入れすぎるのは NGとのこと。力を抜くって…。小坂先輩のお話聞けてよかったです&練習がんばります。
質問するっていつもうまくできない私ですが、やっぱり大切だなと思いました。そして先生方と先輩のアドバイスを受けることができるバーズ、すごいなぁ。義村社長には、 facebookのアイコン用の写真までとっていただきありがとうございました。皆様に感謝です。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 10:40| Comment(3) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

CMセミナーを終えて…

201102172204000.jpg201102172153000.jpg201102172140000.jpg201102172136000.jpg201102172151000.jpg
本題は後半で〜す(^O^)/




金曜ベーシックのはじめです!

バーズブログではだいぶおひさしぶりです☆


木曜日にCMセミナーが終了し、アフターにて誕生日を祝っていただきました!

嬉しさのあまり、バーズの洗面所で携帯を水没させなければすぐ投稿できたんですけどね(^^ゞ

携帯は無事復活しました!


しかしTwitterでつぶやいただけでこの発信力!
社長や先生方からもFacebookで祝っていただきました。

仕事につなげるという本来の目的とは違いますが、やはりネットの力はすごいです♪
上京して初めての誕生日でこんなに祝っていただけるとは思いませんでした!

卵プリンにチョコレートボードまで準備してくれたミムラさんに感謝感激ですッ♪

もちろん、差し入れを持ってきてくれた長岡さん(イチゴ)や島田さん(クリームパン)前園さん(石窯焼きパン)にも、ありがとうございました☆

そして、塩月さんは絵がへたくそなことを理解(笑)






さて、本題ですが、

最後のCMセミナーは、録音したものを、義村社長・武信さん・狩野さんに聞いていただいてのマネージャー視点のキャスティング。


アリかナシか、

ただそれだけのシンプルな結論。



僕はナチュラルに読んだものを収録し、
唯一、三回も聞いて迷っていただいて、

ナシ!

となりました。

イイが、他と比べると負けるだろうと。



でも、それぞれアドバイスをいただきました☆


素人っぽさは勉強すればするほど、追求できなくなるため、素人っぽい読みからは卒業しなければなりません。


新人は、もちろんその後につなげるには表現力が必要不可欠ですが、
声を張るCMは、おもしろさという面で奇襲をかけるには有効とのこと。

他のナレータースクールとは違い、バーズのレッスンで声を張ることを重視するのはここにあるようです。



流行はボソボソ系ですが、
滑舌が悪い人を使う作り手の毒があったりと、

戦略や運は段階によっても、いくらかあります!


狙い・ビジョンの重要性を再確認したセミナーでした。


まぁ、運に関しては、やることやった上での話になりますが、
僕は昔から、「動いて運に会う」という「運動会」を肌で感じてます。



田子さんの、ノリと経験から繰り出されるCM論。

省吾さんの、気持ちを大事にした役者視点からのCM論。

松田さんの、どう聞こえるかという声優視点からのCM論。

そして、
プレイヤーとは違う、マネージャー視点のCM論。


ぜひぜひ、次回のCMセミナー受講という行動をお薦めします!





私事ですが、今回の集大成としてCMにしぼってボイスサンプルを取り直してみました。

いろんな方に聞いていただいきたいです!








視聴者がまだ知らない「時代」を読むのは・・・


俺達だッ!!!





すぅーん!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:31| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壁を越えろ!!

京都から土Bに通っていますユアサです。仮に名前はmadokaxとしときますww
昨日はバーズで初めてサンプルを収録させて頂き、アフターバーズでは、皆さんに完成品を聞いて頂きました!!
まだまだ未熟な私のサンプルを聞いて頂きありがとうございました。(正直、収録より緊張しましたww)
そして、つたない私の読みを素晴らしく編集して頂いたスタジオバーズ山上先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。

さて。
今回のボイスサンプルで私が得た事を、書かせて頂きます☆

私は関西で、ある事務所に所属しています。ナレーションのお仕事も、小さい仕事ですがコンスタントに頂いています。自分で試行錯誤しながら、なんとかここまでやって来ましたが、ここから先はどうやって進んだらいいか分からない『壁』を感じてバーズにやってきました。
今回の収録では、見事にその壁にぶち当たる事になったのです。

『ユアサは間違ってる』

と山上先生に指摘されても、何をどうしていいのやら分からない。
う〜ん。それは単に私が下手だから?声が出来てないから?と思っても。

『上手いよ、上手いんだけど違う。』
『声はよく通る声してるのに。』

と言われ、ますます混乱!!
自分でも、『これで良いわけが無い』ことは分かるだけに、どうしたら良いか分からない!!

が、山上先生がBGMをつけてくれている時に、ハッと気付きました。
なんて上っ面で喋っているんだろう。。。魂が入っていないから、音楽に負けている。
BGMには物語があるのに、私の喋りには、、、無い。
気持ちが入っていないのに、ただ『読みやすさ』や『雰囲気』だけで語尾を上げ下げしている気持ち悪さ。
わ〜〜!!下手くそ!!

そう。MC業界で仕事をしてきた私は、『不特定多数の人に、感じの良さそうなプロっぽい喋りをする事』に、知らず知らず染まっていたようです。
あ〜〜〜恐ろしい!!

不特定多数じゃない。
自分の身近な人に、
自分の本当の声で、
気持ちを込めて伝える事。

それが、私が壁を越える鍵なんじゃないかと思いました。
いや、よく考えたら、先生方は授業でずっとおっしゃってたのに!!
その事が、今回のサンプル収録で、ようやく心に落ちて来ました。

ただ、、、それを実際のプレイに反映させるのは、もうちょっと時間がかかりそうです。
先生方、バーズ生の皆さん、
今度とも宜しくお願い致します☆

あ、サンプルは一刻も早く録った方が良いというのは本当でした!!

☆madokax☆
http://ameblo.jp/madoka-bass/
(良かったらブログも覗いて下さい♪)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:18| Comment(3) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご報告!

ご無沙汰しています。
2009年(←何期かわからない…)春ベーシックと
2010年CM講座で
お世話になった■tsunami■と申します。

バーズには400ccのバイクで通ってました〜。
って言えばわかる方もいますかね…?!

ご報告!
今回PS3『KILLZONE3(キルナビ2012)』CMでのお仕事をさせて頂きました。
担当させて頂いたのはひとフレーズだけでしたが
お話をもらえた時はとっても嬉しくて!!
思わず小躍りをしていました。

一緒にお仕事をさせて頂いたスタッフの方々や
チャンスをくれた周りの人々、友達や家族。
そしてバーズ講師陣の皆様やスクールの仲間。
沢山の人達に力をもらって今回お仕事をさせて
頂く事が出来たのだと、感謝の気持ちでいっぱいです。

収録前にはみんなの仕事報告を読んで緊張を緩和したり。
軽〜く身体を動かしてリラックスしたり。
でも本番はやっぱり緊張しますね…。。

これからもっと経験を積んで、
”あの人の声知ってる!”って
認知してもらえるナレーターに成長出来るように、
今まで以上にナレーションと真摯且つ貪欲に向き合います。

まだまだま〜だ
絶賛、発展途上中の身ですので、
CMをご覧になった方がいたらご感想頂けると嬉しいです。

ちなみに、
■KILLZONE3■とってもエキサイティングなゲームなので
ぜひHPもCHECKしてみて下さ〜い!!!

KILLZONE3 http://www.jp.playstation.com/scej/title/killzone/3/
キルナビ http://kirunabi.jp/

tsunami ←
posted by 投稿!@スクールバーズ at 07:35| Comment(0) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊張と緩和と間と・・・

どうも、訳あって土曜のアフターに紛れ込んでたDJ-ZONOです。

先日、あおい先生がUstreamの番組で5話オムニバスの朗読劇を披露。
で、土曜のアフターバーズにて、あおい先生に朗読劇の裏話を伺いました。

興味深い話だった中で特に印象に残った話を一つだけ・・・。

5話の中の一つで「女優と演出家」のストーリー
内容としては女優が演出家に起用を志願して、あおい先生演じる演出家が
「ならばこれができるか!」と、早口言葉を言わせる・・・というお話。

次から次へと繰り出す早口言葉、
女優役のアイドル吉井さんが噛んでしまう横で鮮やかにこなすあおい先生。
その中で出た早口言葉「シャア少佐、新人歌手総出演新春シャンソンショー」×5回

吉井さんが噛んでしまう横で「違う、こうやるんだ!」
「シャア少佐新人歌手×××・・・」先生、噛んでしまいました。
・・・が、ここで!間をとって「・・・もう一度聞きたいかっ!」とリカバリー!
すかさず5回言ってのけたのでした。



で、事務所で「あのリカバリー凄かったです!」と私の感想に答えた先生。

〜あれは演劇の経験が生きたんだよ。
やり直しができない舞台では、台詞をとちってしまった時
一瞬、会場に不安や緊張が走って観客は固唾を飲むんだ。
そこで機転を利かせて本筋に戻したとき、
緊張から解かれた観客はより強く演者に心を奪われるんだ〜

なるほど!聞き手を緊張させてから、緩和を与えて心を掴む。
文章を様々な工夫で緩急や間で惹き付けて聴かせる訳ですね。


「ならば、お前にできるかっ!」
・・・がんばります!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 03:13| Comment(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

no-title

今期の『スクールバーズ 田子映像セミナー』本日で終了しました!

受講生のみなさんお疲れ様でした!

教えることは自らの勉強にもなり大変やり甲斐がありました!

ありがとうございました!

個性や技術は、もうみんなほとんど大丈夫!

さらに必要なのは、その作品に立ち向かう気持ち!

使ってもらってる・・のではなく一緒に作る!自分がもっと面白くする!という気持ちを持って臨んでください!

後はもう売れるだけ♪

さぁ盛り上がってまいりましょう(^0^)/


ありがとうございました!



∋CHIHIROTAGO∈
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:49| Comment(6) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

業務連絡

アドバンスの方へ
今週土曜日のアドバンスは、宿題の発表会です。
みなさん宿題忘れずに、やって来て下さいね。
全員に発表してもらいます。

狩野 貴子
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:19| Comment(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

「12」〜12人の怒れる男より〜

DJ_ZONOです
CMセミナーで今期ご教導いただいた鈴木省吾さんが、舞台に上がる!
〜これまでしがない電話番所詰の身で行くこと叶わず、3度目でようやくかないましたぁ。

お芝居は法廷後の陪審員会議が舞台。
50時間の不眠を何本目かの「強強打破」でドーピングしての観劇。

大まかに言うと親父を刺した18歳の少年の事件についてこまわりくん見たいな裁判長に
「少年、お前は〜死刑!」って決められて〜
ギターウルフのセイジさんの
「ここまではただの、裁判!」
さぁ「少年の電気椅子姿」【見るか!?】【見ないか!?】どっっちぃぃぃっ!!??というアバンから始まる。

で、仕事も・人種も・育ちや境遇も各々違う12人のパネラーもとい陪審員が揃ってスタート。
「ふてえガキだ、親を刺し殺すなんて人の風上にもおけねぇ」
「とっととガキを電気椅子に送って終わらせましょうや」

みんな会場内の大方の意見の尻馬に乗ってさっさと帰りたい空気が流れる中、
田島令子さんが立ち上げってものいいを申し出ところからドラマが動き始める。
そしてこの後から、省吾さんがなんとも紳士なポジションで演じるお芝居にみとれますね。

「〜に決まってる!だってアイツを見たってやつがいたんだろ!?」
「でも見た人ってホントに見えたのかしら?」
「そりゃおまえ・・・こんな場合は普通こういうもんだろ」
「じゃぁあの現場でも?」

それぞれは違うが自分が振り上げた根拠の浅さ、
視点の狭さから来る薄いくぬるい論の矛盾が露呈してやがてそれが
それぞれの抱える経験や教育で染み付いた「普通は」という安易なものさしに頼った思い込みであることを知って追い詰められる。
(なんにせよあの日、舞台の上には私が12人いたような気がしました。)

人は誰でも生きる環境によって持つ視野は限られる。
だからその間には「疑問が」一杯横たわっている。
だから、「話し合いましょう」お互いのもつ「疑問」について。

人の生死について全く見ず知らずの市民が集って話し合うというのは素晴らしい。
世界には一握りの権力者が恣意的に人の生死を決めてしまう国もある中で
集った市民が心をリセットして1人の人間として事件と向き合う。
制度は素晴らしいがこの権利を委ねられた我々の心持ちが大切なのでは?・・・「公共の意識」ととっていいのか?

後の顛末は舞台を見ていただきたい。

毎度ながら長くなって申し訳ないです。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 11:50| Comment(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の次のステップ@あぐりー

約1ヶ月ほど、バーズのブログの世界から姿を消していたあぐりーです。twitterやFacebookも少し顔を出すのみ、自分のブログは論外。(Facebookは使い方に慣れていないという理由は棚上げしますがf^_^;)
あぐりー、ちょこっと、自分自身に問い掛けをしておりました。

『型にはめすぎてやしないかな?』と。

授業内容をプラスして毎回ブログをアップすること。
あぐりーにとって、発信力を鍛えるのにはとても大事なことでした。
一歩踏み出すことは、とても勇気がいるし、でも、避けては通れないことでもあると思ってたし。

でも、それで満足してはいないかなと。


もう、それだけじゃないよね。次の段階に進むんだよねと。

そう思うのには、ちょっとした理由があるのです。
この無意識にでも型にハマっているのが、今後のプレイにも影響してくるのではないかなと思ってしまったんです。

基本のナレーションの読みは、ものすごく大事です。高低、緩急、強弱etc.それが自分の中に構築されてないと、伝わりづらい部分は出て来るし。
でも、それを踏まえて自分のプレイスタイルがないと…と改めて思ったわけです。

次の段階として、自分のプレイの幅を広げるためにはどうすればいいのか…今まで漠然と考えてたことがより具体的に考えるようになってきました。これは今でも常に思案中です。
どこからでもヒントがもらえるからと、ついこの前は、雪の中傘もささずに、深夜の雪道を足跡がない場所を歩いてみたり(ちなみにこれはバイト帰り)

この時の心の動きは、今ではなくてもきっと活かせる―――。

改めて実感したことはこれかなと思います。

これからも、色んな方面でコメント書いたりなど顔は出していきます。墓穴掘ったりはするかもしれませんが(^_^;)
でも、これが、今のあぐりーかなと思っているのでo(^-^)o
分かりづらいところがあったらすみません。
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。


☆あぐりー☆
posted by 投稿!@スクールバーズ at 08:24| Comment(4) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする