2010年08月28日

みやこ先生の授業後に@おかっぴきへその

見学に来てくださったあおい先生に奢っていただきました!
 
 
新蒲苑の『楊貴妃』☆
 
 
友情出演は・・・沼( ̄0 ̄)/
 
 
今日はみやこ先生の最期の授業。。。
お名残惜しい(ToT)
 
最期の授業は、朗読とCM!
台詞にみんな苦戦??
ナチュラルにもみんな苦戦。
 
でもみんな言われたことをすぐに
前向きに取り組んでましたよ、ね(^-^;
みんな楽しそうでした♪
 
 
早いもので8月も終わりですが
暑さに負けず『楊貴妃』食べて頑張りましょう(^o^ゞ
 
 
おかっぴきへその
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:25| Comment(3) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

【業務連絡】ネクストの皆様へ

先日、ネクスト松田のレッスンで使用した映像ファイルを
課題ファイル置き場にアップしました。
パスワードは前と同じです。

1週間ほどで削除しますので、ご希望の方は、
早めにダウンロードして下さい(*^_^*)

松田 佑貴
posted by 投稿!@スクールバーズ at 20:18| Comment(2) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナレーターメルマガ148号配信

スクリーンショット(2010-08-26 13.38.25).png
本日13時頃ナレーターメルマガ148号を配信しました。
8/26(木)配信の最新号は『マネージャーのキャスティングについて』の続編です!

━━━━━━《もくじ》━━━━━━
◎再放送・マネージャー小窓王の「改編の狼」#10 キャスティングの時間【その2】
◎スクールバーズ情報《入試受付スタートまであと2日!》
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「改編の狼」、今週はマネージャーによるキャスティングの裏側に迫ります。
前回、深夜のバラエティ新番組「ドンと恋フシギちゃん」に女性の新人4名をキャスティングして挑んだ小窓王。
だがその結果は予想外の衝撃の展開をみせるのだった。小窓王大ピンチ!
============
そしてもう一つはスクールバーズ情報!

【入試までの日程発表】
・8/28(土)入試申込の受付スタート&8月のスクール説明会
・9/18(土)9月の説明会
・9/22(水)入試申込の締め切り
・9/25(土)入試

【説明会の参加募集中】
8/28(土)に控えるスクール説明会。
学校説明だけでなく、講師陣によるプチレッスンなども実施。実際にテレビで読んだ原稿などを使いながら、レギュラーレッスンの空気を味わうことができます。
中でも校長でベルベットオフィスマネージャーである大窓王による「売れるための17か条」の講義は15分のシンプルな講義でありながら、プロには「あとひとつ抜けるため」初心者には「何から始めればいいか」がわかる内容で、開校当時から続く名物講義となっています。

説明会への参加はメール1本で手続き終了です。
詳細はスクールバーズ公式ページで確認できます

┏━━━━━━━━━━━━┓
┛☆メルマガを読みたい!☆┗━━━━━

ナレーターメルマガを次回から受け取りたいかたは、下記から登録してください。無料です。
メルマガ登録フォーム

┏━━━━━━━━━━━┓
┛★メルマガが届かない★┗━━━━━━

「ヤフーメールだとメルマガが受け取れない」ケースが増えています。Gメールなど他のアカウントで登録してみてください。
<参考サイト>
「ヤフーメールに届かない現象の原因はコレ」

2010年08月22日

山ちゃん台湾旅行記

山ちゃんは、校長先生に夏休みをいただけたので、台湾に研修旅行にいってきます。
DCF00126.jpg

つきました(´∀`)台湾の台北は暑い!
さぁ〜これから怒濤の冒険が始まります。

続きはベルベットブログに書きますね
http://blog.livedoor.jp/velveterz/
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:09| Comment(1) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

ナレーターメルマガ147号配信@謎の配達人

スクリーンショット(2010-08-19 13.12.39).png

本日13時頃ナレーターメルマガ147号を配信しました。
8/19(木)配信の最新号メルマガは…

━━━━━━《もくじ》━━━━━━
◎再放送・マネージャー小窓王の「改編の狼」#9キャスティングの時間【その1】
◎スクールバーズ情報【スクール説明会、参加受付中です】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「改編の狼」、今週はマネージャーによるキャスティングの裏側に迫ります。『大手他社はどんなキャスティングをしてくるのだろう。新人だったら誰なんだろう。この中からその候補たちを退け、勝ち残れるのは誰だろう…何度か繰返しサンプルを聞きながら絞っていく小窓王。
だが、権謀術数うずまく声業界のキャスティング戦争の中で、小窓王はピンチをむかえることとなる!!
============
そしてもう一つはスクールバーズ情報!

【入試までの日程発表】
・8/28(土)入試申込の受付スタート&8月のスクール説明会
・9/18(土)9月の説明会
・9/22(水)入試申込の締め切り
・9/25(土)入試

【説明会の参加募集中】
8/28(土)に控えるスクール説明会。
学校説明だけでなく、講師陣によるプチレッスンなども実施。実際にテレビで読んだ原稿などを使いながら、レギュラーレッスンの空気を味わうことができます。
中でも校長でベルベットオフィスマネージャーである大窓王による「売れるための17か条」の講義は15分のシンプルな講義でありながら、プロには「あとひとつ抜けるため」初心者には「何から始めればいいか」がわかる内容で、開校当時から続く名物講義となっています。

説明会への参加はメール1本で手続き終了です。
詳細はスクールバーズ公式ページで確認できます

┏━━━━━━━━━━━━┓
┛☆メルマガを読みたい!☆┗━━━━━

ナレーターメルマガを次回から受け取りたいかたは、下記から登録してください。無料です。
メルマガ登録フォーム

┏━━━━━━━━━━━┓
┛★メルマガが届かない★┗━━━━━━

「ヤフーメールだとメルマガが受け取れない」ケースが増えています。Gメールなど他のアカウントで登録してみてください。
<参考サイト>
「ヤフーメールに届かない現象の原因はコレ」
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:28| Comment(0) | ナレーターメルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

8/28スクール説明会・参加受付中です

setumeikai.jpg
10日後の8/28(土)、スクールバーズ秋4期の『スクール説明会』を行います。
学校説明だけでなく、講師陣によるプチレッスンなども実施。実際にテレビで読んだ原稿などを使いながら、レギュラーレッスンの空気を味わうことができます。
中でも校長でベルベットオフィスマネージャーである大窓王による「売れるための17か条」の講義は15分のシンプルな講義でありながら、プロには「あとひとつ抜けるため」初心者には「何から始めればいいか」がわかる内容で、開校当時から色あせることなく続く名物講義となっています。
説明会への参加はメール1本で手続き終了です。

○日時・8/28(土)17時〜19時
○場所・東京都港区赤坂6-19-46-3F tel03-3560-1511
1Fは喫茶店「カフェ・コルド」
(「新葡圜」”しんぶえん”という看板があります!)
http://www.schoolbirds.jp/map.html
道に迷う人が多いです。場所は赤坂と六本木と乃木坂の中間あたり。お店の電話番号をメモってきてください。
○費用・お茶代500円のみ
○応募方法
タイトルに「説明会参加」と書いて、「お名前」を明記のうえ下記までメールして下さい。
info@schoolbirds.jp
大まかな人数が知りたいだけなので返信はしません。遅刻早退欠席も自由です。

詳細はスクールバーズホームページで
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:27| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

【映像プロセミナー】練習用映像をアップしました

映像プロセミナーの田子先生、松田の練習用映像を
アップしました。

田子先生は田子先生のページ、松田は松田のページ
にあります。

ご希望の方は、早めにダウンロードしてください(*^_^*)

松田 佑貴
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:54| Comment(3) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

CMセミナー終了

土Bで 先週までCMセミナーを受講させて頂いていた 柿喰ケケ子です。

「クラシカルからの脱皮」を目標に掲げているケケ子にとって、CMセミナーは 素晴らしい学びの場でした。御指導下さった 省吾先生・田子先生・松田先生、本当にありがとうございました(u_u)o〃
それぞれの立場で「本気本音になって 時代を読む」ことを伝授して下さいました。

でも、かなり会得したつもりでいたにも関わらず、総決算である「スタジオ録音」で ケケ子は やってしまいました(>.<)y-~
16種類の原稿の中から ただ一つを選ぶのですが、迷いに迷った挙句 「クラシカルからの脱皮」の大命題から外れ、「読みたい物を読みたいように」読んでしまったぁ(o_ _)o
「自分を売る原稿」に最後の最後で自信が無くなり、取りあえず「安心して読める原稿」を選択してしまったのです・・・その時は「これぞ 勝てる原稿」だと思ったのですが(*_*;

翌週の最後の授業は「仮想オーディション」
3人のマネージャーから鋭い指摘が飛び交います。「三者三様」とは まさにこのこと。 真反対な意見なのに、それはそれで深く頷けるコメントを頂きました。結論は

☆狩野さんからは「この読みは、聞いてて疲れる」
☆義村社長からは「う〜ん 迷うな〜ないな〜古いディレクターなら使ってくれるかも・・・」
☆でも武信さんからは「声が好き。ありかも・・・」と言って貰えたぁ(*´∇`*)

あの言葉を一筋の希望の光として、ケケ子は「自分の中のクラシカル」と格闘していきます!
と 前を向いたつもりでも、時折振り返って「あっちの原稿を選択していたら」「あの部分をこう読んでいたら」とイジイジ。その間に 3人全員から○を引き出せたペーパーさんは、しっかり初仕事!並外れた発信力とストイックなまでの努力で勝ち取った結果に脱帽し、心からの拍手を送ります\(~o~)/
そう言えば彼が選択した原稿と読みは絶妙でした。実力を示しながら、今後やりたい方向を上手く示唆する物でした。

仮想オーディションの夜は あけみさんや池ウニさんのサンプルを聞かせて頂いて、そのオリジナリティ溢れるプレイにうっとり!
見習う背中がたくさんあって バーズの凄さを今更ながら実感しました。
そして、アナウンサー・司会者・VPナレーターとしての今で踏み止まらず、「テレビナレーター」として初現場を踏む夢を実現させるべく、「自分が勝てる必然性」「武器の響き」を見つけよう〜と強く心に誓った 柿喰ケケ子でした(^-^)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:40| Comment(2) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボイスサンプル

卒業生のわいわいです。

先日ボイスサンプル収録に行ってきました。 過密スケジュールで大変なことになっている中、楽しくて素敵なサンプルを作ってくれた山上さん、今回も本当にありがとうございました。

今までとはちょと変わった試みをすることとなったので、打ち合わせ時から楽しくてうかれていたら、その数日後に不覚にも体調を崩し、病院では「なるべく声を出さないように」と言われて、もう半泣きでした。収録日までには回復させるとして、あとはイメージトレーニングをするしかありません。

わけあってすることになったコーラスの編曲(ハモリを作る)作業も鍵盤で確認だけして、本番で一発勝負です。収録日までにはすっかり回復してほっとしたのですが、練習できないのはものすごく不安ですね。でも指揮者山上さんの手によってコーラス部分もちゃんと面白いものになりました。指揮者がいるような仕上がり!感激です。

さて、収録では皆さんも経験されていると思いますが、山上さんのディレクションによって今まで自分にはなかったものが生まれたり、半信半疑でやってみたものも、仕上がってみると実は不可欠な表現だったりします。

また、出来上がったものを聞くと、具体的にいくつもの反省点も見えてきて、スタジオバーズでの一回のサンプル作りは、実際の現場を一回経験することと同じくらい、いえ、その何倍も成長できるのではと感じています。あ、もちろん成長(勉強)することを目的として作るわけではないのですが・・。

途中で義村社長もいらして、貴重なアドバイスをいくつかいただきました。家に帰ってすぐに試してみましたが、おっしゃっていたことが体感できて、わくわくです。あ~でも、私はどうして収録時にこれが分からなかった(出来なかった)んだろう・・ばかばか!と、のたうちまわりながらも、今後実際の仕事で使ってみるのがとても楽しみです。どんなジャンルにも使えることなので。精度を上げるべく訓練します。

で、今ブログを投稿しようと思ったら、ちょうど今体調を崩されて私よりずっと大変なことになっている方がいらっしゃるんですね。どうぞお大事に。ブログを読ませていただいて、田子先生の言葉も胸に刻みました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:24| Comment(0) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝込んでもできること〜田子先生の映像オプション〜

恋わずらいではないのですが、寝込んでいます。
この炎暑にやられて喉がパンパンに腫れ、水も飲めません。
だけど、放っておくと粘膜が乾燥してさらに痛くなる。仕方なく飲めば、その度に大河内伝次郎みたいな顔になってしまう。
しかし、飲まなければ、体調という名のプラットホームに入ってくるのは脱水症状という名の電車。待てよ、飲まなくても点滴というカードがあるじゃないか。悩む。もし自分がデンマークの王子なら「飲むべきか、飲まぬべきか。それが問題だ」と三幕の一場でモノローグするべきでしょうか。

さて、そんなシェイクスピアの台詞並に金言が多いのが、田子先生のレッスンです。過ぎたる8月3日に縁あって参加させて頂いた田子先生の映像オプションもまさに金言銀座でした。今回のテキストは『時短生活ガイドSHOW』のクッキングナレーション。8ページにも渡る台本は、おそらく映像セミナーの数あるテキストのなかでも最長の部類に入るでしょうか。それをシーン別に参加者の5人で振り分け、いつもの映像セミナー同様、映像に合わせてブースで収録し、ちいさな椅子の上で地平線のような肩を揺らせて田子先生がディレクション。これは「モナ・リザ」をなぜかエルミタージュ美術館で観るような贅沢な時間でした。ポイントは、パリパリ感やサクサク感など食材の表現力と、キーワードのチョイスにタイムのコントロール。ここで飛び出した金言のいくつかを箇条書きにしてみましょう。

「立てる言葉のチョイスで、その人のセンスが出る」
「(こぼれさない為に)タイムコードの0.5秒前から話し始める気持ちで行こう」
「(文の)ケツと頭との言い方で個性が出てくる」
「(尺の)ケツさえあっていれば、途中で遊んでもOKが出る可能性がある。そこで自分の個性が見つかるかもしれないから、ぜひ遊べ」
「自分のなかでオーバーかなって思うくらいやっても、実際はそんなオーバーじゃない」

と、ここいらの構成が、以前ペーパー君が書いた「田子プション」の記事とよく似ていますが、これはパクリではなく、コピーなのです。
自分はといえば、せっかく貴重なレッスンに参加できたにも関わらず、技術力の欠如のためタイムのコントロール以前に自分の声のコントロールが出来なかったり、読解力の喪失のため「海鮮皿うどん」とかワケのわからない言葉を立ててしまう体たらく。燎原の火のごとく襲いかかる喉の痛みと、カラ咳のマシンガン(周りの方にはご迷惑をお掛けしました)、それに顔のむくみも相まって大宮デン助のような顔になりながら只々、自らの体調の悪さを呪っていました。

さて、その後「ミンミン」で行われた餃子パーティの席上にて、2杯目の紹興酒ロックを飲む田子先生がポツリと言った、喉の調子が最悪な状態でMAを迎えたときの話。ここにその日最大の金言がありました。

「使える音域が乏しい中でも、何とか操れる領域はあるはずだ。このなかでバシッと決める集中力がプロ意識であり、プロのプライドだ」

自分は体調の悪さを呪っていたのではなく、たぶん祈っていました。うまく声をコントロールできないことの理由を体調不良に求めたかったからです。これは素人のプライドそのものでした。本調子でないにしろ、声の駆動域が狭くなっているにしろ、その範囲でできることは必ずあるはず。できない理由に不可抗力を持ち出すとその時点から成長がなくなる。なぜ出来なかったのかを追求する手を緩め、さらに「出来ないながらもやってみる」ことを放棄してしまう。実は自分に一番足りなかったのは集中力ではなかったのか?
出来ない理由ばかりポケットの中の底の一円玉のようにいくらでも見つかってしまうのです。

いま寝込んでいる自分がいます。残念ながら今週一杯は起き上がれる見込みはありません。寝comってドメインを取りたいくらいです。あとは現世としばしおさらばだ、と布団に潜り込んで夢の錠前をおろす前に、寝込んでもできることを考えてみました。そして、私は布団の中で「ユリイカ!」と叫びました。(ユリイカとはイカの一種でなく、ギリシャ語で「見つけた!」という意味です)

それが、このブログを書き上げることだったのです。
長文失礼致しました。


上原英司
posted by 投稿!@スクールバーズ at 08:27| Comment(5) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディレクション論 番外編

マスオーヤマ子&オッカナに続き今期アドバンティーヌ・モモエです。

先日のアドバンス、山上さんの仰る「共感と客観」をびしばし体感しました。内容については先述のお二人が詳しく書いて下さっているのでサボらせて頂きまして……授業後の飲み会で山上さんが仰っていたことを。


【みんな息を吸ってたでしょ。】


ナレーター役が席に着いて「宜しくお願いしまーす」の挨拶がすんだ後の話です。ほらほら〜、アドバンス経験者は思い当たるのでは?!

挨拶した後に息を吸って一息おいてから……
D役は喋りだしませんでしたか。
ナレーター役はDの言葉を待ちませんでしたか。

D役だったわたくし、まさにそうでした。息を吸って喋りだそうとしたら…ナレーター役が口火を切られ、ペースを崩された感がありました。さっさと雑談を終わらせて本題に入らなくちゃ!と焦り、同じことを二回言ってしまったり……。それまで他チームではなんとなく、D役>ナレーター役、という雰囲気があったので、このことでまず対等に感じました。ナレーター役がもっと話を膨らませていたら完全に「その場をリード」されていたと思います。

別に勝ち負けの問題ではないのですが、リードを取れば「与え手」になりやすい&好機が増えるわけです!

そう考えてみると…わたくし、普段は書店営業の仕事をしているのですが、「こんにちは」の挨拶の後、相手が「あ」の口の余韻が残っている間に雑談なり仕事の話なりを始められると、大抵良い結果を持ち帰ることが出来ます。雑談なら、先に書店を一周してネタを見つけておいたり、仕事なら「ちょっとこれ今日発売なんですけど見てください!すごいんです!」と(例え実はそんなにすごくなくても)勢いを付けてみたり。

もしナレーターの営業だとしたら…今の時期ならTV局で夏休みイベント目白押しなので、一通り見ておいてネタにするかと思います。ちなみに毎朝日テレの前を通ってまして、最近は日替わりのゲスト目当てに朝からお客さんが並んでいるのですが、やはり[渡り廊下走り隊](AKB48のユニット)が一番多かったですよ!次はAAA。と言ってもまだ始まって3組目ですけどね!

脱線してしまいました。失礼。
つまり、準備をしていれば、第一声を取るのは結構簡単なことなのではないでしょうか!(言うのも簡単……。)

長々とお付き合い頂きありがとうございます。最後にもうひとつ、山上さんの愛に溢れたエールをお届して退散いたします。それではまたの機会に!


【怖いから保守的になっちゃうけど、むしろ逆。怖いなら一番最初に勇気を出してリードを取れば後が格段に楽!】


by キョリアッテ・モモエ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 03:10| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

映像プロセミナーを受けて@まゆりん

超久々の投稿です〜(*^^*)
今や懐かしい?秋1期・そして映像プロセミナー土曜クラス受講生のまゆりんでございます。

先週土曜日、ついにバーズ初、映像プロセミナーが終了致しました。いやぁ…あっっっっっという間でした…ほんとに。あまりに濃い内容に何を書いたらいいかまとまりませんが、私が感じたことと、感謝を少し…(^^;

映像プロセミナーを受講して一番感じたこと。

現場に限りなく近いレッスンというのは、プレーヤーを変えるんですね!
10回のレッスンで、クラスメイトが皆、みるみるうちに変わっていくんです。どんどん自由になるというか。与え手になっていくというか。
正直、毎回プレーヤーは追い込まれた状況になります。考えている暇がないので。だからこそ、その人の今の力が試されるというものなのでしょうが、私は今回の映像セミナーで、またちょっと違うものを感じました。それは…

自分から何が出てくるかがわからない(^^;

あ!これってよくないことかもしれないんです!なんだそれ?かもしれないんです!

でもでも!それによってなんかこう・・・ビビっても仕方ないというか、自信がないとか言ってられない、プロとしてそこにいるという自覚というか・・・なにか今までとは違う感覚が生まれたのです。心臓はバクバクで、超緊張しているのですが、映像がまわりはじめた瞬間、違うスイッチが入るというか。これって、現場に限りなく近いからこそ、開き直るからこそ、生まれるものなのではないか・・・そう感じたのです。

映像プロセミナーはイヤでも?キモが座ります(笑)おそらくw とーっても小心者のまゆりんが言ってますから、間違いない(笑)
決して甘くはありません。でも!自信がなくても、緊張しても、ビビッたとしても、気持ちさえ持っていれば、おもいっきり全身でぶつかっていけるセミナー、そう思いました。

このセミナーの生みの親、すべての大元締め、義村社長。ノリノリ!で皆をナイスプレイの渦に巻き込んでくださった、田子さん。1回だけでしたが、久々にレッスンを受けることができて本当にうれしかったです!あおい先生。準備段階からずーっと、セミナーのシステムを作り上げてくださった、山上先生。みんなが階上でピザを食べているときに、階下で黙々と編集作業をしてくださっていました!毎回画像をミックスしてあげてくださった松田先生。本当に今回のセミナーは勉強になりました。本当にありがとうございました!

そして。クラスメートの皆さんw 本当にいいもの見せていただきました! ありがとうございました!

本当は・・・もう1回受けたい テヘw
posted by 投稿!@スクールバーズ at 20:48| Comment(1) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナレーターメルマガ146号配信@謎の配達人

meru146.jpg

本日13時頃ナレーターメルマガ146号を配信しました。

8/5(木)配信の最新号メルマガは
━━━━━━《もくじ》━━━━━━
◎インタビュー「小さな奇跡」第4話 目覚めよと呼ぶ声が聴こえる
◎スクールバーズ情報《夏の立食パーティー》
━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分を追い込むため、すべての仕事をいったんゼロにして営業に向かった新人ナレーター「こさきん」。だが…恐怖を克服するための時間がかかった。しかしそこに飛び込むしかなかった。扉は勝手には開かないのだ。そこで彼女を待ち受けていたものは・・・
============
そして今週末の8/7(土)はいよいよスクールバーズの毎年恒例の「夏パーティ」。
在校生や卒業生、講師陣やマネージャーも混じって触れあう楽しい雑談の会。ナレーターに興味があるかたなら誰でも参加できるオープンなパーティーです。今回は大掛かりなイベントはなく雑談中心の会になります。

○日時・8/7(土)18時〜21時
○場所・東京都港区赤坂6-19-46-3F tel03-3560-1511
1Fは喫茶店「カフェ・コルド」
(「新葡圜」”しんぶえん”という看板があります!)
http://www.schoolbirds.jp/map.html
道に迷う人が多いです。場所は赤坂と六本木と乃木坂の中間あたりです。お店の電話番号をメモってきてください。
○費用・5000円(飲食代)
○応募方法
タイトルに「夏パーティ」と書いて、「お名前」を明記して下記までメールして下さい。
info@schoolbirds.jp
大まかな人数が知りたいだけなので返信はしません。遅刻早退欠席も自由です。

┏━━━━━━━━━━━━┓
┛☆メルマガを読みたい!☆┗━━━━━

ナレーターメルマガを次回から受け取りたいかたは、下記から登録してください。無料です。
メルマガ登録フォーム

┏━━━━━━━━━━━┓
┛★メルマガが届かない★┗━━━━━━

「ヤフーメールだとメルマガが受け取れない」ケースが増えています。Gメールなど他のアカウントで登録してみてください。
<参考サイト>
「ヤフーメールに届かない現象の原因はコレ」
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:02| Comment(0) | ナレーターメルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドキュドキュ!

CA370638.JPG
ブログ書き込みではお久しぶりです。夏場は汗をかきまくってメガネがズレまくってますます大村昆に似てしまっているいけうにです。先日の土曜日は皆さんにボイサンを聞いていただき大変感謝しております。

今回は恐れ多くもドキュメンタリーのナレーションを担当させていただきましたのでご報告させていただきます。ソフトな語り口でいつも的確にビシッと言ってくださる武信さん、本当にありがとうございます!

ニート、フリーターを経験したことのあるソロアルピニス栗城史多。彼がヒマラヤ山脈の一つ・アンナプルナ登頂とともに行った前例のないインターネット生中継の様子を追いかけたドキュメンタリーです。ナレーションしながら思わず「おいおいおい!」と言ってしまいそうな映像の連続!

私と同世代・20代の彼。ツイッターのフォロワー数を気にしたりと非常に親近感を覚えましたが、果敢にアタックしていく姿、幾度も降りかかる危険、挫折、そして多くの人とのつながりを感じる場面に、自分もたくさんのパワーをもらいました。そのパワーを皆さんにも感じて“共有”していただきたいです。

ちなみに写真右のDが持っているのは、崩れた差し入れのケーキではありません。ヒマラヤ山脈の模型ですよ。この3カ月はボイサンを中心にとにかく悩み考え苦しみ、「バーズで何を学んできたんだ!」と言われても仕方ない自分に、怒りやら悲しみやら悔しさやら。とにかく色んな感情に襲われまくっていました。その中でも改めて「与え手」になることに、さらに集中していおりました。少しは「与え手・いけうに」を感じられた方がいたら嬉しいです。

ちなみにこちらのサイトで8月下旬ごろからこちらで見られるそうです→栗城史多オフィシャルサイトhttp://kurikiyama.jp/
それでは文章力があまりないのでここら辺で私は立ち去ります。ほいでは〜!

「いけうに」こと池谷広大 http://ameblo.jp/ikehum/
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:53| Comment(6) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

田子映像オプション!

100803_215726_ed.jpg
今回は『時短生活ガイドSHOW』の時短クッキングナレーションをどれだけ美味しそうに肉汁たっぷりに読めるかトレーニングです!

キーワードをどうチョイスして、どこを立てて、どう間をとって、タイムをどうコントロールするか?

大変だ〜、やることいっぱいあるね、ナレーション!

しか〜し見事全員最後には合格♪

打ち上げはみんみんで餃子祭で〜す(^0^)/

あれ、美味しさの表現がみんな上手くなってるぞ☆



∋CHIHIROTAGO∈
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:58| Comment(1) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土N 梅しゃん改めあけみです

こんにちは。
先週わたくしめもボイスサンプル録って参りました!
やほーぃ☆

当日は、私の前にも収録があった山上先生。
タバコで一服される先生と雑談をしているうちに、いただいたコーヒーにも助けられ私の緊張もちょいゆるに。

が。テス本では、クレジット用の名乗りで早速…
「だから、その発声は違うから」
Σ(゜д゜lll)ノッケカラ…
気を取り直し、いわゆるアナウンサー系営業用ボイスをポイしてもう一度。
「梅しゃんあけみでちっ、あ、言えてねー」
今度はかんじゃった↓↓
すると山上先生は、いかにも私の根性悪さ丸出しの低ぅい「言えてねー」をリピートしてくれまして。
「さっきのとどっちが伝わる?ほんとの声はこっちに近いんじゃないの?」と。
この時、はじめてストンと納得しました。
"あ、好きな声じゃないけどこっちがほんまのあたしやな"って。
これまでレッスンで先生方に指摘されて飲み込めなかったことが成仏した感じでした。
なーむーぅ(´-ω-`)
そこからは必死ながらも変にこわばることなくテス本終了。

ブースを出るといよいよスペクタキュラー山上のマジックショーです。
「そんな!」な構成と「まさか!」な音効。
何箇所かのリテイクをはさみつつ、拙いナレーションがみるみる5割増のべっぴんさんに変身。
先生のクリックも鮮やか〜♪
しかし、そんな「惚れてまうやろー的山上せんせの背中」を眺めていたあけみにできる唯一のことといえば浅草・ペリカンのロールパンをちみちみ食すだけでした。
食しながらあけみは凹んできました。
"全然イメージ通りに読めてへんやんけ…"
鏡かぁぁ…鏡なぁぁ…"
でも、収録中に発見した新しい自分にちょっとうれしさもありました。

他のスタジオにも耳のいいオペレーターはいますが、読み方に言及してくれる方はいません。
プロナレーターがディレクションしてくれるからこそのスタジオバーズ。
しかもこりゃ、クリエイタータイプの山上先生じゃないとできない仕事ですね。
感動しました。
山上先生。ほんと、骨の髄までありがとうございますです。

して。
この前の土曜日、事務所にてみなさんに聞いていただきました。
大窓王・狩野社長をはじめ尊敬する先生方もワンサといらっしゃるというのになんと恐れ多いこと。
聞いてほしいけどめっっっっちゃハズカスィ…でもどう思われるのか知りたくてしょうがない、あの感覚。
人生で初めて男子に告白した高1の夏とおんなじ気持ちでした(年齢はダブルスコアですが)。
そんなピュアな気持ちとは対照的に、田子先生からは「いい声だね。半××!」というワイセ…アダルトなフィードバックを頂き、
「今度は臨戦態勢になっていただけるよう頑張ろう」と真摯に受け止めたあけみなのでした。
そのほか酸いも甘いもいろいろな感想をくださったみなさま、本当にありがとうございました。
お言葉を糧に邁進します☆

超長文、スミマセン!でも。
ボイサン…とってよかったぁぁぁ♪
posted by 投稿!@スクールバーズ at 20:29| Comment(3) | ボイスサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映像プロセミナー】田子先生の映像アップしました

映像プロセミナー田子先生の収録映像をアップしました。

映像は1週間程で削除しますので、ダウンロードは
お早めにどうぞ!!

松田佑貴
posted by 投稿!@スクールバーズ at 20:12| Comment(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そうだったのか!ディレクション論

こんばんわ^^ アドバンティーヌ・オッカナです。

マスオーヤマ子さんの記事にもありますが^^、
先週の「ディレクション論」は斬新でした!
私は、ディレクターの気持ちを知りたくて、2度ほどさせて頂きました。
つまり、2人のプレーヤーをディレクションしてみたわけです。

そこで感じたことは。。。

・抽象的な「○○な感じで!」という指示しかできないものである。
(例えば、爽やかな。。。固すぎずやわらかすぎず。。。etc)

・最初の読みが、一番集中してプレーヤーの読みを聞いている。

・2番目の読みは、指示通りプレイしてもらっているか、ではなく
振り幅を無意識に聞いていた。

・「○○さんみたいな感じで。。」や「某○○番組みたいな感じで。。。」
はナレーターさんに失礼かな、と思いつつ、イメージを伝えやすいと思ってしまっ
た。

・説明すればするほど、自分でもよく分からない抽象的な言葉ばかりがあふれ、
心の中は「なんだったっけ?」になっていく。

・なので、できるだけシンプルに伝えようと、「あなたらしい味で!」とムチャ振り
をしてしまい、
プレーヤーを混乱させていた。

・考えてるとき、思いを伝えているときは、どんどん孤独感がつのるので、
会話の流れでプレーヤーから、提案があると救われる。
そこで「そう!そんな感じです!」と言えると、
自分の思いが伝わったんだと安心して収録できる。

などです。


現場のディレークターさんはこんなに指示があいまいではないと思いますが^^;、
私の体験としては実際、こういう指示をうけたこと、ありました。
そういう時は、ディレクターさん自身、迷ってるのかもしれないですね!

そこで、プレーヤーが一緒に迷宮入りするのではなく、
提案できることがいかに大切か、を学ばせていただきました。

まさに、「与え手」とならねばですね!

逆に言うと、「言葉」に翻弄されて、自分を見失なってしまわないように!との
山上先生からの言葉も身に染みました。
「与え手」となり提案していく「攻めの視点」を持つことで、
受身ゆえにピンチを招いてしまうような状況から回避できるんですね。


そう言えば、以前ゲスト講師として来られていたTBSリンカーンのディレクター高橋
さんも、
「仕事したいと思うのはどんなプレーヤーか?」の質問に、
「録ってて、テンポというか、波長が合う人」と答えてらしたのを思い出しました。

いろんな引き出しと「らしさ」を準備して、1打席ホームランを狙いましょう!!


ディレクター役のみなさま、他にも補足お願いいたしますっ。


☆オッカナ☆
posted by 投稿!@スクールバーズ at 19:59| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大 失 敗

みなさまアニョハセヨ。春二期の大江です。そうです。最近よく分からない投稿を連発しているあの大江です。昼からビールを呑む大江だとゆう噂もありますが、それは時期をみて有 耶無耶にしたいと思います。画像添付して投稿すると必ず途中で文章が途切れてしまうので、今回は しっとり文章のみでお仕事のご報告をさせて頂きます。

☆『DREAM STORIES 〜田臥&川村 夢への軌 跡 日本一へのブザービーター〜』(スカパー内フジテレビONEやCSにて、8/7(土) 19:00〜20:00 OA!!)

「日本バスケットボール界の宝」と呼ばれる川村卓也。そして、日本人 唯一のNBA経験者である田臥勇太。その二人が、バスケ不毛の地 と呼ばれた栃木県のJBLチーム『リンク栃木ブレックス』で出会 い、誰も予想し得なかったリーグ優勝にチームを導くまでの1年 間を追った、スポーツドキュメンタリー。

スラムダンクから派生したバスケ全盛時代を経験した大江としては、も はや辛抱たまらんこの内容!スラムダンクでバスケ熱を燃やしつつ、何故か卓球部に入ったあの頃を 思い出します。
ディレクターさんが取材先で号泣しまくったとゆうこの番組。是非観て 頂けたらと思います。

そして、この最高にハッピーなお仕事を大江に紹介してくれた武信マ ネージャーには感謝の言葉もございません。

さて……みなさんは最近『失敗』してますでしょうか。
それは、いち社会人としても、いちプレイヤーとしても。僕は、小さなモノから大きなモノまで毎日失敗しまくりです。
しかし最近、本来ならば派手に転んで大怪我するべき『失敗』に対し て、中途半端な『受け身』を取ってしまう自分に気付きました。しかも、その『受け身』の技術がやたらと上がっている。

思い出します。スクールバーズに通っていた頃を。
「俺うまいからトントン行くんじゃねーか?」
前の事務所の実績から、スクールに通う前は本当に、本当にそう思って た。

そして、スクールバーズに通う事数回。授業が終わり、帰り道で大江を襲う強烈な胃痛。喪失感。虚無感。そし て不安。
「俺、このままトントン消えて行くんじゃねーか…?」
本当に、本当にそう思った。受け身の取り方なんか知らなかった。毎回黒帯級の教えにバカスカ投げ られまくって、大怪我して帰ってた。僕にとってはスクールバーズは最大の『失敗』だったのかもしれない。でもそれは、間違いなく最高の『失敗』だった。

でも、ここ最近の中途半端な『受け身』には、自分自身に怒りが込み上 げる。右に行ったら左には行けないし、左に行ったら右には行けない。損害やデメリットなんか承知の上でのトライアル魂。欠けている気がす る……。

単純化を掲げた2010ですが、考える事がやっぱりやめられない大 江。挙動不審が止まらない……でも、自分自身に沸き上がるどうしようもないこの怒りがある内はまだ まだ怪我出来る。
転ぶ時は、顔面から。元々怪我して損する様な顔してねえんだから。

毎回ジメジメしててすみません。では、8/7に会いましょう。
大江吉史
☆Blog:http://ameblo.jp/patricks/
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:19| Comment(0) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

こないだのアドバンス@マスオーヤマ子

こないだのアドバンスは山上先生による疑似体験講座でした!
クラスが4〜5人のチームにわかれそのチーム内でそれぞれブロデューサー役、ディレクター役数名、ナレーター役を決めます

あらかじめ決まった原稿が配られたら開始!
まずPが原稿をもとに企画を練ります。ターゲットは?放送の時間帯は?他局に負けない?などなど考えます

次にP→Dへの伝達!Dはいかに正確にPの意図をくみ取るかが課題になります

そしてD→ナレーターへディレクション!ナレーターのプレイ!へと繋がります。Dが何人もいると、それぞれ違った捉え方をしたりして、それが結構あいまいでナレーターを苦しめたりします…

オーヤマはナレーターとディレクター役をやりました。
ナレーター役をやってみて感じたこと、起こったこと→
☆とにかくDの言うことに振り回されすぎた
☆自分の読みを確立できてないばかりに、最終的に自分らしさ崩壊

ディレクターをやってみて→
☆ナレーターに不服はあまりでてこない
☆ナレーターの印象、できる技量を一発目の読みで把握してしまった気持ちになる
☆よりよくするには?を考えて、言ってることが複雑になってナレーターを苦しめる
☆ナレーターは悪くないのでまた何か機会があれば使いたいと思う
(がしかし、実際のところ義村社長によれば、『悪くない、こうゆうくくりのナレーター、とゆう印象程度しか残せないようならほぼリピートはないといえる!』)

全体通して→
☆自分の読みを確立し、一発目の読みでいかに大きく振るかがポイント!

何度も言われていることを実感した回となりました。
ディレクターさんはナレーターのよみが大きく主旨とずれてない限りOKをだすんですねー
むしろ大きく振りかぶってホームランを出したら、案外『それもアリだね!』なんて思わせちゃう♪
Dさんに物足りなさを感じさせて曖昧な指示を出されるより、
期待を裏切るホームラン打っちゃってOKださせましょう!とゆうこってす。

なんか下手な文章ですね笑
ご意見あったらコメントしてくださーい!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:18| Comment(1) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする