2009年07月31日

ブースに直行

暑中お見舞い申し上げます。一期生の恐山いた子です。

ようやくTVナレーションの仕事をした先日のこと。
集合時間から収録まで待つこと1時間ほど経った所で、
演出の方が「原稿」をもって登場。お疲れの様子です。
「そんじゃ、さくっと録っちゃいましょうね」
原稿は…5枚?文字がびっしり?!あるみたい。
もはや、黙読はおろか全体を眺めることもかなわず…。
貰った原稿をガシッとにぎりしめて、ブースに直行です。
「こいつ何でそんなこと位でビビるのだ?」ってお思い?
TVの現場「原稿は当日渡し・速攻ブース行き」当たり前?
私は今まで80%の仕事は前日迄に原稿が貰えてたんです。
当日渡しの場合でも短い文章だったり〜(創造性は必要)
黙読して軽く下読み程度は可能だったから、私はビビります。

「もう、やるしかないみたいだわ」
番組が生きるよう面白くわかりやすく喋ることを心がけ、
とにかく集中してお仕事することにいたしましょう。
一枚目二枚目は感性とノリで喋ってOKでありました。
三枚目になって所々ぼろっちいナレーションになり、
リテイクを2、3回。ここにきて冷や汗タラリ…。
パッと描いたイメージが、ディレクションとは食い違う。
あのぅ、言葉が紳士的なのがかえって怖いですよ〜?!
でも、楽しい。有難い。この仕事に私を選んで下さった…!
情報番組20分程度のナレ部分を50分位かかって録り完了。
視聴者や制作者の皆様に喜ばれる仕事をしたいものです。

正直申して、ここ最近は営業や候補出しで連戦連敗でした。
あまりにも選ばれないことが続いていたので、しまいには、
「へへ、へへへへっ」と、変な笑いがこぼれてきた程でした。

失敗も成功も体験を積み重ねる事はとても大切と思います。
2年前スクールで学んだ折に、自分にマッチしたものは、
知らず知らず身に付いて、必要な時々で役立っております。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:45| Comment(3) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

夏パーティまであと10日!

DSCF1783.JPG
さぁ〜いよいよ8/8(土)は、「スクール説明会」と「夏パーティ」です。10日をきりました。
パーティはあくまで在校生、講師陣、卒業生との交流が中心なのですが、「あくまでも余興」の出し物もやります(^_^;)

今年はなんと【ボッサノバ・ナイト】に電撃決定!
あおい洋一郎先生&プロボサノバ歌手、松田佑貴先生、ボキ、そして生徒からは伝統芸能をひっさげて通称「ヘリョンさん」が出陣いたします!
司会に畠山里美先生をお迎えし、さぁ〜いよいよ盛り上がってまいりました!!

8/8(土)「スクール説明会」「夏パーティ」の詳細と申し込み詳細はスクールバーズのHPで!


さて謎配はスタジオ&スクールの皆様へ暑中見舞を書く毎日の中、ついにお歌の練習も開始。ひっじょ〜うに難しい歌ですので、はじめてプレッシャーを感じております。ドキドキ(゜∀゜)
友川かずき「一切合材世も末だ」
友川かずき「生きてるって言ってみろ」
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:25| Comment(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

『松田メソッド』アナウンス理論徹底解剖

(記事の前に)
ブログパーツに『スクールバーズ最新情報!』を追加しました
8/8(土)スクール説明会&夏パーティ開催!の情報をアップしました!
パーティでは、講師陣と生徒が「余興」をします。松田先生も参加してくれるとのことで、今から期待がふくらむのであります!
==================

anaunsu.JPG
さて7/25のスクールは前期夏休みということでお休みでした。先日の実技レッスンは松田講師。スクリーンに映し出される文字は『アナウンス技術』。

多様なアプローチがあるナレーション業界には、実は『きちんと学んだことがないから、実は”しっかり読む”ことには自信がない』とおっしゃる人が売れっ子プロにも案外たくさんいらっしゃいます。それは「ストレートナレーション」と呼ばれる読み方の基礎の世界。文章を声にして伝達するとき必要な”技術力”です。そしてこの技術にはじつは理論があります。
「基礎に不安のあるプロ」かくいう私山上もその一人。養成所時代、早々に基礎でくじけた為に、現場で「きちっと読んでもらえますか」の一言で、ぷしゅーっとハートがしぼんでいく訳です(^_^;)

松田講師のアナウンス理論「松田メソッド」は、スライドに映し出される「ナレーションの”譜面”」を見ながら読むことで、感性ではなく、誰でもが「理論」を実感できる、新しい「ストレート攻略法」のひとつです。

初心者も、プロでももう一度きちんと基礎を見つめ直す際に、ぜひ受けてほしいレッスンで
す。
matsuda1.JPG

posted by 投稿!@スクールバーズ at 10:19| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今更ですが@マチュピチュ・インコ

第1期生のマチュピチュ・インコです。
(もはやダレという存在ですが。。。)

ご報告が大幅に遅れまして申し訳ございません。
狩野さんのお導きにより、4月からビスコっちの後を引継ぎレギュラーを担当させて頂いています。

4月はひたすら現場に慣れることに必死で、5月は原稿に必死で、6月は自分自身に必死で、7月に入ってようやく拘束されていたものから開放された感じがしています。

当然ですが現場に出てみないと分からないことだらけ。
打ちのめされて壁にブチ当たっても、毎週MAは来てしまうから立ち止まっている時間はなく、短いサイクルで自分を建て直し、また思い知らされて倒れて。。。

気がつけば半分過ぎて9月まで残り僅か。
最後は成長しているあろう自分と対面したいと思っています。

今週放送のあと8月はアタマから3週お休みですが、機会があれば『ホリさまぁ〜ず』ご覧下さい。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 09:03| Comment(0) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

いつでもお勉強@謎の配達人こと山上智

sakae.JPG
謎の配達人こと山上です。数日前のことになりますが、こちらはスクールのレッスン終わりに映像編集を学んでいるボキです。ついにボキも教材用映像にタイムコードを入れることができるようになりました。(これまでは松田先生にお願いして入れてもらっていたのです)
謎配の講師はバーズ通学中でもあるサカエD。今もとある人気報道番組をてがける現役ディレクターさんです。実はサカエD、びっくりするくらい教え上手な方でして、謎配あ〜っという間に理解。「”わかっているだけ”」ではなくて「”教えられる人”」に教わることが重要なのだなあと思いました。

レッスン終わりの恒例飲み会までは時間がありますので、CMセミナーの人たちが学んでいる間たいへんたいへん申し訳ないのですが(゜∀゜)アドバンスメンバーは【赤坂・世界グルメツアー】に出かけるのでございます。

前回の大窓王コーディーネイトによるドイツ料理に続きまして、この日は謎配引率のインドネシア料理。
zou1.jpg
地下をもぐれば、このような熱帯感あふれる彫刻と、ほぼ全員現地の方である店員さんたちが我々を笑顔で迎えてくれます。
同行していたはずのアドバンス生「油谷くん」が店員さんと保護色になって、どこにいるかわからなくなりますが、それは気のせいでありましょう。




さて出てきた料理はどれも…びっくりするほど美味し!

niku.JPG
インドネシア…というだけで、なにかイメージ的に酸っぱいような、なんでもココナッツがかけてあるような…そんな勝手な印象をもってしまっていたボキが馬鹿でございました。
基本は「うま辛」!もちろん熱帯の食べ物ですので、野菜なども上手にとりいれながら、体力がつき、かつヘルシーなようにできているようですね。

店員さんにきいてみれば、インドネシアの人はご飯の時に普通に「えびせん」を食べるのだそうですよ。もちろん我々もえびせんをいただきました。これがまたビールに合う!
大ヒット!でございました!

tya-han.JPG

『ジュンバタン メラ』赤坂店
赤坂3-20-6 日住金赤坂ビルB1
http://www.jbm-gr.com/jbm/jbm_aka.html
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:28| Comment(4) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

バラエティオプション☆

休学中のナガーイです(*^^*)

きょう、山上オプションやってきました!
四ヶ月ぶり?!のバーズで、いろんな人と出会えて、義村さんともお話ができて、やっぱりバーズのこの場はいいなぁと思いました!
皆さん、ありがとうございました(*^o^)/\(^-^*)


休学と同時に会社をやめたため、しゃべる機会が激減した私。
でも、この四ヶ月、いろいろなことについて考えたり実践してみたり、継続したり…(^-^)v

今回のオプションで、良くも悪くも、この四ヶ月の私が出ると感じていた。今の自分を知る場でもあったわけです(@_@)


オプションでは……
小さな表現を大きく変えるため、山上さんからアイーンだったりキャイ〜ンだったりぞわぞわぞわ、ポーー>゚)))彡!!だったり、danger(゚ロ゚)と、からだの動きをつけて読んでみて!との指示。

みな、我を忘れて叫び、踊りながら読んでいくと……最初に読んだときより、表現がかなり大きくなっていった!!!

一日おいてからレコーダー聞きなおしてみたらもっと違いが分かるかも(^_-)


ここまで引き出してもらったのだから、これからは一発目からこういかなきゃプロじゃない!!

ブースに入ったら『ぞわぞわぞわポーー>゚)))彡!!』ってやってみよう(笑)


山上さん、ありがとうございました。お大事に(^O^)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:47| Comment(2) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

ベトナム@いけうに

CA370528.JPGCA370529.JPG
赤坂発世界グルメツアー。

今回はベトナム料理。


果たしてナマズの揚げ物を食した我々に、この後起きた出来事とはぁ〜?



すいません、何も起きずにおいしく頂いただけです(^ε^)♪



大窓王のお言葉を聞いて思う。



きっとこのナマズも、いつかナレーション表現に役立つはずだ、と。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:29| Comment(3) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

テレ東「株木亘さん」@アドバンス・ゲスト


7/11(土)アドバンスのレッスンはゲスト講師!テレビ東京の演出(ディレクター)株木亘さんがスクール“バーズ”にいらしてくださいました!
テレ東の看板番組「チャンピオンズ」をはじめ、「怒りオヤジ」「モヤモヤさまぁ〜ず」など先進的な番組を仕掛ける株木さん。テレビ業界最前線の空気感と「どんな風に番組を作ってるのか」「ナレーターを選ぶ基準は?」などなど、たっぷり90分教わりました!



実際に活躍しているナレーターをわかりやすく例にして『”私はこれなら絶対に勝てる”という土俵を持ってるナレーターさんと仕事をしてみたいですね』など熱い講義をわかりやすく展開、いまの考えや感じている事をそのまま伝えてくれました。
『たとえば尺におさまらない時、巻いて読むことも仕事のスタイルだとは思う。でも全体を通して一カ所だけ変に巻いていたって、やっぱり変になっちゃうことが多いんですよ。そんな時は「これ入りません」とナレーターさんから言ってもらえれば、どんな風に原稿を直すかは私たちの仕事なんですよ』と、”作品の作り手”としての視点も教わりました。
業界ウラ話も豊富な(^_^;)貴重なレッスンでした!


写真は、アドバンス卒業後の「聴講制」で、講義を聴きにきた卒業生たち。
実際に売り込みなどを経験した彼らが「”テレビ最前線の人が求めているもの”を教われて良かったです」と言ってくれました。

株木さん、本当にありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 02:02| Comment(1) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

山上先生から教えて頂いたこと

金Nの、ばってん いとぴー子です♪

先日、ボイスサンプル制作の打合せでスタジオバーズに行ってまいりました。

今回制作するのは「猪鹿蝶 CM用(ビジネスコース)」のボイスサンプル。
スタジオバーズでの制作は初めてです。

たくさんの原稿の中から、実際に使用するものを選ばなければならなかったのですが、なかなか決められない・・・!
時間も1時間以上経過したころ、そろそろ焦りを感じ始めた私は、
「消去法で選んだ方が良いかな・・・」
と思い、山上先生に
「いくつか読んでみますので(原稿を)ダメなものは言って頂けますか?」
と言ってみました。

しかし、その質問は、プロ意識に欠けた恥ずかしい質問だったのです。

山上先生はそのことを教えて下さるため、私を傷つけないように気遣いながら、いろんなたとえを使ってお話しして下さいました。

自分のおろかさにショックを受けたこともあり、その時のお話を頭の中で整理するには少し時間がかかりました。
又、先生のおっしゃらんとすることを100%理解は出来てはいないかもしれませんが、とにかく私は、プロとしてやっていくための根っことなる、「意識の部分」に問題があったのです。
それは、明確なビジョンの無いまま、なんとなくここまで進んできてしまったからだと思います。

先生のお話を私なりに短くまとめると、
明確なビジョンを持って、そこに向かって準備をし、進んで行くことが大切。
そうすることで、発する言葉のひとつひとつも変わってくる。
それは質問する時に使う言葉にもつながり、すなわち「質問力」にもつながるということ。
そんなふうに解釈しました。

このようなお話のあと、
ボイスサンプルの原稿も、先生のリードで無事決定。
意識も新たに、ボイスサンプルの収録も頑張ります!!

山上先生、今回は打合せ以上に貴重なお話、
本当にありがとうございました。







posted by 投稿!@スクールバーズ at 11:29| Comment(2) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

土N⇒CMS(by松田センセ)@クッティーナ☆

土曜Nのクッティーナ☆です!!

先日の松田センセイの講義は、映像を意識して読む、というもの。
情報番組の1コーナを5ブロックに分けて5人でリレー読みします。

まずはオンリーで、それから映像に合わせて。

オンリーで読むときに、<どれだけカット割や映像をイメージして読めるかで、
実際に映像を見た時の修正がしやすくなる>とのこと。
これは作り手を意識した方が良いのかな、と思いました。
どのような映像が来るのか、どのような演出をしようとしているのか、
立場を変えて意識(イメージする)ことで読みがグッと変わるような印象がありました。

そして、当たり前のことだけれど”滑舌よく””明るく盛り上げるように”とか
そういう基本的なことはできていて当然として、
<相手の反応を気にして読む>ことがやっぱり大事。
相手というのは視聴者の皆さん。目の前に居なくても想定して感じて読む。
簡単にイメージできない人はまずは実際に居る人に語りかけるのが有効。
また何かを紹介する場合など、具体的にそのものが意識できていないと、
言葉が流れてしまう(ただ読んでいるだけになってしまう)。
そんな場合もやはり仮物で良いから具体的に何かを手にして、
それを紹介するつもりで読む。そうするとその言葉に意識が入る。

そしてそして。
身体と発声と表現とは繋がっている。身体が堅いと表現も堅くなる。
堅い人はいかに脱力するか(力を抜くか)が勝負どころ。
姿勢を変えてみるのも一計。
(ぐだーっとした姿勢で読んでいる人の読みの変化が面白かったです)。

以上、大きく3つのことを学びました。
その他にも・・・
<迷わないで読み切る!><何を求められているか考える!>
などなど。相変わらず名言多数。
うー!勉強になりますっ。

==================

さて。ネクストの後は、早速授業の成果を活かしたいと臨んだCMS。

CMSでの使用するのは当然CM原稿。私は化粧水の原稿を選びました。
まずはイメージ。オンリーで読んでそれから映像に合わせて読みます。

結果、良かった点としては、カット割をしっかり意識できたこと。
CMって思って、私が思っていたよりもカットが多かったことがわかりました。
そしてそのカットごとに【ここでこのセリフを言って欲しい】みたいな、
短いセリフ数の中にも作り手さんの凝縮した意思が詰まっていることが解りました。
また、自分の未熟さもわかりました。
まず音楽が入った時に自分の声が音に負けちゃうんじゃないかとビビってしまったこと…。
これはこれまで全く意識してなかった事だけに反省反面、気がつけて良かったです。
それから<ナチュラルに年齢を変えること>。これは課題。
『もっと若く』『もっと大人っぽく』・・・きっと良く言われる演出の1つではないかと思います。
抽象的な演出もあるけれど、ある意味これは解りやすい演出だと言えます。
自在にできるのが基本で、且つそれがナチュラルでなければ厭味になってしまう。
私、まだまだまだまだです。。。

さて。授業で飛び出した今回の松田語録。”水っぽく”
水商売系という意味ではアリマセン。きっとそのままのニュアンスで水っぽく。
みずみずしい、とか清涼な感じカナ?そこに女性らしい透明感もあって。
・・・前回の”艶っぽく”に引き続きですが、感覚に訴える良い表現だな〜と思いました!

====================

ネクスト授業の<ぐだーっとしてナレーション>と言い、CMSの<水っぽく>と言い。
松田センセイはいつも何か斬新。
次回はどんなレッスンで、どんな言葉が飛び出すのか、楽しみです♪♪
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:50| Comment(6) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

講義の態度が悪いんじゃないんです@いけうに

どうも!書き込み久々、土Nいけうにです(^O^)/

昨日の講義は松田さんによる実技レッスンでした。
イスの背もたれに寝そべるようにしての原稿読み。端から見れば「おいおい何て姿勢で授業を受けてるんだ、けしからんっ!」と思われそうですが…

いえいえ。この姿勢で、朝起きたばかりのような声(響きのベクトルとしては体の内側)を出すことにより、硬さのある読みを取ろうという松田さんの方法。実際、この方法で硬かった読みがみるみる柔らかくなりました!


そうです、体のどこかに少しでもムダな力があると、表現にも現れるのです。
私の場合はのど周りでした…自覚していても硬くなっていたんですから、ダメですよねぇ(^_^;)

だからといって、それだけに集中してしまうと、今度は尺に合わなかったりと。むむむ…前途多難!

しかし、のどに力が入ってない時の表現は、自分の感覚としては「お腹からのどに太いパイプが通ってるみたい!」なんです。ん〜伝わりにくい(笑)



腹式呼吸のお話は、私含め皆ちょっと意外!みたいなリアクションをしてしまいましたが、帰ってから自分なりに考えてみたんです。


文章に均等に声を載せていくには、安定した呼吸配分が重要。その為にも腹式呼吸は欠かせない、しかしそれによってお腹に余計な力を入れてしまっては、体が硬くなって響きが悪くなる。それじゃあ本末転倒じゃないかよっ!てことなのかなぁ、と。

あ、「腹式呼吸は腹直筋より腹斜筋の活動が強い」と手元にある本にも書いてましたわ〜!!内容理解してなかったぁ〜〜(__;)


いやはや松田さんの講義はいつも論理的で、感覚第一主義の私にとってはいつも感動ものです。
どうしてそこまで研究熱心になれるんですか?!と思うと同時に、自分の甘さを知り危機感すら感じるのであります。

あ、危機感だからといって体が硬くならないように、硬くならないように(笑)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:22| Comment(5) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Y150



バイト行ってきます!
横浜開国博のイベントスタッフ☆
っても大したことしてない…←


結局昨日は明け方まで寝れんかったのに勉強いっこも出来なかった…

論述形式ばっかやしなんとかなると思うけど、準備しないと意味がない(>_<)

これから暫く朝日を拝む毎日になりそうだ\(^O^)/

寝たい!←
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:41| Comment(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下の、お初にお目にかかります。について


先ほどのブログの呪いです。
記入ミスをやらかしてしましました…
土曜Bではなく金曜Bでした(>_<)!

なぜ土曜と書いてしまったんだろう…


お騒がせしてすいませんでした。

それでは本当に失礼します。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 03:12| Comment(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お初にお目にかかります。


夜分遅くに初めまして!
お疲れ様です!
土曜Bの「呪い」の人です。
因みに決して悪い呪いではありません!!自分的に!

ブログ初投稿なので、上手く書けるか分かりませんが頑張ります!

本日というか昨日、「マスコミ就勝(活)セミナー」に参加して来ました。
現場で活躍されている出版、広告、新聞、TV制作会社のプロデューサーの方々の生の話を聞いて、社会に出るとは如何なるものか、勉強させて頂きました!
個人名は諸々の都合で出してはいけないそうな…
そこでの二次会で某局プロデューサーの方に、「番組を作る上で、どういうナレーターを選ぼうとかいう基準はあるのですか?」と質問したところ、

「読みがどうこうよりも原稿や映像を1度見てバシっと尺に収めてくれる人を選ぶね」

という風に答えて頂き、尺どころか読みすらもともに出来てない私にはそれ以上の質問が出来ませんでした…

でも、同じマスコミ業界で働こう!活躍していこう!という同年代の子たちと話てると、悩んでる自分がバカらしく思って凄くいい刺激を貰えました!
出来ないんだったらやるしかないですよね!!

もうレッスンの残りも少なくなってきていますが、何故自分がナレーターになろうと思ってバーズに入ったのかもう一度考えるきっかけとなった1日でした(^^)


最後にっ!
帰りに電車が一緒だった子が、田子さんのご息女と同級生と知りビックリしました!!(田子さん、お話したことないのに勝手にお名前出してしまい、すいません。初めまして!)

世間って本当に狭いんですねー

それでは失礼しました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 02:42| Comment(2) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

山上先生 発声オプション募集

土Bハマミヤです。

山上先生に発声オプションをお願いしようと思っています。
なにも決まっていませんが…、ご一緒にいかがですか?
他のクラスの方ともぜひご一緒したいです♪

ご連絡ください!


mary_oops421577@yahoo.co.jp

よろしくお願いします。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:43| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

勘違い

土Nマダムです。
『もうやめた方がいいんじゃないですか?きどって読んでも内容が何もこちらへ伝わらない。自分に酔ってるの?声に芯がない。お腹から声出してますか。練習不足じゃないですか?』

バーズで、殆んどの講師の方々から指摘されたこと。
もう練習出来なくなり1ヶ月がたつ。私の許容範囲を超えた日常が始まったからだ。理由はどうでもいい。

私は仕事で毎日30人の子供達に自分で選んだ題材で10分間話をする。それはバーズでの私の表現とは全く違うもの。子供達は私の話しに心を傾け、いくつもの言葉を返してくれる。
私の勘違いはここからだった。

テレビナレーションで多くの人に感動を!なんて…。テレビの中から見えない相手に向けて、自分で選ばない経験や興味もないかもしれない内容の原稿を読む、ここで通用する表現は素人には計り知れない技術とセンスと努力が必要だ。

バーズに来て、ネクストに私を進ませて下さった講師の方々は、『あなたのしたいことは本当にテレビナレーションなんですか?(違うでしょ)』ということに気づかせて下さった。通う度に苦痛へと変わる。頑張るほど道がそれ、バーズへ足を運ぶのがやっとだった。こんな状態で通っていたことをちゃんとあおい先生は見抜いていらした。
勘違いのままプロの方々に触れて憧れや夢を長いこと抱いてしまった。でも何かが違うと思いながら。

私は今の自分の仕事にエネルギーを注ぐことに決めた。私という人はそれにしかエネルギーがわかないとわかったから。

あるパーティーでの都先生の言葉を思い出す。『進む道をかえる勇気も大事なんですよ。』

みなさん色々ありがとうございました。
クラスのサブリーダーとしての役を土Nのどなたか引き受けて頂けますか。すみませんがよろしくお願いします。

最後になりましたが義村校長はじめ講師の方々、クラスの皆さん、こんな私と一生懸命お話して下さってありがとうございました。
テレビを見るのは大好きなので皆さんのご活躍を楽しみにテレビを見ています。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:34| Comment(16) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

省吾さんCMS最終回@北の邦から

昨日は鈴木省吾さん担当のCMセミナー最終回でした。3回なんて少なすぎる〜と泣き出しそうになったのは私だけでしょうか?
今回は前回の続きということで、各自が選んだCM原稿を一人一人懇切丁寧に最後までご指導頂きました。
中にはこれまで2回の様子から、苦手そうな原稿、聞いてみたいパターンの原稿を指定された人も…
本当に省吾さんはこんなに短い付き合いの中で、生徒一人一人の特徴をしっかり把握してくださっているなぁ〜と感心しきりです。ある方など普段の怒りの表現の仕方について、ズバリと指摘されちゃったり…恐るべし!!
でも、Bで松田さんもご指導されているようですが、普段の話し方、喜怒哀楽の表現力が読みに影響するってこと、その通りですよね。
自分では思い切り想いを込めていても、普段そういう感情を表に出していないと、やっぱりナレには出ないということです。
先日、畠山さんのお話で心理と臓器の繋がりがかなりあると聞きました。怒りすぎても怒らな過ぎても肝臓が不調になるとか、不安、ストレスは腎臓だとか…
病は気からと言いますが、逆もまたしかり!体調悪いと気分もトーンダウン。
それらが全て声に、表現に表れるってことですね。
省吾さんのまずは想いに集中した表現力育成法。
貴重な3回のうち、1回休んでしまったことを本当に後悔しています。
でも、最後に少しだけ、省吾さんに自分の表現を受け入れ、認めて頂けたことが、私の小さな自信に出来そうです。
気分を変えること、その気になること、そのスイッチを自在にコントロール出来るようになるよう、これからも省吾さんの照れ笑いとともに、伝えきれないたくさんの教えを心に刻み頑張ります。
省吾さん、本当にありがとうございました。
今夜は笑顔を作って寝てみようと思う私でした。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:12| Comment(3) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松田先生B授業「普段の喋りをトレースする」

タニタニと手料理を持ち寄ることになったキョリアッテモモエです。
今回のベーシッククラス松田先生の授業では
「普段の喋りをトレースする」ことの難しさを実感!!

教材は約20秒の番組宣伝。

声を張ったり盛り上げようとすると先生からすかさず
・声が出すぎです
・力が入ってます
・読んでます
・普段友達と話すときそういう話し方をしますか
などなど指摘が入ります。

対象をイメージできていないと声が不要に大きくなってしまったり、力が入っている声だと聞いている人が信頼感を持てない、ということ。
例文を身近な人や場所に置き換えて、隣の人に伝えてみると…確かにとても自然で読みやすい!

しかし…私は不安になりました。
一番最初に読んでいた時と比べると声の大きさが半分以下でテンションも低い気がする。これでは暗い感じになるのではないかと。

そこで出た指示は…
「では『来週、手料理持ってくるから食べて下さい。楽しみにしててくださいねっ』って彼(同じテーブルのタニタニ)に言ってみて下さい」

ヒイイイイこっぱずかしいっっ!と思いつつも言ってみました。


あら。
暗くない。
照れながら言えばそりゃそういう声になりますね。
つい技術的なことばかり考えてしまいますが、心の流れが自然と声に出る…当然のことだけどとても大事なのですね。

「伝えたいことを自分のことに置き換えて心の流れを感じる」こと、身をもって味わいました。
(ちなみにこのあと、タニタニも私相手に同じ例文を使いました。さぁ何を作ってもらおうかしら!じゃあ〜、プリン希望。私は…冷奴でいいですか。)

「ナレーションが上手くなるにはどうすれば?!」ということはバーズでの授業中や家で練習しているときばかり意識していますが、普段の生活のなかにこそナレーションの極意が詰まっているのだと改めて実感。既にどの先生方からも言われていることなのに今さらわかってきました。
日々の会話も糧になるのですね。

松田先生、今回もありがとうございました!
そして次回の原稿も楽しみです。この絵本は、NHK教育「てれび絵本」で余貴美子さんが読まれたのを聞いて私も大好きになった作品です。次回もよろしくお願いいたします。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:14| Comment(4) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

もさもさ@サカスさん

ご覧の皆さん
こんにちわ
卒業生のもさもさです

TBS『サカスさん』にて木曜金曜のエンタメコーナーを
tomonさんと二人で担当させてもらっています
生ナレーションの仕事です

この仕事のきっかけは
狩野社長に声をかけていただいた
オーディションの結果です

この場を借りまして

どわ〜っ!!狩野さ〜ん!!
マジああありがとうございます!!



さて
とれたてが売りの芸能エンタメコーナー
ディレクターさんたちは
時には当日昼過ぎから取材に行き
帰ってきて編集、
ナレーション原稿作成、
ナレーター下読み用VHS作成
そして本チャンのVの搬入など
とにかくギリギリ
そんななか
すこしでもいいものを作るべく
ADさんもディレクター本人も局内移動は常にダ〜ッシュ!!

そんな熱意とエネルギーに応えられないやつは男の子じゃありません!!
今日も今日とてこれから現場で読んできます

もう少し書きたいことがあるのでまた投稿しま〜す

ほなまた
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:05| Comment(2) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

熱いです!CMS@ミキティ☆

これまで、省吾さん→松田さん→省吾さんとレッスンを受けてきたわけなんですが、

省吾さんと松田さんのレッスンは、演劇的なアプローチで進んでゆき、演劇とか全くわからない私は、まるで、演劇のレッスンを受けてるかのごとく、

やるんじゃない!なっちゃうんだ!とか

思いを込めるとか

いっぱいいっぱい刺激を受け、感覚?や感情?では、理解できたような気がするものの。。。

それをどうだしたらいいわからない(T_T)
どうやってなっちゃったらいいんだろう???っと

インプットされるのみで、うまくアウトプット出来ない状態でした(>_<)

そんなこんなで迎えた、CMセミナー4回目、第3の刺客、田子さんの登場でした!

田子さんのレッスンは、それぞれのプレイの前に小芝居から入ったんですが、この小芝居のおかげで、やるんじゃなくて、「なっちゃう」ことに、うまく成功できたようです。
あ〜、わたしってば超単純(>_<)


プレイは、テスト、本番とテンポ良く進められ、考えてる暇がなかったのも功を奏して、瞬発力だけで、これまで3回のCMセミナーで蓄積してきたものを一気に出せたのかな?という気がします。

講師のみなさま登場の順番も、自分的にはナイスだったみたいです♪

省吾さん、松田さん、田子さんの見事なコラボレーションにより、私も、ほんの少しだけど、化学反応できるかも?と思えた瞬間でした。

CMセミナー恐るべし!!ありがとうございました〜(≧▽≦)ゞ

次回のレッスンもとても楽しみです♪
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:16| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする