2009年03月25日

CHANGE!(Yes, we can!)@かすみん

今期でスクールバーズを卒業します、かすみんです。ちょっとしたご報告を。
今月頭に収録した番組がオンエアされておりますので、機会がありましたら是非ご覧下さい!


衛星劇場 韓ドラナビ!「彼らが生きる世界」
(15分番組、4月中旬くらいまで1日に1〜2回リピート放送)


この収録時のお話を少し、させてください。
もともと友人の紹介でいただいたお仕事ではありますが、初めての現場でそれなりに緊張していました。
そんななか、ナレーション原稿の作成が遅れているとのことで、MAも一時間程度押し。ディレクターは前日の編集が長引き、ほとんど寝てない状態です。
原稿が届き、さっそく一度チェックして、ブロックごとテストして本番、という流れで収録がスタート。
初めてのミキサーさん、初めてのディレクター(しかもお疲れMAX)、初見の原稿。
そんな状況で、新人ナレーターかすみんは一体どう立ち向かったのか…?!
…実は、意外にも取り乱すことはなかったのです。
案外落ち着いていて、テストでこぼれたり、早上がりしたところを、本番で合わせられたり。自分らしい表現をちょっとだけ加えてみたり。その上、画を見て笑う余裕?まで出ていたのです!
「昨日までで勝負はついている。」
そんな山上さんの言葉を、思い出しました。

「ナレーターになりたいなあ」と憧れを抱きつつも、TVナレーターなんて当然経験がなく、それこそ必死に空振り(素振りでなく)を繰り返していた2年前の私はからは、まったく想像がつかない状態で、収録を終えました。
初めて、この現場で求められるものの最低限のレベルと、いまの自分がかみ合った、パズルのピースがカチッと合ったような経験をしました。
これが、私がスクールバーズで得たものが形になった瞬間、だったのかなと思います。
そして、この幸せな時間をもっと味わいたい、もう一度体験したいと真剣に感じたのです。


この2年間を振り返ってみると…、ほんとに実り多い時間でした。
個性的なクラスメートのなかで、飛び出す方向が分からず、悪あがきしていた最初の1年。
2年目のある日、ふっと読むことが楽しくなり、ナレーションが変わったと言われました。
そして、今月初めにスタジオ・バーズで録ったサンプルと、それに先立つカウンセリング。
人によって大きく変わるタイミングは違うけど、常に変化を続けるなかで、いまは、自分がどんどん変わっていけることが、とにかく楽しい日々です!

講師の方々に教えていただいたこと、クラスメートに教えてもらったこと、そしてなによりこの最前線の環境にいられたことが、こうした「変化」の原因になったんだろうと思います。(もちろん、自分で変わろうとする意志がないと変化しませんが。)
とりあえず、これでスクールはいったん卒業しますが、私の変化はまだまだ続きます!続けます!!

講師のみなさま、スクール生のみなさま、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 19:08| Comment(8) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

入試申込の締切まであと2日!

さあ〜いよいよ「スクールバーズ春3期生」の入試申込の締め切りが”あと2日”に迫ってまいりました!今期はどんな出会いと出来事が私たちを待ち受けているのでしょうか。

【入試の申し込み】
申し込み絶賛受付中です!締め切りは3/26(木)までですので、迷われている方は今すぐ込みください。入試日は3/28(土)今年は土曜日開催です。

申し込みの手続きは…
【1】HPでお申し込み(http://www.schoolbirds.jp/
【2】試験料のお振込
【3】試験時間のお知らせメールが届く
のたった3ステップ!

これまでにスクールで出会った生徒さんたち。TVで仕事をしていく人、積極的に営業を仕掛けていく人、新しい読みに出会った人…毎期たくさんの人がどんどん変化していく姿には、いつも私達がパワーをいただいています。

さて以下はちょっとだけスクールの風景を。
============
DSCF1571.JPG
こちらはアドバンスコー義村校長のマネージメント講義風景。『制作者の意識分析』という図式を使って「誰に」「どんな営業をしかけ」「どういう評価を得ていくのか」といった、まさに「売っていくための」の講義を毎回展開してくれます。
こうした「”売る”発想」を持つことは、横並びになりがちなプロ達の”あと一歩抜きん出るため”のプレイの変化につながっていきます。

あおいサンプル聴き.JPG
こちらはレッスン終わりのあおい洋一郎講師。生徒さんの出来上がったばかりのボイスサンプルを試聴しています。この後、ベルベットマネージャー武信講師、アトゥプロマネージャーの狩野講師を交えての、公開ボイスサンプル試聴会となりました。実際に現場で活躍するプロナレーター、プロマネージャーの意見に日常的に触れていくことで、経験者も未経験者も『業界における自分の位置』がみえてくるようです。

松田ボイスオーバ.JPG
こちらは、秋からの参戦の松田講師。映像を使ったナレーションからボイスオーバーまで、ナレーションの「現場」に必要な技術を、レッスンに多彩に取り入れてくれています。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:49| Comment(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

忘れ物@鮒鮨かおる

おつかれさま.gif

2次会の 庄やに上着を 忘れたよ

※終了パーティー、派手に盛り上がりとても楽しかったです(≧ω≦)b 幹事の皆さまに大感謝です!!…というわけで、カラフルな裏地の黒ジャケットの行方をご存知の親切な方はいらっしゃいませんか〜(ノ_<。)お店に聞いたけどなかったの。・゜゜(>_<)゜゜・。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:42| Comment(2) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

打ち上げパーティー@都さゆり

秋2期打ち上げパーティー、お疲れ様でした。
幹事の皆さん、ご苦労様でした。

帰りがけに、ある生徒さんから挑戦的に言われました。
「先生、ボクは10年後もナレーター業界に生き残ってますから!」

講師の挨拶で、私がちょっと言った辛口コメントへの答えでした。

マイナスな事を言ってしまったかな〜と反省していた私は
反省を取り消しました。

さすが、バーズ生!こうでなくっちゃ!
私の一言なんかにひるんだりしませんよね。

皆さん、まだ始まったばかり。先は長いです。
生き残ってくださいね!

また、スタジオでお会いしましょう。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:57| Comment(2) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青月間!

ベーシックのクッティーナ☆です。

3月。
金B・土Bオプションと授業で計5回。毎週あおいさんのレッスンを受講。
まさに”あおい月間”!!

”あおい月間”を終えて。
<連週で学ぶ>のは、当初は各方からオプションに誘われた故の”たまたま”でした。でもこのことが自分の成長に非常にプラスになったように思います。そして誰かにとっても、とてもプラスになる方法かも知れない、と思ったのでblogにアップしました。
毎回(後半は特に)、確実に自分が成長している事を、自分で実感できました。成長曲線が急勾配したように感じました。『自分で良くなっている事を実感する』事はなかなかないように思います。
考えたのですが、『足踏みしている気がしている人・とにかくもがいて抜け出そうとしている人』には有効なアプローチかも知れません。方法は人によりますが、バーズは自分で学び方も選択出来る、素晴らしいところだと思います。サンプルを録るもよし、質問責めにするもよし、課外授業(飲み会?)で学ぶもよし、いかなる手段も選び得ます!

指摘される事は、まだまだたくさんあるけれど、私は今のこのタイミングで”連週受講したこと”は私にとって、とても意義あることでした!

各講師の方々の毎回のレッスン同様、今回も『得られたもの・発見』は、非常に多くて奥深く、記せない程。…しかし量や質だけの問題ではなく私の文才のなさでもあり、学び手として講師の皆様に申し訳なくも思います。
逆に『曖昧な、言葉であらわしがたい、雰囲気的な』発見もあり、そのようなものは敢えて言葉にせず、しっくりと腑に落ちるまで身体の中で温めていた方が良いような気も致しました。


あおいさん!お忙しい中、毎回違う原稿を用意して下さり、且つ、熱意を持ってご指導いただき、ありがとうございました!!
またオプションにお誘い下さったライバル達(笑)にも感謝です!!どうもありがとうございました!


*注意*
Schoolバーズは決して怪しいところではありません。極めて安全で、とても魅力的なところで、学ぶ意思さえあればトコトン学び倒せる場所です。躊躇している方、恐がらずに来て下さい☆

長文失礼致しました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:47| Comment(1) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

VP のお仕事しました@リボン

VPのナレーション収録に行ってきました。
これは、毎年リピートを頂いている農政局からのお仕事です。

収録を進めていくと、途中で「おじいさん」「おばあさん」の台詞が。
もしや!?
と思ったら、そう、ボイスオーバーなのでした。

声優のレッスンを受けたことのない私ですが、
先月、バーズのオプションで、松田先生の「ボイスオーバー」を受けたのです!

その時に、松田先生から
「語尾を伸ばすと歳をとりますよ」
「キャラ作りのひとつに、ガラガラ声があります」
というアドバイスを頂いていたので、迷うことなくやってみました。

結果は、一発OK!!
キャーーーン、サイコーーー☆☆

その他のナレーション収録も順調に進み、
クライアントさんにも喜んで頂けたみたい。
ああ、楽しかったぁ。。。

準備ができていると余裕ができて、幸せなお仕事ができるんだなぁと実感しました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:38| Comment(5) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

感謝

初書き込み土べ・マダム〓でございます。

ほとんどがピチピチお肌のクラスの皆さんの隣に、ひっそりと座っているわたくし。ごめんあそばせね。

でも声を出す時は、「私の声をお聴き!」ってくらいの図々しさで参加してきましたわ。

もうあっという間に6ヶ月が過ぎてゆきました。毎日全ての先生がたからのアドバイスを書き込んだノートを見てますのよ。。

褒められた時のメモを何度も読んでから、先生、スクールのみなさんからのダメ出しも読みますの。

あるコーチングの本に書いてありました。良かった時のイメージを忘れないこと。胸がドキドキする感じ。嬉しくて自信に満ちた感じ。これが、本番に何よりの平常心を与えてくれるんですって。

その日のうちに家でその感じの読みを録音してきたわ。そう、その感じを忘れないためによ。

先生がた、あたくしに沢山の勇気を与えて下さりありがとうございました。

畠山先生、自分の声を見つけた気がいたします。「いつものあなたらしさをもっと出して」というお言葉がなぜかとてもうれしうございました。

都先生、自分の好きな読みに新しい分野を見つけたようでございます。その発見が勇気となっております。
松田先生、年齢でできるできないという分け方はやめた方がいいとわかりましたの。あたくしはあたくしの声で色んな表現の幅を広げられる可能性があるということを教えていただきましたわ。

あおい先生、あたくし、そゆふに読みたいことは確かで、自分にそのために必要な技術や勘を身に付けたいとますます燃えさせていただいてますわ。

そして最終面接で山上先生から予てより、(暑中見舞のお葉書にもありましたように、)私の読みをぶっこわしてあげますとのお言葉。楽しみでございます。マジメ、丁寧過ぎなんて吹っ飛ばしてみたいですわ。

近々必ず二枚目となるサンプル作りにいざ出陣!よろしく、こわして下さいまし〜。

沢山の感謝をこめて。
ありがとうございました。
あと一回となった土ベーシックの皆さん、振替ばかりで金ベーシックのみなさんにも沢山の感謝。

来期こそ、義村さん、狩野さん、もう少し自己アピールに努力をいたしますので、おぼえていてくださいまし〜。

そして春からステッブアップして頑張りますわ!

長々とお邪魔いたしました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 21:41| Comment(1) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

今日という日が未来を創る@錦時

スタジオバーズで山上さんから頂いたお言葉。



フィールドに出ると、今以上に個性的な方々と出会い、

なるほどと納得できる言葉を頂いたりする事もあるでしょう。



その時、皆さんはどの様に感じるのでしょうか。

例えば、結果や形なき言葉に対しどこまで信用できますか。



私、現在自分が出来る事全てを用いて勉強致しました。

今その結果が出ようとしているのですが、

それが吉凶どちらなのでしょうか・・・



もしかするとこの判断できぬ曖昧さ、

それが人や自分に対する甘えや依存の現れなのかも知れません。

そして自分に正直になる事の大切さと難しさ。



でも、今回は自分に正直になって良かったと思います。

自分が信じるモノを守るため、

何を差し置いても正直になる必要があったのです。



己が信じるもモノとは何か。

時に自分の心に問うてみては如何でしょうか。



来期NEXT残留の私。

進路相談時、「ここが踏ん張りどころ」とアドバイスを頂き、

何か何でも踏ん張ろうと決心。

自分のペースで、

今自分に出来る事をしっかりとしていくつもりです。



残留とはいえ、微々たるものでも何かしら成長はあるはずと

今回、4度目となる自己需要サンプルを収録。



私にとってサンプル作成は、

自分の成長と、今後の課題を再確認するためのもの。

定期的にサンプルを録っていると言うと、

驚かれる方もいらっしゃるのですが、

これは自分にとっては必要な事であり、

レッスンで学んだ事の集大成として収録に挑んでいるのです。



いわゆる「音声日記」とでも申し上げましょうか。



現に、1年前と比べると雲泥の差と言っても過言ではありません。

サンプルを通しで聞くと結構笑えます。

そして、泣けます・・・



自分が 、自分がぁ〜の目立ってナンボ、雛壇芸人的読み、

技術不足なのでしょう、依頼通りの読みができない。

口の筋肉が出来ていない為、

スピード感ある読みが出来ず滑舌悪し、等々

今回も自身をジャッジ。



現場の1回が、レッスンの何百回分にも相当する。



自分の声がTVから流れたらどんな風に聞こえるのか。

ナレーションの仕事をした事がなく、

チャンスを引き寄せ中の私にとっては、

唯一現場の雰囲気を味わえる場所がサンプル収録のスタジオ。



山上さんもおっしゃって下さいましたが、

スタジオはどこでもいいと思います。

今の自分を知る事が成長する近道なのだと

私も1年を通して実感しています。



素の自分に化粧し、お洒落して綺麗な姿で街を歩いた時、

周りの人は、どう反応するのだろうか。



でも勿論、それ以前に、

日々の地道な基礎レッスンは絶対条件である事は間違いなく・・・

男も女も建物も、

芯のしっかりしていないモノは壊れやすく、傷みやすい。



だらだらせず、短時間に集中してレッスンをする事が大事。

そして、数日後に録音したナレーションを聞いた方が

更に客観的なジャッジができる。

(サトケンさんのレッスンより)



『今日という日が未来を創る』



ホント共感です。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 10:21| Comment(1) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

目覚めよ!「ローマ法王、ヨハネ・パウロ2世!?」@玄品ふく

初の書き込み、「玄品ふぐ」には行ったことのない、土B玄品ふくです☆

機を逸し続けた私は、全授業を終える前に1度はブログを書く!と強く決めていました。
(授業でも、いつもそのくらいの意気込みをだしていかないとっ。。。^^;)

昨日は、畠山先生のラストの授業。テーマは「場を掴む」

用意された原稿は、「ローマ法王、ヨハネ・パウロ2世」について書かれたもの。

と、その前に、ここでこれまでの私の課題点を先生方のアドバイスを頭に思い浮かべると…

山上先生…「原稿読むのに必死!(おすぎ風)」「伝わるのかな〜???(首かしげ〜)」
松田先生…「遠慮している。ていねいすぎる。遠くに投げる感じが欲しいですね〜」
畠山先生…「堂々と表現すること(息声になりがち)。おとなしい。目立とう精神を持って!」
都先生…「信頼感はとてもあるけれど…、プラス強さ、リズム、テンポを変える工夫を〜」
あおい先生…「こじんまりまとまっている。アクセント(変化)が欲しい!」

などなどのアドバイスをいただいてきました〜、実際クラスメートは「ていねいだよね」と言ってくれたりする人もいて、もう一度これまでの自分の読みを聞きなおしてみると…。

たしかに、自分でもていねいさを感じられるものが多い。

ここで、松田先生の「投げる感じ」を思い出すわけです。

そうだ!格好や形はさておき、「ていねいさをとって投げる感じ!」をと思い、先週のあおい先生の授業に臨みます。

とにかく、あおい先生の口から、「こじんまり〜」のワードはNGと自身で決めて。

私のイメージでは「投げる感じ」は、都先生の「プラス強さ」の要素が必要だ!と、「強さ」とは、畠山先生の「(息声でない)堂々と!」だと、そして、山上先生の「伝わるのかな???(首かしげ)」のあの時の表情も…すべてが一体化しました!

そんな状況で、形や感情表現の込める意識などなど、おろそかになってしまいましたが、あおい先生からは「こじんまり〜」以外のアドバイスをいただくことができました。はっきり言って、いつにない「強さ」だけの読みになってしまいましたがっ。

でも、この日のあおい先生の授業の中では、形などにとらわれずに、ここ(授業)でだからできる自分のプレイを思い切ってすることも大事!というお話も聞けました。

と、ここまでが、これまでの玄品ふくの状況でした〜(^0_0^)

そうです、ここから昨日の授業「ローマ法王、ヨハネ・パウロ2世」です。

ひとりひとりが、「どれだけ場を掴めるか!」みんなで1人につき1枚の紙に、それぞれの読みから感じたことや、これまで授業を共にした中でのアドバイスを書いていく(書いたものは最後に本人に渡す)と言う流れ。

原稿のジャンルも好きな感じだったこともありましたが、自分なりに込めて、何よりも声が前に出せていて、そのことを、とても心地よく感じている自分の内側に気づきました。自分が心地よいという感覚は本来の自分で表現することができたことなのかもしれないと思いました。

もちろん、それだけではいけないけれど(^_^;)

結果、畠山先生から「声がよく出ている!変化してきているね、もっと早く気づけたら(変化できたら)よかったのに」(先生、ちょっと苦笑いでした〜)と言っていただけました。

みんなからのコメントも「いつもより声がよく出ていた」が多くて、「表現したいところも伝わってきた」「変わったね〜」など、いろんな感想のフィードバックはうれしいですね♪

「そんなこと」って、思われた方もいると思いますが、私にとっての大きな変化!

授業の最後に畠山先生からみんなへのアドバイスがあり、これまた胸に刻みました!

「人と比べないこと」
「自分の軸をしっかり持つこと」

「自分の軸」に、これまで先生方からいただいたアドバイスを詰め込んで「太い軸」を作っていきたいとあらためて思いました♪

そうそう、変化の要素はいろいろあると思うのですが、毎回授業後に、読みの感想交換をしてくれたえりぃちゃん、とっても励みになったよん♪

そして、畠山先生のOPご一緒させてくれたキョリアッテモモエちゃん、ありがとう!もちろん、一番は間違いなく変化のきっかけをくださった先生に感謝デス\(^o^)/

あのOP後の夜は自身の覚醒が体に起きて興奮のあまりか?実は、寝付けずにいたのよ〜(笑)&昨日の読み、隣だからだけではない、あなたの世界に引き込まれました〜♪

それから、土Bのみなさんひとりひとりにも感謝です♡♡♡

玄品ふくは、次期もバーズ生として励んでいきたいと思っています!(^^)!

おっと、次期の意気込みの前に〜(笑)
みなさん、来週もよろしくお願いします☆




---------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:08| Comment(3) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

L'OCCITANE du 大窓王

20090315132641.jpg

大窓王、素敵なロクシタンのトワレをありがとうございます!!!



横田中
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:39| Comment(4) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畠山先生ラストレッスン〜@すみ

金曜Bは畠山先生のラストレッスン!
畠山先生の授業は回数も多かったので、感慨もひとしお・・・。

今回は、配られた紙にクラスのメンバーの場の占有率と感想&アドバイスを書くということで、自分がどんなことを書かれるのかドキドキ・・・。

いよいよ自分の順番が来たら、周りの緊張が重くのしかかり思わず
「なんかっ空気が・・・緊張倍増しちゃいます・・!?」と言ったらみんながそんなすっとんきょな発言に笑ってくれたので、緊張も和らぎいざスタート。

今回は長めの文章で、内容も硬めだったので、集中して最後まで・・・と思ったけど
微妙に噛み噛みだったり、声がかすれたり・・・でも無事終了。
今日、初めて読んでて後半が気持ちよかったんですよねぇ。
いつも緊張以外感じたことなかったのに、初めて緊張以外の感情を味わえて嬉しかったです。

畠山先生からもレッスンの後半から伸びたと言われ、音の高低も意識できるようになったとも・・・音の高低はあおい先生に指摘していただいてからの課題だったので練習し続けた甲斐があったと嬉しかったです。

みんなからのコメントもうれしいこと書いていただいたり、なるほどと思うことを指摘されたりと大変勉強になりました・・・。

今回は進級できませんでしたが、ド素人の私がここまでこられたのも先生方の指導と上手な人がクラスに沢山いたからだと感謝しています。

畠山先生には発声の基本中の基本を身体を使って指導していただき、大変ためになりました!!レッスン帰りにいつもおいしいもの食べれながら、いろんなお話するのもすごく楽しかったです!今週は絶品パスタとブイヤベースでしたね!!

まだまだ課題山積みですが、せっかくつかみかけてる気もする(あくまでも自己判断ですがぁ・・・)ので、もう少しがんばりたいなぁと思っています。

なんて、最後のレッスンぽくなりましたが、そうです来週がラスト!
VS 鬼軍曹 第3ラウンドが残ってます!!
金Bの皆さん、ラスト1回がんばりましょう!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 02:07| Comment(3) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

世界のナカヨシ

今日はチョットしたイベントでしたね。
ホワイトデーにカウンセリング、そしてあおいさんも参加の飲み会。
皆さん今後それぞれの道を歩んで行かれるのでしょうが、また会える日を楽しみにしています。
飲み会では帰りぎわ、またまたイジられて、何とあおいさんにまでイジられてしまったのだ〜!!
次週、最終回 ラストイジられになるのか〜!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 22:38| Comment(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

こくっちー

御無沙汰しております。
卒業生のアズ姉でございます。

で、明日なんですけど〜・・・

2009/03/13 26:20〜26:50  フジテレビにて
「ホノカアボーイ〜長谷川潤が感じたハワイ島の風〜」


を、制作したり、一部分読んだりしました。

映画「ホノカアボーイ」の宣伝番組でございます。

長谷川潤ちゃんと一緒にハワイ島にロケに行って
撮ってきたものでございます。

まさか、一部ですが、読むことになるとは思いませんでした。
つうのも、急きょMA直前にコーナーを増やすことになったりしたもので。

番組全体の尺は変わるわ、直編だわで、久々に吐血するかと
思った作品でございますが、
完パケ見ると、のどかな仕上がりになっております。

是非とも、ご覧くださいませ!


posted by 投稿!@スクールバーズ at 18:57| Comment(0) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

ラストオプション&スクールバーズに感謝をこめて

すっごい久しぶりにブログ書いちゃいます
最初と最後くらいはちゃんとしようと。。。

あおいさん、オプションレッスン本当にありがとうございました!
そして声をかけてくれた錦さん、ありがとう!
ナレーター業界、広いようで案外狭いというか。
友達の友達は友達だった・・・みたいな。意外なところで繋がりがあるってのも、これまたご縁ですね。
私にとっては皆、お初のメンバーだったという事もあり凄く新鮮で刺激的でした。
あの、本当に色々学ばせていただきまし、参考にさせていただきます。ご一緒させていただけて感謝です。

今回のOP、一期春生の私にとっては最後のオプションでした。
そういえば一番最初、バーズに通うかどうかの決定打となったのは、実はあおいさんが講師をされるからって事も大きかったんですよ。
ゆえに、全然進歩してない〜なんて言われたらショック!って思いながら若干緊張しちゃいましたが。

だけどラストオプションにも関わらず宿題が・・・それは“ラストのしめ方”
盛り上がった後の最後のしめが、何かこう、ふにゃりとカッコ悪い。
でも、解決の糸口、探り当てました!最後のしめは最後だけじゃなくて、その前から始まっているわけで・・・気持ちも含めて。
この宿題は、ちゃんとご報告させて下さい。え〜っと・・・いつかオンエアで(^_^;)

本当にお忙しい時間の中、濃いレッスンに貴重なお話、ありがとうございました。
あおいさんの話す一言一言、ピンポイントでかなり効きました。
あの後も自問自答していました。今後の仕事、これからどうなりたいのかって事を。
答えは実はハッキリしてました。踏み切れないのは自分の弱さです。悔しいけど。
「Inside Out」この言葉忘れません。


それにしても、バーズの入試を受けてから、もう2年も経つなんて本当にあっという間です。
当時の私はナレーターとしての力量、自分の立ち位置、環境、全てにおいて右往左往していました。
泳げないのに大海原に放り出されちゃったみたいな感覚でした。
だから溺れない事だけに必死だったかもしれません(実は溺れてたのかもしれませんが)

そんな状態でバーズに飛び込むという事に、かなり勇気を要した事を覚えています。

『自分の軸さえしっかりしてれば平気!』『自分なりの目標をきちんと持ってれば大丈夫!』

常に自分にそう言い聞かせていたはずでしたが、実はかなりしんどかった。
何度、ヤバイって思ったことか・・・。
現実とのギャップ、目に見えない不安、自分の不甲斐なさ、もちろん焦りも。
そういえば、入学当時は顔つきがキツかったって言われたなぁ・・・なんてふと思い出しましたが。
そんなにキツイ顔してたっけ?アタシ。

今思えばバーズに通った時期は、私的には「自分に負荷をかけた時期」だとおもっています。
あ、良い意味で。
ジムでの筋トレと同じように。緩いトレーニングじゃ筋肉なんてつかない、それと同じ。

闇雲にやる筋トレじゃない。キツくても必要な場所にきちんと筋肉がつくトレーニング。

レッスン一つ一つが、講師の方々の一言が、迷ったり見失いそうになってる自分の道しるべになったのは事実。
そうやって身に付いたものは、ナレーションであろうとメンタルであろうと、ちゃんと自分のものになっているんだと、実感しています。
嬉しいのは、現場等でもその変化に気が付いてくれたりするって事。
昔は不安先行型で、足元ばっかり見てたけど今はちゃんと前を向いて進んでいけるようになったと思います。

プロの世界、厳しいのは当たり前。
壁も一つクリアしたらまた新しい壁が現れたりするけど、それをどうやって乗り越えようって試行錯誤するのも、また幸せな事なのかもしれません。
好きで望んだ仕事であればこそ。
この2年、強さと逞しさも学びました。

バーズではイカした同期と共に学べた事も大きかった
皆本気だったからこそ、そこから得たものはすっごく貴重でした。
ホント、良く語りあったよ。
それぞれの近況に一緒になって一喜一憂したりさ。

卒業してからも、バーズ関係ない所で偶然にもナレーション同期競演!なんて事もあったよね。
ばったり現場で会ったり
仕事の報告しあったり
TVつけたら聞き慣れた声が聞こえてきたり!
そんな時いつも励みになったし、嬉しかったし、改めて自分に気合を入れる事もできました。
みんなをとても誇らしく思えるし、心から尊敬しています。
本当にありがとう☆

最後に講師の皆様、いつもいつも惜しみなく与えてくださって・・・感謝でいっぱいです。ここには書ききれない位!
えっと、上手く言葉では言い表せないんですが、とにかくナレーターとして活躍していく事が一番の恩返しではないかと思ってます。
過ぎてしまえばあっという間。でも得たものは何にも変えがたい貴重なものばかりでした。
本当に本当にありがとうございました。

ちょっぴり早いご挨拶でした。

from  ☆noburing☆

(長文ゴメンナサイ!!)

P.S
あ〜・・・あと、いつも言いたい放題だったかも・・・とちょっぴり反省してますが。

でもそれは、バーズへの愛情・・・という事で♪
posted by 投稿!@スクールバーズ at 09:05| Comment(2) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

という訳で続あおい先生OP@AYAMI

私も既載の錦時さんとともに、あおい先生OP受けてきました。
リクエストもあり僭越ながら書き込ませていただきます。

我々生徒三人に、現役ナレーターの卒業生お二人も加わり、大変刺激を受けました!

原稿は夕方ニュース内の情報バラエティ。規格外の魚の活用方法を追跡する!といった内容です。

私自身は、前回のあおい先生のレッスンで指摘されていた「力み」が出てしまわないか不安ではあったのですが、出たとこ勝負!でやってみたところ、ありがたくも評価いただき。それで安心してしまったのが2巡目のプレイに如実に表れてしまったようで、ところどころご指摘を受けました。

最後は贅沢にもあおい先生にフルで原稿を読んでいただき、お開きとなりました。

その後、食事をしながらのお話の中で特に印象的だったのが、あおい先生の「インサイドアウト」という考え方でした。周りの状況によって自分自身が揺れ動いていた時にアドバイスをもらい、ハッと気づかされた言葉だそうです。
「周りがこうだから自分がこうなってしまう」というのではなく、自分自身ゆるぎないものがあれば、周りに翻弄されることはない。自分自身(インサイド)から周りにアウトしていこうという考え方。でよろしかったでしょうか(若干揺れてます)。
でも全くその通りで、私が何かの番組で聞いた言葉で、自分の先々のゆるぎない目標があれば、それまでに起こる困難や苦労は、その目標を達成する過程にすぎない。あるいはそれが困難や苦労であることも気づかないほど、自分の血となり肉となってしまう。

などと、なにか色々な事が頭をぐるぐるする日でした。
そしてぐらっぐらしていた自分のプレイを少し取り戻せた感じもいたしました。

あおい先生、発起人のまゆらん、情熱のニッキ、卒業生のお二方、本当によい刺激をありがとうございました^^
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:50| Comment(4) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

Inside Out 〜Deeply Impressed あおいOP番外編〜@錦時

全てにおいて一進一退の繰り返しのリピーターである私。
全てを受け止め、これからも日々ゴール目指し、
前進していこうと思います。

あおい先生、オプ受講の皆様、
感動的なレッスン、ありがとうございました。
共に受講できました事、心より感謝致します。

"1"を聞いて多くを知るか。
多くを聞いて"1"を知るか。

想像せよ、考えよ。
その言葉の先にあるのは何なのか。
その陰に隠された真意とは。

心で見よ、感じよ。
眼では見えぬところにこそ、深い想い、願いがあるのだと。

『Inside Out』

己の中に望み、願いがあるならば、その強き想いを解き放て。

波に覆われ、渦に巻かれそうになろうとも、
「自分」という強固な根を生やしていれば、
他に流されることはなく、自らの力で立ち続けられる。

時に、不安、挫折と呼ばれる闇踏めど、
それは光あっての出合う闇。

だから大丈夫。
得たものはあっても、失うものは何もない。
そこで得た何かと共に、ただゼロ地点に戻るだけ。
そこから、また前へ進めばいい。

だから大丈夫。
強く願い、行動伴えば、自ら光を引き寄せられる。
そして、そこで手にするものは、
心より願った「新天地」

自身を良く知り、他人を良く知り、
そして将来は、自分の力でしっかり掴む。

そして、
あおい洋一郎氏はもつ福で伝説となる・・・
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:45| Comment(4) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご報告@ナレーションの悪魔

お久しぶりです!

秋期ネクストコースでお世話になりました瀬戸武士です。

ようやくこの掲示板でご報告できるようなナレーションの仕事をしましたので、
お世話になった先生方に感謝を込めてご報告させて頂きます。

3月3日〜
毎週火曜日22:00〜23:00
CS・ヒストリーチャンネル新シリーズ
「UFOハンターズ 全13回」
瀬戸武士:ナレーション(レギュラー)
◎再放送 水曜17:00/木曜19:00/日曜13:00/翌火曜21:00

UFOマガジン編集長ビルがリーダーの「UFOハンターズ」が、
UFO目撃事件の現場に赴き、科学的に検証するという
アメリカ制作の1時間ドキュメンタリー番組です。

ヒストリーチャンネルの番組には、
いつもはボイスオーバー担当として出演させて頂いており、
ドキュメンタリー番組のナレーターになりたい自分としては、
いつかナレーターとして参加するのが憧れでした。

なんとか自分のナレーションに対する情熱を所属事務所に理解してもらう為に、
ある特殊なボイスサンプルを作るなど、あの手この手で必死にアピールした結果、
所属事務所(特に羽佐間代表)と二瓶さん(ディレクター)の英断のお陰で、その念
願が叶いました!

しかし、その喜びは一瞬、あとは「本当に出来るのか?」という
プレッシャーとの闘いでした。

特にこの種の番組は、ボイスオーバー担当の声優さん達に囲まれて、
ノンストップで一緒に収録していきますので、ナレーターがコケれば、
収録が前に進まなくなるという状況に・・・。

実際に過去にボイスオーバー担当で参加した収録で、
初体験のナレーターさんが謝りながら泣きそうになるという事態を体験した事があり
ました・・・。

1時間番組を1日で2話分収録するので、そんな事態になってしまったら・・・。

・・・・・・。

え〜、さて、気を取り直しまして、原稿を見てみますと・・・

難しい単語のオンパレード・・・。
普通に読む事自体出来ない!

最初は、「なんとか上手く言わなくては・・・」という消極的な考えでした。
しかし、それだと全く舌が追いつかないのです!

そこで、自分が理想とする架空のナレーター「ナレーションの悪魔」だったら、
どうナレーションするだろう?と、その収録風景を想像してみました。
※壁にぶつかった時はいつもそうするんですw

すると彼は、難しい単語ほどカッコよくナレーションするのです!!
普通の人が言えないような難しい単語をカッコよく滑らかに言えば、
それだけナレーションのカッコ良さが引き立つと、
むしろ嬉々としてナレーションしているのでした。

皆さんも経験ありませんか?
難しい単語を見事にナレーションしているのを聴くと、
カッコいいと思って、ちょっと口に出して真似しちゃったりした事がw

その事に思い至った時、意識が変わりました!

しかし・・・

それだけで果たして本当に難しい単語が言えるようになったのか!?

そして、そもそもUFOは本当に存在するのか!?

新人ナレーターとUFOハンターズの運命は・・・!?

番組内と番組外で2つのストーリーが同時進行するリアルドキュメンタリー番
組・・・

「UFOハンターズ」

ご期待ください。

瀬戸武士

P,S
さあ、皆さんも声に出して言ってみましょう!
※「・」で区切られている所は、区切らずに、そのまま続けて言ってみてください。


「プエブロ・デ・アジェンデの村で」

「シウダード・デル・カルメン上空で」

「ホアキン・カステリョ・ルビオ」

「アントニオ・マルティネス・シャベスは、
地方新聞エル・マナナ・デ・バレスの副編集長だ」
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:11| Comment(0) | バーズの仕事報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロ見ました@横田中

昨日放送された、あおい先生がお読みになったゼロの自殺の特集を見ました。



とってもひきこまれました。



内容は、自殺を考えている人のために設置された電話ホットライン上での、自殺志願者と相談者のやりとりを取材したものでした。

ボランティアである相談員と自殺志願者の電話でのやりとりの様子が取材されています。



画面は、相談員が受話器を持つ後姿。そして、深夜の時刻を示す時計。

しかし、電話口の向こうにいる自殺志願者の声は、我々視聴者には聞こえません。効果音もありません。



聞こえるのは、相談員が受け答えする声、そしてあおい先生のナレーションだけです。



たったそれだけで、電話口の向こうの、苦悩する自殺志願者の姿が鮮明に、かつ立体的に浮かび上がってくるのです。

電話の向こうの彼らの声は、放送にはのっていないのに。



そこまで視聴者に、想像力を刺激することが出来るナレーションとは・・

今の自分のキャパを、はるかに超えすぎていますので、考えないようにしたいくらいです。



あおい先生、素晴らしいナレーションをありがとうございました。







posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:57| Comment(3) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

あおい先生の言葉 @ずんだ

photo.jpg
『いつも心に、MY 鬼軍曹!』

自分を追い込めるのは自分だけ。
自分の中に鬼軍曹を住まわせておかないとね^^

(今週のあおい先生の授業より)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ず
自分に甘〜い 金B ずんだです。長文で失礼します。
ずんだもちみたいに砂糖いっぱい。。。
せめて 微糖にしなくては・・・!

落ち着いた おだやか〜な、あおい先生の言葉は、

ずんだの脳に心に すーっと入ってきて、
色んなことがクリアになりました。
まさに「つながった!」そんな土曜日でございました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ず
2回目の振替・・・緊張しながら「おはようございま〜す」と入っていくと、既にあ
おい先生が。

あおい先生: 「あっ、 ずんださんだね^^」 
((ずんだ心の声)):わぁ〜、名前覚えて下さってる!しかも本名じゃなくて「ず
んだ」!(笑) 
            という嬉しい驚きから始まりました。


でも、ずんだは、授業後に、もっと大きな 気づきの「あ〜、はーっ!!」を、
心の中で(実際は声にも出したけど)叫ぶ事に。

相当、今さら!?ですが^^; もし良かったら続きを・・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ず
授業では、

☆切りどころで、いったん音を落とす。
(切りどころで落とせない、ずんだのクセ・・・)
⇒キホン的な音の流れを押さえた上で、しっかり伝えよう。

☆乏しい表情 : 暗い内容で、言葉のイメージにつられて読み手まで暗くなるのは
NG

など色んなアドバイスを頂きました。
以前にどなたかがBlogで書いてたような・・・っていう内容ばかりですが、
同じ道をおっかけ転がっています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

転がりついでに、今さら!?な気づきがずんだに訪れました。やっと!
あおい先生ありがとうございます☆

授業後、土Bの皆さんに混じり、お茶にちゃっかり参加☆
ずんだ、ずっと思っていた質問をあおい先生にしてみる。

ずん: 「あの・・・表情が乏しいのがとっても悩みで、どこから手をつけていった
らよいのでしょうかね・・・」

あおい先生(with BLTサンド):「まずは真似から入ってみるのも、1つの手で
は?」

「ただ上っ面だけ真似るのじゃなくて・・・

その表現の(元になっている)生理を想像すること。
テレビの中のナレーターは、
何を想って、どうして、
その表現をしている(その表現になっている)のか、想像すること。」


あぁぁ・・・私は今まで、原稿に起こして、音の高低とか、雰囲気とか、形を真似て
みてはいたけれど、
それ以上の視点で真似ようなんて、思ったことなかった・・・。
大切なのは、そこじゃないんださ!
その先を見てなかったんださ!

しかも、うわべで真似したとしても、それだけだから、
まっさらな他の原稿には応用できなかったんじゃないの?!

山上先生にノーリーズン(元になる意味を持ってないまま読んでる子)ずんだって呼
ばれたのも、
これと同じ事?

あぁぁ・・・私って・・・!(しょぼーん)
ずんだ、色んな所でつながりました。


「そんなに感動する事だった!?」とあおい先生はびっくりされてましたし、

他の生徒の皆さんも、ずんだ、こんだけスペース使っといて
今さら何言ってんだ−!?(怒)
という感じかもしれませんが・・

ずんだには、いろんなことがつながった大切な一言でございました^^

あおい先生&一緒にお話聞いて下さった土Bの皆様^^
ありがとうございました!
時間はかかるかもしれませんが、
その視点で、聴くことから始めようと思います。

やっぱり、BLOG読んだり、自分で練習するのも大切ですが、
先生はじめ皆さんとともに、レッスン受けたり、お話しすることって、
大切ですね〜・・・改めて思いました^^

ずんだ
posted by 投稿!@スクールバーズ at 14:24| Comment(4) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

史上初!団体OP〜アナウンス理論〜by松田先生@まゆりん

3月7日土曜日、スクールバーズ史上初!!
生徒20名による団体オプションが行われました!

それは!!! 松田先生による〜アナウンス理論〜!!

実はまゆりん、アナウンス理論に関する授業は1度受けていたのですが、ほら、なにせ、「アタシ、イッパイイッパイ」で(^^; ついていくだけで必死だったわけですよ(汗)
なので、今回、ステキな機会を得て、いざ、リベンジとなったわけです!!

20名という人数。メンバーはアドバンスの皆さんを中心に、ネクスト、ベーシック、休学中、卒業生などなど、個性溢れる顔ぶれとなりました!!もうそれだけでワクワク!

授業では、短い文章を使って、言葉の立て方を細かく解説していただきました!
どうやったら言葉を立てられるのか、自分の読みはどのように他人に聞こえているのかなど、また、プロジェクターを使っての細かい解説!!
短い時間の中で、一人ひとりに的確にアドバイスをしていただきました!

まゆりん的には、今回メモをとることに気をとられることなく、しっかり解説を聞くことが出来たのが、とてもありがたかったです☆
そして、普段聞けないアドバンスの方々のプレイを聞けたこと。ガッツリプレイではなかったけれど、皆さんの声や読みを聞けたことは、とても勉強になることでした!

それにしても、松田先生の耳のよさったら…(*^^*)
本当にわずかな音の違いを聞き分けて、しっかりと指摘してくださる!
自分では、違いってなかなか判別できないんですよね…。でも、松田先生の指摘を聞きながら他の方のプレイを聞いていると、徐々に違いがわかってきました!確かに違う!!
もっとしっかり耳を鍛えたいです!

松田先生、終了後すぐに打ち合わせがあるというお忙しい中、大人数のオプションを受けてくださり、本当に有難うございました!!

主催してくれたリボンヌちゃん、集金してくれた新うっちーさん、開催に尽力してくださった皆さん、有難うございました!!

まゆりんは、いろんな方に感謝です!!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:06| Comment(4) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする