2016年08月26日

提案と変化

土曜ベーシックの西山果鈴です!

20日土曜は藤本先生のボイスオーバーとバラエティのレッスンでした。


ボイスオーバーに必要なものは、瞬発力!

そして、年齢の情報よりも見た目に合わせるほうがいいそうです。
映像から取れるヒントは全部とってボイスオーバーをやる。

さらに、提案と変化がなにより重要であり、
「もう少し〜してください」は、「かなり」だと思ったほうがいいとのこと。


私は、もっとおばさん感が欲しいと指摘されました。
どうしたらおばさん感がでるのか、自分の体のどこを使えばいいのか研究していくのが必要。

ボイスオーバーは大体「こういう人はこの声だろう」というのが決まっているので、それを引き出しに入れておくのがいいそうです!

私は、身振り手振りをつけてやるのが一番変化つけやすくてよかったです。
海外の方は身振り手振り大きいですし、ボイスオーバーの対象と同じ動きをするだけで、声が勝手にでてくる感じがしました。

初めてのボイスオーバーでしたが、思っていたより楽しかったです!



ボイスオーバーのあとは、ヒルナンデス!の原稿を映像に合わせて読みました。

大事なのはリズム感。


私は、原稿を読んでこう表現しようと思ったことが伝わるようになりました。

今まではやりたいと思っても技術が伴わなくて、伝わってなかった出来てなかったことが多かったですが、
やりたいことは伝わったと言ってもらえて、一歩前進できた気がします。


まだ高低とか自分の楽なところで出してると指摘され、確かに録音とか聞き返してもまだいける気がするなと自分で思う部分もあるので、
高い音もっとスパッと出せるようにしたいです。


バラエティのコピーをきっちりしていこうと思います!


藤本先生ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

全力投球!

水曜ベーシックの古賀安沙美です。

8月17日、藤本先生のバラエティとVOの授業を受けました。


まず、前半はVOの授業でした!

女性は、40代の恰幅のいいおばちゃん。
男性は、43歳の偉い立場にある人。

VOのコツもたくさん教えてくださいましたが、特に印象に残ったことは、提案と変化が大事だということです。

変えて、と言われたら、ガラッと変えること!
ちょっとずつ寄せていくのではなく、やりすぎなくらいやる!ということが大事なんだと感じました。
VOの場合、表現が弱いと映像に負けてしまうので、自分が思っているより強く大きな表現でちょうどいいのかもしれないということ。
そして、上手い人は気持ちの切り替えができているということ。
声をあてる人物の、身振り手振り、気持ちの揺れ動きも見ることが大事なんだそうです。

そして、引き出しが必要!
提案したり、変化した表現をするためにも、引き出しをたくさん持っているかが大事なんだそう。
面白い表現ってどんなVOなのか、研究していこうと思いました!


後半は、バラエティの授業でした。

原稿は、情報バラエティの中でもバラエティ色の強いコーナーのアバンでした。
改めてコピーの大事さを痛感しました。

一回目に読んだとき、声が細くて苦しそう、頼りなさげ、説得力がない、もっとしっかり温度を上げて、パーーーン!と出せるようになった方がいいと指摘してくださいました。
そして、そのために、二回目は叫んで読んでみてっとアドバイスを頂き、二回目は叫んだつもりで読んだのですが、、、

全然叫んでなかったとのこと。
声は大きくなって、細い感じはなくなったけれど、叫んではなかったと。
そして、それくらいがちょうどいいボリュームだそうで!
自分がどれくらいの声量、どれくらいの表現をやってるか分かってないんだそうです!

今誰のコピーをやっているか聞かれ、ある方を答えましたが、、
自信を持って言えませんでした。
前、授業では、コピーは期間を決めてやること、細かく分析、その人が何を考えてやっているかなども分かってコピーできるように…などと教わっていたのに、
私は期間を決めずにやっていて、分析も甘く、とても中途半端な練習になってしまっていました。
コピーチェックの授業にのぞんだ時みたいにやっていなかった。。すごく反省しました。

そして、、実は一回目に読むとき、練習中のある方を意識して読んでみたのですが、、自信がなさすぎてその方を意識してやったと言えませんでした。


藤本先生は、自分がやってきた課題を授業で出した方がいい。1日1回失敗した方がいいとおっしゃっていたのに。

家に帰って悶々と振り返る。なぜ自信がないのかを考えたとき、それは、練習量が足りないからだと思いました。

下手でも自信を持って披露するためには練習をたくさんすることだ!
でも闇雲な練習ではダメだ。。

そして、授業の後オリンピックのレスリングの試合を見て思いました。

攻めの姿勢が大事だ!、、と。


バーズに通い始めて、自分は結構緊張するんだと気づきました。
なぜ緊張するのか→それは自信がないから?→自信を持つには→闇雲な練習ではなく、教わってきたことに沿ってしっかり練習をすること。

そして、すぐ弱気になってしまうので、攻めの姿勢を持つことを毎回思い出そう!
と思いました。

今回の授業を受けて、正直、自分ができなかったことを自己受容するのを恐れて、なかなか録音を聞けずにいました。
(毎回恐る恐る聞いている気がしますが、今回は特に。。)
でも、やっぱり聞かないとなので、録音聞きました。
そしたら!藤本先生が一人一人細かくダメだししてくださってるのを再認識!
こんなにたくさんのことを言ってくださっていたんだと感謝の気持ちが生まれました。
限られた貴重なバーズの授業、一回一回を大切に、全力投球でやらなきゃ!一回入魂だと思いました!

残り少ない春10期の授業、攻めの姿勢で全力で受けます!
藤本先生ありがとうございました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

音の出し方

土曜ベーシックの西山果鈴です!
7月30日は松田先生のレッスンでした。


原稿はソフティモスーパーポイントメイクアップリムーバーのインフォマーシャル。


感情を入れて、明るく、しっかりと相手に伝えるがテーマでした。


私は、低い声を出さなきゃを意識しすぎて、全体的に暗くなってしまいました。

しかも全部音が下から出てしまっていました。
下から出ると、語尾も下がりやすいそうです。
これでは全然伝わらない。

低い声を出そうとして、声を押さえつけてしまうのは間違っている。

私は頭の方から出すようにと言われました。

頭の方から出そうとしても、無意識に下から出てしまったり、音がフェードインしてしまうことが多かったので気をつけたいです。



語尾が落ちてると引いているように聞こえてしまうので、
語尾は上げるようにすると明るくなるし、相手に届きやすくなるし、華やかさも出るそうです。


重心によって音はだいぶ変わるらしく、
重心は背もたれによりかかるように後ろにすると低い声がでるとのことなので、
重心も意識していこうと思います。


裏声を出す感じなんだけど、低い成分もというのが難しく、アフターバーズでも色々と教えていただきました。


ただ低い声をださなきゃとかじゃなくて、
どの場面で必要なのか、
松田先生が教えてくれた頭の方から音を出す意識はどこで使えるのか、


私はなんのためにとか目的を考えることがおろそかになってしまっている気がしました。


休みの間改めて音の出し方や自分の声を授業を振り返って見つめなおしたいと思います。


松田先生ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

声を相手に届けること

水曜ベーシックの古賀安沙美です。
7月27日、松田先生の『感情と距離感』のレッスンを受けました。

ジャンルはインフォマーシャル。内容はメイクアップリムーバーでした。

そして、今回のテーマは「感情を入れる」ことと「しっかり相手に届ける」こと。


まず、メイクアップリムーバーは日用品なので軽い感じの声で。

そして、
相手に届けるためには、、
まず、語尾を下げないことがポイント!

語尾が落ちてしまったり、低い声(下で響く声)だと独り言みたいに聞こえて相手に届きにくい。
高い声(頭で響く声)だと、遠くに届きやすい。
とのこと。

次に、話しかける対象を定めること!

大衆にしゃべっているのではなく、一人に話しかける。
これは、アフターバーズでのお話の中でも出てきたことなのですが、舞台やコンサートなどで、大衆に視線を向けるのではなく、その中の一人を見るほうが、その一人だけでなく周りにいる人まで見られている気持ちになる…とのこで、
ナレーションも、対象を定めることが大事なのだそう。


授業中の、自分のしゃべりの録音を聞くと、ぼんやりとして聞こえました。
その後、松田先生からの指摘を受けてそれを実践していくと、、だんだん、だんだん、少しずつ、話しかけられていると思ってもらえる方向に進んでいる感じがしました。

その指摘というのは、対象を定めることだけでなく、定めて聞こえるようにするための指摘でした。
私の場合は、、
助詞や出だしの音が低すぎる読みになっていたので、それらの音を、落ちないように上げて読むこと。
語尾が流れてしまっていてぼんやりしてしまうので、ちゃんと置くこと。(人によっては置かない方がいいという指摘もありました。)
そして、前に気持ちを届けること。
でした!

授業の前半は、技術的なアプローチでしたが、後半は身体を使ったアプローチでした。

身体を使ったアプローチというのは、重心を強制的に前に置かせるやり方!
重心を前にすることで、声が前に届くというもの。
私の場合は、フェイドアウトしがちと指摘されていたのが、強制的に重心を前に置かせてもらうことで、最後まで声が前に出せた感じがしました!
これを、人にやってもらうのではなく、自分でクセ付けてやれるようにしないと!


感情を入れたり相手に届けるということを、
メンタル面だけでなく、技術的な方法や身体的な方法から教えていただけるのが、とても興味深かったです!

今回、自分の無意識なクセを新たに知りました!
今まで、自分の読みは伝わってこない読みだなと思っていた原因をまた一つ、いや二つ三つ四つ知ることができました。

松田先生、ありがとうございました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

マイクと対象を置いてみた。

土曜ネクスト蔵重綾子です。

ハッキリ喋ろう!
カラダ全体で、はっきり出す。前に、クリアに、大事に、伝える。印象を残す。
こっちにくるナレーションを。

先週のあおい先生のレッスンで、基礎的なことがおろそかになっていたとわかり、いくつか始めてみました。
追い読みをする時、テレビの奥に対象物を置いて意識を向けること。
舌の筋トレ量を増やすこと。
それと、先月の動画部勉強会で教わった機材をセットしマイクに向かうこと。

追い読みも、動画部の動画を利用した練習も、目の前にマイクがあると意識もできるし気分も上がります!
当たり前のこととしてやっていこうと思いました。

そして、昨日の逸見先生「スポーツ」レッスンを受けて、デイリースポーツ、週末の看板看板スポーツ番組等チェックしていきたい気持ちでいっぱいです!
スポーツ番組の表現の幅、広げます。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

絵がわり

土曜ベーシックの西山果鈴です!

7/23は、武信さんと狩野さんのスタジオ実習でした!

原稿は、しゃべくり007とイッテQ。


17:00の回はスタジオ実習のレッスンを受けたことある人が2名しか居なかったため、
名指しで私がトップバッターでした。


その時は、心の準備が!!と思いましたが、1番目の人はテストもやらせていただけたし、
前回のように緊張しながら待つこともなかったのでよかったです!


去年のスタジオ実習で言われたことをふまえて
収録へ臨みました。


しゃべくり007のほうでは、前回に比べて声が良くなったと言われました!
しかし、声が細いので苦しそうに聞こえる部分もあるとのことです。

引き続き里美先生に教わったストレッチやトレーニングを続けていこうと思います。


まだ決めるとこで決めきれなかったり、英語をかっこよく決められなかったり。


ただの会話で伝わる英語じゃなくて、決まった尺の中で見せる英語を使えるようになりたいと思いました。


イッテQのほうは、前回盛り過ぎと指摘されたことをふまえてさらっと読もうと思ったのですが、大失敗!


前回は後半部分の感動シーンの収録だったためサラッと読むべきでしたが、
今回は前半の説明部分。
しっかりと読むべきでした。
前回言われたことにとらわれすぎて、ただ読んでるだけになってしまった。

特に説明部分は少し焦ってしまって、絵がわりが意識できず。

そして、原稿はまだ終わってないのに、レッスンでの収録部分は終わりだからと
次につなげる意識もなく読んでしまいました。


もっと原稿全体を見て、絵がわりも意識出来るようにならないと、読みも変わらないと感じました。


山上先生がレッスン中に、
映像ないときに、シーンを意識して読むことができない奴は映像あってもできない
と言っていましたが、
まさにそのとおりだと思いました。


良いことも悪いことも発見できたレッスンでした。
スタジオ実習はとてもためになります。


残りのレッスンではとくに絵がわり、シーンを意識して臨んでいこうと思います。

武信さん、狩野さん
ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

旬の実技/営業座談会

ネクストアドバンス小林将大です!

【ネクスト/あおい先生】
沸騰ワード10の原稿を読みました。
今回は、今回も、力を抜きカタイ読みにならないよう気をつける。
結果、あおいさんから頂いた評価・アドバイスを含みつつ・・・

・抜こうとすることが一辺倒になって伝える温度が落ちている
→視聴者を面白がらせようとすること。前へ伝える
 抜いても伝える意識を忘れずに
・立てるべきワードとのメリハリも落ち着いてしまったなあと
・軽くクールな読み方はなめらかで良いが
→1音1音が雑にならないよう

小坂さんの舌滑レッスンを受けて以来、舌滑を特化して鍛えようと臨んでいまして、以前よりは粒だった読みの感覚がついたかなあと思ってはいたのですが・・・
プロレベルではまだまだ至らないだろうし、少なくともあおいさんの視野・耳にはまだノビシロがあるに違いないと・・・さらなる強化をしていこうと思います。
そして抜こうと「意識」することによる、別に出てくる弊害・・・というか、これもまた課題になってくるでしょうか、抜いていっても気持ちは前へもっていけるように・・・!



【アドバンス/先輩方】
 まずは実体験の身近な営業例をお話してくださって勇気をもらい励みになりました。
具体的に営業にきたナレーターについてスタッフさんが思ったこと、仕事を取れた細かな理由など参考になる部分も多く、なかなか真似するのも難しいこともありますがどんどん見習って行きたいです。
またVP営業の利点や、現時点、今でのWEB営業の重要性を再認識。
少なくともSNSの活用はすぐに行えることなので(ブログの発信然り)、手をつけられることはしっかり準備していきたいです。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

スタジオ実習/気持ち新たに

水曜ベーシックの古賀安沙美です。

7月20日、武信先生と狩野先生のスタジオ実習を受けました。


バラエティのアバンと感動ものの二種類をやりました。

私は5番目という順番でしたが、それまでの間、どう読もうか考えたり他の方のを聞いて刺激を受けたり…
そんな中迎えた自分の番。
心に問うのはやめ、
もう、勢いやーーー!!!
と思って臨みました。


全員終わってから、武信先生と狩野先生からの貴重な意見を聞くことができました!

アバンに関しては…
作り手のやりたいことを意識して読むこと。
はってるだけで引き算ができていない。
タイトルコールはかっこよく言えるように!

感動ものの方に関しては…
流れが悪い。
聞いててスッと入ってこない。
全体のトーンを滑らかにできるようにならないと厳しい。
読んでるだけになってるから工夫が必要。

などの指摘を受けました!


気になって家で録音を聞いてみると。。

お二人からの指摘がすごく身に染みました。

個人的に一番、かなり重症だと思ったのは、感動ものの方のナレーションです。
ちょこちょこ切りすぎてしまっているし、焦っているようにも聞こえる。
その結果、何を言っているのか意味が全く伝わってこない。
読んでいるときは無自覚だったので、
これは何とかせねば本当に厳しいと思いました!!
滑らかに言えるようにせねば!

アバンの方も、引き算など全くできていないし、タイトルコールも超絶かっこ悪い。。テンポも悪い。


改めてコピーの重要さを感じ、
テレビの見方も甘かったことを実感しました。


今回、実践的な授業を受けられて、しかも武信さんと狩野さんのご意見まで聞くこともできて、本当に貴重でした。

そして、実際にテレビ番組に合わせてナレーションすることで、早く仕事ができるようになりたい!と改めて強く思いました!
下手ですが楽しかった。
(自分の録音を聞くとへこみますが、早く上手くなりたいと思えました。)

そのためにも、まずコピー!
(以前山上先生の授業で、Qシートを作ると番組の構成などが分かるようになると教えていただいていたのに、やっていなかったことを深く反省。後回しにしてしまったらやらなくなってしまうことを知る。)
コピーだけでなくQシートを作ることもやる。
気持ちを入れ替えてやっていこうと思います!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

普段の自分の感覚

水曜ベーシックの古賀安沙美です。
7月13日、省吾先生のCMの授業を受けました。

受けた人によって、捉え方は違うと思いますが、私が、こういうことなのかなぁと感じたことを綴っていこうと思います。

今回の個人的なキーワードは、いかに、普段の自分の延長線上でやるか、ということです。

キレイに読んだり、整ってる感じで読むのではなく、整えられなくなっちゃうくらい、自分の想いを乗っけていく。
自分の想いの変化や感覚を、声にのっけていく感じ。
その時生まれたものを信じる。
これでいいのかな?と疑わずに、信じてその気でやり通すことが大事。

意味なく表現を入れたり、意味なくボリューム大きくしたり、そうしなきゃ…みたいな力はいらない。

危なっかしさが魅力になる。
キレイに収めようとせずに不安な危うい感じが面白い。
コントロールできない感じでしゃべる、というのを意図的に出せるようになると面白い読みになる。

作らない感じでしゃべる。
ただし、ただ意識しないだけだと使える読みにならないので、意識しないために何かをやる。
その何かとは、、
たとえば、呼吸を入れてみたり。

そのためにも、普段、自由にしている呼吸を意識することが大事。
そうすると、嘘っぽい呼吸が分かってくるそうです。

その他にも、印象的だったのは、
期待を良い意味で裏切ること!!

たとえば、明るく読むだろうという原稿を、あえてそう読まないのも面白かったり。
お決まりパターンではなく、ここでこうくるか!という感じが面白かったり。
ドキドキ感。新鮮な感じが印象に残る読みになったり。。


授業中、最初に原稿を読んだ時は、普段の自分から外れて、自分の本当の感情が生まれていないまま、作った感じで読んでしまいました。
(落ち着いた大人の女性、シックな感じを出したい…と思いながら読んでいました。でもそれが上部だけになっていて本当の自分の気持ちはそこには生まれていない読みでした。)

ですが、省吾先生の指摘を聞いてから、、普段の自分、等身大の、作らない自分でしゃべるということを意識して、読むと、最初の読みよりは自然な感じがしました。
それでもまだどこかに力が入っている感じ、どこかに意識してる感じがあったので、
普段の自分の呼吸を意識して、自然な感じの読みを、意識的にできるようになりたいと思いました!

上手く言葉にはまとめられなかった気がしますが、、
作らない感じ、普段の自分でしゃべる感覚、普段の自分で感じるものを、大事にしたいと思います。

省吾先生、ありがとうございました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

ひたすら読む!

こんにちは。土曜ネクスト角川です。
先日は大江戸先生のバラエティレッスンでした。

バーズで学び始めて早や2ヶ月。
毎週レッスン後にへこみ、帰りの電車で悶々とし、
家につくと居ても立っても居られず、その日やった原稿を何度も読み返す日々。

周りがどんどん成長しそれぞれの良さが増していき、自分を振り返って悶々とし、またひたすら読む…。
自分の成長がわからず焦る。

それでも、最近家で勉強するスタイルは固まってきました。
あとはレッスンで、その時自分が課題にしたことを出す。
例えば、足し引きを意識する。感情を込めず、音をあてる感じを意識する。入り音や終わりの音を毎回変えることを意識する。張り過ぎず、地声を意識する。などなど…。

その時課題にしたことを出すと、必ず次の課題が見つかります。
足し引きを意識する→意識しすぎて声が固い、力んでしまう。→力まないで地声を意識する→音幅が狭くなりしまりがない、方向性が分からない。→音幅を出しつつ力まない。→足し引きが弱くなる…。

そして今回やってみて気がついたこと。もっと楽しんじゃおう!
感情を控えめにすることを最近ずっと意識していましたが、駆け引きを楽しもうと。
私は音で感情の変化を出すまでは技術力が足りないので、私が楽しんでしまおうと。
ポイントは相手との駆け引き。
次はこれでやってみよう。

今回、大江戸先生よりやっていることは間違っていないとのお言葉を頂き、やっと少し前に進めているのかなと思うことができました。
それから一緒に学ぶクラスメイトの存在。いつも刺激を頂いています。
良いと思った表現は、やってみたくなりウズウズします。

この環境、有り難い限りです。
沢山の感謝の気持ちを抱きつつ、今日も読みます!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする