2017年07月22日

ネクストはあおい洋一郎『情報、報道、バラエティのナレーション』

IMG_6460.JPG
本日ネクストコースはあおい洋一郎。報道、情報、バラエティの3種が伝授されていきます。
水曜クラスでは『ストレートの時しゃくるのは、文章中の意味の変化を使いわけられないから』など、シンプルでいながら明快なレッスンが展開されておりました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

本日は『情報バラエティの型』!

IMG_6378.JPG
本日のレッスンは、日テレ『ヒルナンデス』などで活躍する藤本隆行による『情報バラエティの型』!
テレビ番組のセオリーをおさえつつ、オリジナリティを出していく方法論が伝授されていきます。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

心の在り方。

おはようございます!
水曜ネクストの
福田ちひろです。

遅くなりましたが、
大江戸先生の
「バラエティの型」のレッスンを
振り返ります!

今回はいくつか原稿を頂き、
その中から各々一つを選んで
読んでみるというレッスン。

わたしは、今回のレッスンで
試してみたいことがありました。
それはコピー論の際の課題であった、
小坂先生のコピーでプレイしてみること!

山上先生より、
もっと細かく突き詰めてもいいし
小坂先生の他の番組の
コピーをしても良いのでは、
とアドバイス頂いていたので、
私は引き続き同じ課題を使い
細かく細かく、
小坂先生のコピーを
研究&練習することに...。
せっかくなので、
その成果が出せるかどうか
チャレンジしてみたかったのです。

これまで、いくらコピーを練習しても
違う題材になると
全く別物になりがちでしたが
今回は、小坂先生のコピーであることがしっかりと伝わったこと、
完成度が高いと言って頂けたことで
ヨシッ!と心の中でガッツポーズ。

さらに大江戸先生からは、
読みを変えるところはしっかりと差をつけて読み分けられるようにということと、
色々な番組を見て
さらに研究をしたほうが良いと
アドバイスを頂きました。

成果が出ると、他の色々なことも
試してみたくなります。
課題が山程ありますが、
3期目にしてやっと
「楽しみながら努力する」
という感覚が
理解できたように思います。

そして!
大江戸先生に、

福田さんは、なにかしら自分の中で
ナレーションに向き合う体制が整ったように見える

と言われたことが
とても衝撃的でした。
その通りだったからです。

実は前期、私は仕事のため
なかなかレッスンに参加が
できませんでした。
引け目を感じ、
クラスメイトと比較し、
自分はナレーションにちゃんと向き合えていないように思え...
後悔ばかりの残る半年でした。

もうそんな後悔をしたくない!と、
諸々プライベートを整理して
臨んだ今期。
大江戸先生、お見通しでした...
ナレーションで
心の変化まで伝わってしまうとは。

守破離で
「在り方」の大切さを学びましたが、
見た目や振る舞いだけでなく、
まずその土台である「心」が
どう在るかの大切さを
改めて感じたレッスンでした。

大江戸先生!
ありがとうこざいました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

出来るようになった事と今後の課題

ネクストの山本あづさです。

長くなってしまいますが、大江戸先生、逸見先生、田子先生のレッスンを振り返りたいと思います。



大江戸先生のレッスンでは、Rの法則の原稿を読みました。

以前に比べて、大きな声、汚い音が出せるようになり大分良くなったとのお言葉を頂戴しましたが、少し油っこすぎるので、引きを意識したほうが良いとの事。



ファミリーヒストリーの原稿は、私の素読みを聞かれて、まだだなと思われたそう。R
の法則とは方向性が違えど、同じように足し引きを意識することで紐解けるファミリーヒストリーをどう読みこなすか、常に頭において考えることが大切だとアドバイスいただきました。



前期では、もっと汚れろ!とのアドバイスを頂いていたので、そこをある程度クリアできたというのは嬉しかったです。今後は、どこをどう削っていくか考えていきます。



逸見先生のレッスンは、情報。

以前と比べて陽気に読めるようになったね!と言われて、思わず笑顔に。

もっと自分らしく自由に読んでと言われていた前期。コピーをして、まず型にはめることを考えていた私は、自由に読むって何?となっていました。



型にはめようとして、ここをこう読もうと決め込みすぎたため、ガチガチになっていたのだと思います。今回は、ある程度こうしたいという考えはありましたが、一つ一つ決めにいっている感覚ではなく、もしかしてこれがもっと自由にということだったのかな?と思いました。



本当の意味で型が身につくというのは、強く意識せずとも自然にできるということだなと今更ですが、実感しました。



高音をもっときれいに出す、低音はもう一歩低くしたらさらに良くなるとのことなので、そこを意識して練習します。



そして田子先生のレッスン。

前期も大苦戦した、私にとって鬼門の卓球の鬼原稿!

しかし、またしてもダメダメな結果に。



家に帰って聞いてみると、先生が仰っているように、確かに声が笑っていて、緊迫感がなく、一定のトーンで話しているように聞こえる。



かっこよくしようと、低い声で読もうとしたことが、よくなかった気がしています。他の人のプレイを聞きながら、低い声が出せなくてもウィスパーを使ったり、緩急でかっこよさを出すこともできるなと思いました。



できないことを無理にやろうとするのではなく、できる範囲の中でどうやるのか、スポーツセミナーで逸見先生が仰っていたことを思い出しました。研究します!



大江戸先生、逸見先生、田子先生ありがとうございました!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

逸見さんのスタジオ見学レポート

こんにちは。アドバンスの小泉です。

逸見さんのアースラボの収録を見学させていただいたので、ブログを書きます。



実はスタジオ見学は、これで2回目!

1回目はビンゴで勝ち取った田子さんの収録でした。


ということでレポートも2回目!

お二方の収録を拝見した私が感じた明確な違いは、

「ブースに入る前のアプローチ」にありました。


田子さんは独自のルーティーン(ビューティボイストレーナーなど)によってがっつりスイッチを入れていたのを感じましたが、

逸見さんはいつもと変わらない自然な姿でするっとブースに入って行きました。



収録はとってもスムーズ!

3本撮りで次々とディレクターさんが入れ替わり立ち替わり、それぞれとても短いVでしたが、

逸見さんが読み、形にすることで、

「もっとこうした方が面白い・伝わり易い」と次々とアイデアが生まれていく様子は、田子さんの現場でも感じたことであり、

ナレーターのする提案ってこういう事なんだという見解が確かなものになりました。



そしてなんと!


収録が終わった後、

「副音声があるんだけど、読む?」という

逸見さんのご進言と、スタッフの皆様のご厚意で、

収録もさせていただきました!!

おそらく本日放送分です!



づかぬ間に写真も撮っていただいていました……!!


思い返せば、はじめに私が感じた「自然な姿」というのも、逸見さんが演出した印象のひとつ。


その気配りが自然すぎて思わずスルーしてしまうところでしたが、

また仕事がしたいと思っていただいたり、プレイしやすい現場の空気をつくる第一歩は、すみずみまで気を張り巡らせること(それも、気づかぬ間に!)なんだと身を以て体験させていただきました。


最後になりましたが、貴重な体験をさせていただいた逸見さん、そしてスタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

image1.JPG

 image2.JPG

-->
posted by 投稿!@スクールバーズ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

在り方

久しぶりの投稿!
アドバンス森です。

先日、山上先生の現場にお邪魔して来ました。

行く前にテーマを決めていました。
山上先生は現場でどの様な対応をして、何をどんなふうに話しているのか。
スタッフの皆さんは、収録中にどういったことを話しながら(相談しながら)収録を進めているのか。

このような事に注目しようと決めて行っていました。


テレビの現場というのは初めてでした。
VPなどの現場には行ったことがありますが、「少々お待ちくださーい」とか言われると変にドキドキビクビクしていました。
ですが今回、スタッフの皆さんは何をしていて何を話しているのかというのに注目してみて、私は自分勝手にドキドキビクビクしていたな・・・と思いました。

山上先生の在り方・振る舞い(対応)、スタッフの皆さんのやっていること、両方を見て、自分の在り方について考えてみようと思いました。
ナレーターによって在り方は違うと思いますが、自分だったらどうするか…。

とても良い機会を頂けて嬉しかったです。
ありがとうございました。
posted by 投稿!@スクールバーズ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

2017/05/27山上先生アドバンス

今回は簡単なミックスの講座と実演でした。

EQってナニ?
Compってどう使うの?
このツマミは一体?!

などなど、知らない人も多い内容だけに皆の口から漏れる「へぇ〜〜」「ほぉ〜〜」という声。Hey!!Ho!!

基礎知識から始まりリバーブってどういう仕組みやねん?実際ミキサーって何やっとるん?
それを1つ1つ丁寧に山上先生が解説。

そして最後に、
2名ほど実際に録ってからの実演に全員驚愕!

(こ、これはスタジオバーズでサンプル録るしかない)

誰もがそう思ったことでしょう。

その過程を見ていて思ったんですが、
以前松田先生のヴォイトレを受けた時にアドバイスして下さった事が改めて繋がりました。

「コピーする時は元の声がどんな声だったかを想像しながらコピーしないといけない。それが経験なくて想像しにくいなら、やっぱりユニゾンでなぞるのが良いんじゃないかな」

それを自分の声ではなく、他の人の声が調整されて変わっていく様を見てようやく体感しました。

こんなに変わるんだから、そりゃオンエアの声を端から出そうとしてたら余計にファーになるよなぁ。声真似じゃないんだから。

その事に気付く機会を頂けた今回の山上先生のレッスン、今後のコピーに活かしていきたいです。いやほんとマジで。

そして何より!

サンプル録るなら〜?

スタジオバーズ!

ありがとうございました。
(匿名希望20代)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

”ナレーションコーチ”松田佑貴の「滑舌診断」

IMG_6234 (1).jpg本日のベーシックコースは、理論的で適切なアドバイスから”ナレーションコーチ”の異名をとる松田佑貴による「滑舌」です。
レッスンは一人づつ、滑舌の傾向診断と、具体的な修正方法の伝授で進んでおります。指摘とアドバイスが、鋭い^^;

posted by 投稿!@スクールバーズ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

山上先生のコピー論。初投稿!

バーズブログ初投稿。
土曜1430の涌波愛里です。
(わくなみあいりと読みます)

山上先生の授業、初めてでした。

結論から言いますと、
私が毎日モタモタしてる間に!
番組の数だけ私は負けている!

ガビーーーーーーーーーン!!!
なんということでしょう。
そうだ、ボイスサンプル作ろう!!
と、このような心境になりました。
ボイスサンプルがなければ、
スタートラインにも立てないのです!


授業の内容は、コピー論。
熱い授業でした。
コピーとはなんたるものか、
教えて頂きました。

初、コピー披露!(コピーとも言えないコピーでしたが、、、)
必死すぎ、緊張しすぎ、
心臓の音がうるさすぎ、の三拍子。
耳が4つくらい欲しかったです。


授業中は、山上先生のテニスのラリーのようなアドバイスに、反射で食らいついていくのがやっとなのですが、後から録音を聞き返すと、自分の声を客観的に聞くことができました。

私は勢いが全てになっていて、荒削りでした。中途半端コピー。『雑だから〜〜』と言われた意味がよく分かります。
右脳Rモードで先入観と戦いながら、練習を重ねようと思います。
打倒!Lモーーーーーード!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

『木を見て、森を見ろ』

ーーーーーーーーーーーーーーーー
この言葉、大事にしようと思います。
まだ私には、木しか見えておらず、森が見えてません。
まずは森を知ることから、始めます。
そして、VISIONを更に明確にしたい。
猛スピードで!!

いつまでも、初心者は理由になりません!!
これからも、よろしくお願いします!

(私、文章も荒削りかもしれません。今後、ブログにて文章の構成力も要御期待デス!)
posted by 投稿!@スクールバーズ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

藤本先生コピーオプション

土曜アドバンス 池永千佳です。

10期秋の打ち上げで獲得しました藤本先生のコピーチェック権!
先日、GW中の貴重なお時間を頂き、レッスンをして頂きました。

内容ですが、コピー対象の原稿と動画(約3分)を予め先生にお渡しし、2週間ほど練習。
そしてレッスン当日、“1行ずつ”動画を見てプレイし、都度、先生からアドバイスを頂く
というもの。
懇切丁寧に1人約45分の時間を割いて下さり、大変贅沢なレッスンとなりました。

今回、私のナレーションの中で特にご指摘を頂いたのは、「低音の響き」について。
音は追えているけれど、
地声ではなく、のどの辺りで声を作って低くしてしまっているようで、
くぐもって聞こえたり、重くなったり、苦しそうに聞こえてしまう箇所があったようです。

コピーをすることで、
普段の自分の読みにはない音を出そうと出そうとして余韻がなくなる、
音を追ってしまうので迷いが出て音が定まらない上、勢いもなくなってしまう。

ナレーションに華の咲くような軽やかさがあったり、おしゃれに聞こえたり、
はたまた、なまめかしく色っぽく聞こえたり、できる女感のあふれた表現を、
自分の声質を活かしながらどう読んでいくか。

その様々な表現・「〜感」を分析し、分かりやすく解説してくださいました。
コピーは難しいと感じますが、自分のものにしていく楽しみを改めて覚えました。

ベーシック以来だった藤本先生のレッスン。
「以前に比べて声がすごく出るようになった、ぼんやり型もつかめてきている」
と言って頂けたのは自信になりました。

藤本先生、打ち上げの幹事をして下さった皆様、本当にありがとうございました!!
posted by 投稿!@スクールバーズ at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする